Wednesday, December 13, 2017

「Hi-STANDARD LIVE『MAKING THE ROAD TOUR』@赤坂BLITZ 10/12/1999」(Space Shower TV)を観た

Histandard_1999tourfinal1

 今年2017年、18年ぶりにNew Album「The Gift」(2017)をReleaseしたHi-STANDARD。それに合わせて、スペシャでは「10/7は『ハイスタDAY』! 10時間半連続でHi-STANDARDを大特集!」が組まれてた。その中の1つ、「Hi-STANDARD LIVE『MAKING THE ROAD TOUR』@赤坂BLITZ 10/12/1999」について。
 これ、1999年ハイスタが名盤「MAKING THE ROAD」Releaseを記念して行ったTourから、最終日の1999/10/12(火)に赤坂BLITZで行われ、スペシャで生中継されたTour Finalの超貴重なLive映像をアンコール放送したもの。金髪姿の若い3人を観れるんだけど、ともかく観客が男も女もみんなが次々とMoshしまくってて、ほんと物凄い映像。StageのLightも基本明るいまんまで、全部が丸見えなところもやたらかっこいい。
 ともかくひっかかった曲は、不朽の名曲「Dear My Friend」、KenのLead Guitarが最高な「ENDLESS TRIP」、イッキカセイな勢いの「GLORY」、入り方とアゲ方が最高なThe Mamas And The PapasのCoverで「California Dreamin'」、ひたすらJumpしたくなる「SUMMER OF LOVE」、PopなMelody LineでBlack SabbathのCoverで「CHANGES」、Hornも入ったSka Punkの「LIFT ME UP DON'T BRING ME DOWN」、沖縄も入ってる「ASIAN PRIDE」、性急だけどMelodiousな「NOTHING」、ハイスタの方向性を示した「Sunny Day」、KenのファルセットなVocalがいいMinnie RipertonのCover「LOVIN' YOU」、会場が爆発した「STAY GOLD」、Chorusがきれいな「Brand New Sunset」、KenのShoutと難波の主旋律がかっこいい「MAKING THE ROAD BLUES」、星に願いをかける歌「STARRY NIGHT」、Mosh Floorの熱が頂点になった「MAXIMUM OVERDRIVE」、Circle Moshもできてみんな楽しそうな「MOSH UNDER THE RAINBOW」あたり。
 いよいよ明後日に迫った「Hi-STANDARD "THE GIFT TOUR"」の12/14(木)さいたまスーパーアリーナ w/マキシマム ザ ホルモン。こんなに待ち遠しいLiveはほんとひさしぶりだ。

● On Air Set List:Hi-STANDARD LIVE「MAKING THE ROAD TOUR」@赤坂BLITZ 10/12/1999 (Space Shower TV)
M-01. TURNING BACK
M-02. STANDING STILL
M-03. TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES
M-04. Dear My Friend
M-05. ENDLESS TRIP
M-06. GLORY
M-07. PINK PANTHER THEME
M-08. California Dreamin'[The Mamas And The Papas]
M-09. SUMMER OF LOVE
M-10. CHANGES [Black Sabbath]
M-11. TINKERBELL HATES GOATEES
M-12. LIFT ME UP DON'T BRING ME DOWN
M-13. ASIAN PRIDE
M-14. NOTHING
M-15. Sunny Day
M-16. LOVIN' YOU [Minnie Riperton]
M-17. STAY GOLD
M-18. THE SOUND OF SECRET MINDS
M-19. Brand New Sunset
M-20. MAKING THE ROAD BLUES
=Encore=
M-21. pentax [ukulele ver]
M-22. STARRY NIGHT
M-23. MAXIMUM OVERDRIVE
M-24. MOSH UNDER THE RAINBOW
M-25. TURNING BACK
* Filmed Live at Akasaka Blitz,Tokyo on 12th.Oct.1999.
* (C)2000 SPACE SHOWER NETWORKS.
M-26. Brand New Sunset(P.V)

| | TrackBack (0)

「SUMMER SONIC 2017」(WOWOW)を観た

Summersonic2017

 この2017年夏も幕張で開催された「SUMMER SONIC 2017」。8/19(土),20(日)の東京会場では、HeadlinerにCALVIN HARRISとFOO FIGHTERSを迎えたサマソニだけど、その模様がWOWOWで「SUMMER SONIC 2017 ~MARINE スペシャル~」と「SUMMER SONIC 2017 ~メッセ スペシャル~」として放送された。
 ともかくひっかかったArtistについて。
・5 SECONDS OF SUMMER:初めてLive映像を観たけど、POPだし音の構築美がいい。ほんと華があるBandだ。
・BLACK EYED PEAS:Fergieがいないのは残念だったけど(CLは善戦!)、曲の良さとHipHopのやさしさが伝わるStageだった。しっかし「I Gotta Feeling」のシンガロングは気持ちよかった。
・Blame:光と音とBeatの洪水。マジでAlbumを買ってみようかな。
・THE STRUTS:ド派手で70年代風のLooksで、音はPOPなUK Band。Vocalは若き長髪のFreddieそっくり。
・INABA・SALAS:Stevie SalasのLatinノリのGuitarと稲葉浩志のVocal。日本語で歌うんだね。
・ALL TIME LOW:Punk! サークルモッシュが出現した。
・ROYAL BLOOD:BassとDrumsだけとは思えない音の厚さ。
・MAN WITH A MISSION:Marine満タンのマンウィズ。この「Dog Days」はメロディアスでいいし、「FLY AGAIN」はホントアゲアゲ。
・BABYMETAL:ここまでクルと認めざるを得ない...。
・FOO FIGHTERS:でっかい音、分厚い音、すべて全力な王道American Rock。しっかしDaveの笑顔をいい。「Best of You」は名曲だし、「Everlong」は名曲だ。
・amazarashi:独自の世界観だけど、やっぱり熱い。
・ミオヤマザキ:HardなDigital Beat。
・女王蜂:異物感がたまらない。そろそろLive観たい。
・DUA LIPA:曲がDramaticで美しい。
・SILENT SIREN:Popだし、その演奏力もまずまず。
・エレファントカシマシ:3年前の冬、この曲に助けられた「今宵の月のように」とちゃんと聴きたくなった「風と共に」。
・TRF:「寒い夜だから...」と「survival dAnce ~no no cry more~」、もう名曲すぎて鳥肌が立った。
・KUNGS:MerancolicなDJ Play。
・Suchmos:デカい室内のLiveもいい。
・Mrs.GREEN APPLE:この「WanteD! WanteD!」の高揚感がいい。
・中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ:きゃりーと中田ヤスタカが同じStageに立っている映像は初めてかも。なんかアガッた。
・Perfume:SONICMANIA、行きたかった。しっかしDanceがキレキレ。
・PHOENIX:どこかEthnicでPsychedelic。
・ABOVE & BEYOND:歌モノでTechonoでElectro Beat。
・KASABIAN:踊りたくなるRock。
・SWMRS:Punk! 吐き捨てるChorusがいい。
・さユり:激しい情感。
・Little Glee Monster:結構歌がうまいんだね。
・Xmas Eileen:Reggae Rhythm!
・OLDCODEX:HardcoreとPaintingの融合。
・ORBITAL:Digital Beatの勝利。
・Fear, and Loathing in Las Vegas:素直に楽しそう。
・GLIM SPANKY:この「美しい棘」、たゆたゆしてて酒に合う。
・RICK ASTLEY:思ったほど老けていない。しっかし「Never Gonna Give You Up」、聴きたかった。
・PENNYWISE:相変わらずのブ厚い音。
・LIAM GALLAGHER:不敵なStagingで変わらない。ただ声量が少ない気がした。ともかくSonicmaniaは観たかった。
・GOOD CHARLOTTE:客がめちゃめちゃ盛り上がってる。
・クリープハイプ:赤いLightningがこの「鬼」に似合うし、「イト」は音の厚さが絶妙だ。
・SUM41:Punkだし、Edgeが効いてるし、やっぱかっこいい。
・VAMPS:このBandのカリスマ性は認めざるをえない。

 せめてSonicmaniaだけでも行ってみたかった。

● On Air Set List:SUMMER SONIC 2017 (WOWOW)
=Marine Stage DAY-1=
M-01. PPAP (Pen Pineapple Apple Pen)/PIKOTARO(ピコ太郎)
M-02. SUMMER SONIC ONDO/PIKOTARO(ピコ太郎)
M-03. PPAP MIYAKO REMIX/PIKOTARO(ピコ太郎)
M-04. Break My Heart/HEY VIOLET
M-05. Unholy/HEY VIOLET
M-06. Brand New Moves/HEY VIOLET
M-07. Come to My Door/JOSE JAMES
M-08. Trouble/JOSE JAMES
M-09. Ladies Man/JOSE JAMES
M-10. Live Your Fantasy/JOSE JAMES
M-11. THE BADDEST FEMALE/CL
M-12. LIFTED/CL
M-13. HELLO BITCHES/CL
M-14. I AM THE BEST/CL
M-15. TYCOON/UVERworld
M-16. 7th Trigger/UVERworld
M-17. WE ARE GO/UVERworld
M-18. PRAYING RUN/UVERworld
M-19. Girls Talk Boys/5 SECONDS OF SUMMER
M-20. Don't Stop/5 SECONDS OF SUMMER
M-21. Waste the Night/5 SECONDS OF SUMMER
M-22. Jet Black Heart/5 SECONDS OF SUMMER
M-23. She Looks So Perfect/5 SECONDS OF SUMMER
M-24. Where Is the Love/BLACK EYED PEAS
M-25. I Gotta Feeling/BLACK EYED PEAS
M-26. Blame/CALVIN HARRIS
M-27. Slide/CALVIN HARRIS
M-28. We Found Love/CALVIN HARRIS
M-29. Summer/CALVIN HARRIS
M-30. Sweet Nothing/CALVIN HARRIS

=Marine Stage DAY-2=
M-01. Could Have Been Me/THE STRUTS
M-02. One Night Only/THE STRUTS
M-03. Stuck in My Teeth/CIRCA WAVES
M-04. Fire That Burns/CIRCA WAVES
M-05. OVERDRIVE/INABA・SALAS
M-06. AISHI-AISARE/INABA・SALAS
M-07. Weightless/ALL TIME LOW
M-08. Dear Maria, Count Me In/ALL TIME LOW
M-09. I Only Lie When I Love You/ROYAL BLOOD
M-10. Little Monster/ROYAL BLOOD
M-11. database/MAN WITH A MISSION
M-12. Dog Days/MAN WITH A MISSION
M-13. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-14. BABYMETAL DEATH/BABYMETAL
M-15. メギツネ/BABYMETAL
M-16. Road of Resistance/BABYMETAL
M-17. KARATE/BABYMETAL
M-18. The Pretender/FOO FIGHTERS
M-19. Walk/FOO FIGHTERS
M-20. Times Like These/FOO FIGHTERS
M-21. Best of You/FOO FIGHTERS
M-22. Everlong/FOO FIGHTERS

=Mountain Stage,Sonic Stage,Rainbow Stage,Sonicmania DAY-1=
M-01. moonlight/Sano ibuki
M-02. Alabama/Lenny code fiction
M-03. 空に歌えば/amazarashi
M-04. She Said/SUNDARA KARMA
M-05. 正義の歌/ミオヤマザキ
M-06. Young Offenders/HIGH TYDE
M-07. ヴィーナス/女王蜂
M-08. Forever Summer Holiday/Kero Kero Bonito
M-09. Come On,I'm Waiting/COMMUNIONS
M-10. Good Girls/LANY
M-11. IDGAF/DUA LIPA
M-12. MASITNONSOUL/HYUKOH
M-13. So Good/ZARA LARSSON
M-14. Humongous/DECLAN MCKENNA
M-15. フジヤマディスコ/SILENT SIREN
M-16. 今宵の月のように/エレファントカシマシ
M-17. 風と共に/エレファントカシマシ
M-18. 寒い夜だから.../TRF
M-19. survival dAnce ~no no cry more~/TRF
M-20. I Feel So Bad/KUNGS
M-21. MINT/Suchmos
M-22. OVERSTAND/Suchmos
M-23. WanteD! WanteD!/Mrs.GREEN APPLE
M-24. Love Don't Lie/中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ
M-25. にんじゃりばんばん/中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ
M-26. FLASH/Perfume
M-27. GLITTER/Perfume
M-28. If you wanna/Perfume
M-29. Ti Amo/PHOENIX
M-30. Fior Di Latte/PHOENIX
M-31. エキセントリック/欅坂46
M-32. 二人セゾン/欅坂46
M-33. 危なっかしい計画/欅坂46
M-34. Sun & Moon(Club Mix)/ABOVE & BEYOND
M-35. アイオクリ/miwa
M-36. ヒカリへ/miwa
M-37. You're in Love with a Psyco/KASABIAN
M-38. Club Foot/KASABIAN

=Mountain Stage,Sonic Stage,Rainbow Stage,Sonicmania DAY-2=
M-01. 青の旅/The Songbards
M-02. ONE STEP BEYOND/PassCode
M-03. Network System/Survive Said The Prophet
M-04. Palm Trees/SWMRS
M-05. 十億年/さユり
M-06. Ga1ahad and Scientific Witchery/Mili
M-07. Fantasy/Little Glee Monster
M-08. Happy/Little Glee Monster
M-09. SUN/Little Glee Monster
M-10. Treasure/Little Glee Monster
M-11. Uptown Funk/Little Glee Monster
M-12. Thriller/Little Glee Monster
M-13. 明日へ/Little Glee Monster
M-14. Show Me Your Courage/TOTALFAT
M-15. HERO/MONSTA X
M-16. Beautiful/MONSTA X
M-17. LAST HERO/BLUE ENCOUNT
M-18. March/Xmas Eileen
M-19. Where'd They Go?/OLDCODEX
M-20. Satan/ORBITAL
M-21. Jump Around/Fear, and Loathing in Las Vegas
M-22. Words/JASMINE THOMPSON
M-23. 美しい棘/GLIM SPANKY
M-24. Keep Singing/RICK ASTLEY
M-25. Cry for Help/RICK ASTLEY
M-26. My Friends Over You/NEW FOUND GLORY
M-27. Choose me/BAND-MAID
M-28. Society/PENNYWISE
M-29. Don't Let Me Down/DAYA
M-30. Night People/YOU ME AT SIX
M-31. Rock'n' Roll Star/LIAM GALLAGHER
M-32. Morning Glory/LIAM GALLAGHER
M-33. The Anthem/GOOD CHARLOTTE
M-34. Lifestyles of the Rich & Famous/GOOD CHARLOTTE
M-35. 鬼/クリープハイプ
M-36. イト/クリープハイプ
M-37. Me,Myself & I/G-EAZY
M-38. Over My Head(Better off Dead)/SUM41
M-39. Fat Lip/SUM41
M-40. Still Waiting/SUM41
M-41. CALLING/VAMPS
M-42. AHEAD/VAMPS
M-43. B.Y.O.B.(BRING YOUR OWN BLOOD)/VAMPS
* Filmed Live at ZOZO Marine Stadium & Makuhari Messe,19th,21th Aug.2017.
* Produced by WOWOW in association with creativeman.

| | TrackBack (0)

Tuesday, December 12, 2017

「Twin Peaks The Return/ツイン・ピークス The Return」を観た

Twin_peaks_thereturn この夏から秋にかけて毎週毎週WOWOWでの放送を楽しみにしていた「Twin Peaks The Return/ツイン・ピークス The Return」(正式名称は"Twin Peaks Season3"?)(2017/Cinema)。やっと観終わった。
 こんなあらすじ。赤い部屋でLaura Palmer(Sheryl Lee)がDale Cooper捜査官(Kyle MacLachlan)に「25年後に会いましょう」と言ってから25年後。Twin PeaksではHarry(Michael Ontkean)の兄弟Frank(Robert Forster)が保安官、Hawk(Michael Horse)が副所長になっていた。そこへ丸太おばさん(Catherine E. Coulson)から「Cooper捜査官と関係があるなにかが行方不明」だと連絡が入る。時を同じくして、New Yorkと South Dakota州のBuckhornではそれぞれ残忍な怪事件が発生した...。
 これ、 今から約25年前、友達が買ったVHSセットでイッキに観た伝説のドラマ「Twin Peaks/ツイン・ピークス」(1990)の25年後を描いた待望の新作。全18章からなるこの「Twin Peaks The Return/ツイン・ピークス The Return」は、奇才David Lynchがすべて監督を務めている。で、観終えての感想は空前絶後の迷宮のまま終わってしまったということ。全18章を通して膨大な登場人物と張られまくった伏線がまったく回収されず、混沌としたままで終わってしまった。特に第8章なんてNine Inch NailsのLiveシーン以外は放送事故かと思われる映像が続いてたし、目を縫われた女性Naidoはあの裕木奈江だったり、ほんと今回のThe Returnは凄まじい迷宮だった。
 いやー恐れてたというか、ちょっと予想してた通りの終わり方。またいつか観たいと思うけど、ほんとDavid Lynchのすごさを再認識しました。

●List of Twin Peaks The Return episodes:
=Season 3(2017)=
Twin Peaks:The Return "Part 1"/ツイン・ピークス The Return 第1章
Twin Peaks:The Return "Part 2"/ツイン・ピークス The Return 第2章
Twin Peaks:The Return "Part 3"/ツイン・ピークス The Return 第3章
Twin Peaks:The Return "Part 4"/ツイン・ピークス The Return 第4章
Twin Peaks:The Return "Part 5"/ツイン・ピークス The Return 第5章
Twin Peaks:The Return "Part 6"/ツイン・ピークス The Return 第6章
Twin Peaks:The Return "Part 7"/ツイン・ピークス The Return 第7章
Twin Peaks:The Return "Part 8"/ツイン・ピークス The Return 第8章
Twin Peaks:The Return "Part 9"/ツイン・ピークス The Return 第9章
Twin Peaks:The Return "Part 10"/ツイン・ピークス The Return 第10章
Twin Peaks:The Return "Part 11"/ツイン・ピークス The Return 第11章
Twin Peaks:The Return "Part 12"/ツイン・ピークス The Return 第12章
Twin Peaks:The Return "Part 13"/ツイン・ピークス The Return 第13章
Twin Peaks:The Return "Part 14"/ツイン・ピークス The Return 第14章
Twin Peaks:The Return "Part 15"/ツイン・ピークス The Return 第15章
Twin Peaks:The Return "Part 16"/ツイン・ピークス The Return 第16章
Twin Peaks:The Return "Part 17"/ツイン・ピークス The Return 第17章
Twin Peaks:The Return "Part 18"/ツイン・ピークス The Return 第18章

| | TrackBack (0)

大衆割烹 香取@品川 #5

Dsc_6456

Dsc_6455

 昨夜はひさしぶり、黒電話の会での忘年会。場所はいつもの「大衆割烹 香取」。やっぱりこのメンバーで飲むと、商品のこととか技術トレンドのまじめな話から過去の悪行三昧と、あいつはどーしたネタでもりあがる。次回は新年会かな。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

Monday, December 11, 2017

「HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017」(Space Shower TV)を観た

Hajiketemazare2017

 HEY-SMITH主催のFes.「HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017」。この模様がスペシャで「HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017」として放送された。
 これ、2017/9/10(日)大阪府泉大津フェニックスで行われたもので、HEY-SMITHと親交の深いBandが集結し、HAZIKETESTAGE/MAZARE STAGE/HAZIMAZA BOXの3つのStageで開催された。いやーめちゃめちゃ熱い。で、特にジーンときたのは、HEY-SMITHの解散の危機について語るKen Yokoyama。復活したヘイスミを称えるところはほんといい話だった。特によかったLiveはこれ。
・dustbox:ヘイスミへの強い愛を感じた。
・MAN WITH A MISSION:巨大な人の波が揺れていて、物凄い光景だった。
・SHANK:3pieceでメロコア。しっかし「Set the fire」はいい曲だ。
・SiM:MoshとCloudsurfinの波。
・Ken Yokoyama:客席にマイクを投げて歌い始めるKen。Stage脇で見守るArtistの数がすごい。
・THE ORAL CIGARETTES:こんなに気合いの入ったORALは初めてかも。
・HEY-SMITH:熱いPunkを届けたいというBandの意思が伝わった。

 10-FEETの京都大作戦、SiMのDEAD POP FESTiVAL...やっぱりBand主催のFes.はいい。

● 出演Artist:
HEY-SMITH、coldrain、Crossfaith、dustbox、GOOD4NOTHING、Ken Yokoyama、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、SHADOWS、SHANK、SHIMA、SiM、THE ORAL CIGARETTES、04 Limited Sazabys、and more Performance:team GOOD SKATES
MC:冠徹弥(THE冠)

● On Air Set List:HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017 (Space Shower TV)
M-01. Squall/04 Limited Sazabys
M-02. 零戦 SOUNDSYSTEM/ROTTENGRAFFTY
M-03. USUAL THING/SHIMA
M-04. Still Believing/dustbox
M-05. monolith/Crossfaith
M-06. STOMPING STEP/GOOD4NOTHING
M-07. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-08. BEK/SHADOWS
M-09. FINAL DESTINATION/coldrain
M-10. Set the fire/SHANK
M-11. Blah Blah Blah/SiM
M-12. Let The Beat Carry On/Ken Yokoyama
M-13. 狂乱 Hey Kids!!/THE ORAL CIGARETTES
M-14. Let It Punk/HEY-SMITH
M-15. Skate or Die/HEY-SMITH
M-16. Stop The War/HEY-SMITH
* Filmed Live at Osaka Izumiohtsu Phenix on 10th Sep.2017.
* (C) 2017 SPACE SHOWER NETWORKD INC.

| | TrackBack (0)

代官山通信Vol.140

Daikanyama140 ちょっと前に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.140」について。
 前号に続き、今号の特集もSolo Debut30周年を迎えた桑田佳祐。New Album「がらくた」リリース以降のスペシャとかのTVや「Pen」とか雑誌出演の模様、ひたちなかでのRIJF2017、「茅ヶ崎物語~MY LITTLE HOMETOWN~」で収録された烏帽子岩でのLiveシーンなどなど充実の内容。しっかしボウリング好きなのね。
 それにしても11/11(土)東京ドームで観た"桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」"はよかった。来年はまだサザンをやってくれるはず。来年も楽しみ。

| | TrackBack (0)

Sunday, December 10, 2017

上町

Dsc03418

Dsc03412

Dsc03413

 暖かくなった午後、LoveとPeaceと上町あたりを散歩。ボロ市、緑道あたりを1時間ほど。しっかし、最近新店オープンが多い。ありがたい。

| | TrackBack (0)

中華そば あの小宮@都立大学

Dsc03407

Dsc03400

 つけめんTETSUの創始者・小宮一哲さんをを慕う元スタッフが都立大学にこの夏オープンした2つのお店「中華そば あの小宮」と「豚骨麺 あの小宮」。今日の昼飯はシンプルな中華そばの「中華そば あの小宮」に行ってみた。いただいたのは「味玉中華そば」(900円也)と「隣の半チャーハン」(350円也)。豚骨と鶏ガラを何時間も炊いた清湯に煮干しを合わせた醤油スープにやたら歯切れのいい中細麺。これにロース肉の叉焼、葱、コリコリした食感のメンマ、なると、海苔にカイワレ。ほんとすっきりした1杯。で、「隣の半チャーハン」はまさに隣の「豚骨麺 あの小宮」から赤ヘルかぶって岡持ちで届くもの。味が染みててほんと中華そばのスープに合う。次回は「豚骨麺 あの小宮」に行ってみよう。ごちそうさまでした。

Dsc03399

 ▲2つのお店、左が「中華そば あの小宮」と右が「豚骨麺 あの小宮」。面白いコンセプト。

| | TrackBack (0)

「スター・ウォーズ:最後のジェダイ」公開記念 STAR WARSスタンプラリー

Dsc03194

Dsc03195

Dsc03318

Dsc03320

 2016年のEP7「Star Wars:The Force Awakens/スター・ウォーズ:フォースの覚醒」公開時に東急のスタンプラリー「Disney CRYSTAL MAGIC スタンプラリー」。今年のEP8に合わせて、同じ東急電鉄で「『スター・ウォーズ:最後のジェダイ』公開記念 STAR WARSスタンプラリー」が行われてて、地味に参加してた。で、2nd Stageもコンプリートできたのでまとめてドーン。いいおっさんでも楽しい。

Dsc03172

Dsc03174

Dsc03175

Dsc03176

Dsc03180

Dsc03181

Dsc03184

Dsc03189

Dsc03193

 この▲、1st STAGEのスタンプ台。

Dsc03284

Dsc03285

Dsc03296

Dsc03298

Dsc03301

Dsc03303

Dsc03313

Dsc03314

Dsc03315

 この▲、2nd STAGEのスタンプ台。

Dsc03283

Dsc03294

Dsc03300

Dsc03317

 この▲、4か所に設置されたフォトスポット。

Dsc03171

Dsc03179

Dsc03321

 この▲、東急電鉄駅に貼られまくってるポスター(記念に1枚いただきました)と2nd STAGEコンプリートしてもらったクリアファイル。

Dsc03191

Dsc03190

Dsc03309

Img_20171208_205919_032

Dsc03186

Dsc03312

Dsc03188

 これ、渋谷の109MEN'Sの状況。結構盛り上がってる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅丘 寿司の美登利@梅ヶ丘 #24

Dsc03390

 とりあえずお疲れさまということで、今日の夕飯は(もう昨日だけど)、鉄板の「梅丘 寿司の美登利」(総本店)へ。予約から3時間後、やっと入店。ビールと日本酒をいただきながら、好物のかにみそサラダ、かきのグラタン、刺身の5種盛り、ふぐの唐揚げのおつまみ系をいただく。で、寿司の方は、炙りトロ、大名サバ、炙りサーモン、一本穴子、かにみそ軍艦、鉄火の細巻、カンパチなどなど。相変わらずの素晴らしいコスパでお腹いっぱい。ごちそうさまでした。

Dsc03377

Dsc03380

Dsc03382

Dsc03383

Dsc03385

Dsc03386

Dsc03387

Dsc03393

Dsc03395

Dsc03396

Dsc03373

| | TrackBack (0)

Saturday, December 09, 2017

駒沢 #611

Dsc03364

 ほんとひさびさの駒沢ドッグランへ。ひなたはあたたかいので、結構にぎわっている。

Dsc03359

Dsc03360

Dsc03370

Dsc03372

 ほんとひさびさなので、Peaceは隅っこにいたり、後をついてきたりとビビリがち。でもPeaceに寄ってくるわんこ達はみんなLoveが吠えかかってどかしていた。強いなLove。

Dsc03357

Dsc03358

 駒沢公園のイチョウ、まだ咲いてる。

| | TrackBack (0)

Bowery Kitchen@駒沢#30

Img_20171209_130352_197

 トリミングが終わったので、駒沢公園通りのいつものCafe「Bowery Kitchen」で昼飯。いただいたのは、定番の「オムライス」(1,100円也)。とろとろの玉子にデミグラスソースにケチャップご飯。この濃厚さはたまらない。ごちそうさまでした。

Img_20171209_130352_195

Dsc03351

| | TrackBack (0)

ALAMON@桜新町 #34

Dsc03328

Dsc03329

 LoveとPeaceを連れて、いつもの桜新町「トリミングサロン ALAMON」へ。足裏と足回りの毛、肉球のムダ毛、爪切り、肛門腺絞り、Loveのひげ切りそしてPeaceの耳掃除。これくらいの間隔なら爪も伸びずokとのこと。来年もよろしくお願いします。

Dsc03326

Dsc03332

Dsc03336

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 08, 2017

「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を観た

Miss_peregrine 奇才Tim Burton監督のファンタジーアドベンチャー作品「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(2016/Cinema)について。
 こんなあらすじ。フロリダで生まれ育った孤独な高校生のJake(Asa Butterfield)にとって、祖父のAbe(Terence Stamp)だけが唯一の理解者といえる存在だった。ところが、その大好きな祖父がある日謎の急死を遂げてしまう。祖父の遺言に従い、英国ウェールズの小さな島を訪れたJakeは、森の奥で古びた屋敷を発見した。そこでは、美しい主人のMiss Peregrine(Eva Green)と不思議な能力を持つ子どもたちが、同じ1日をひたすら繰り返すループ世界に閉じ込められて奇妙な生活を送っていた...。
 これ、不思議な能力を持った子供たちが暮らす古びた屋敷を訪れた少年が、彼らに迫りつつある危険と少年自身の秘めた宿命を知るというファンタジー映画。空気より軽く鉛の靴を履いていないと宙に浮かび上がってしまう少女、魔法で植物を巨大に育てる少女、死体や人形など生命のないものに生命を与えて動かせる少年、後頭部に第2の口がある少女、透明な体の少年、触るだけで火を起こす少女...普通と異なった子供たちが閉ざされた世界に生きている。この描写がまさにTim Burtonらしくて、彼ならではの映像魔術で成り立っている。やっぱりTim Burtonはこういう独特の世界が大好きなんだと思う。たまにはファンタジー映画もいいもんです。

| | TrackBack (0)

Thursday, December 07, 2017

サカナバル THE Grill@六本木

Dsc03280

Dsc03277

Dsc03275
 
 昨夜はひさしぶりに高校時代の友達のSgtくんとAokくんと忘年会。場所は六本木の「サカナバル THE Grill」。この3人で学祭前に校舎の屋上でギターの練習したり、井の頭公園や多摩川や浅川で練習したり、甲子園いったりとほんと死ぬほど懐かしい。いやー、再会に感謝。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

«「SWEET LOVE SHOWER 2017」(Space Shower TV)を観た