Monday, July 23, 2018

餃子や 獅丸@駒沢 #13

Img_20180723_200729_762

Img_20180723_200729_761

 今日の夕飯は、ひさびさに駒沢の「餃子や 獅丸」で肉とにんにく満喫の「獅丸餃子」、山椒が効いた「茹で豚キャベツのピリ辛あえ」に生ビール。やっぱり酷暑には餃子。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

「チャットモンチークロニクル」(WOWOW)を観た

Chatmonchy_chroniclewowow

 この7月に解散したチャットモンチー。その過去のLive映像が「チャットモンチークロニクル」としてWOWOWで放送された。
 これ、「チャットモンチーレストラン スープ」(2008)や「チャットモンチーレストラン メインディッシュ」(2008)、「変身TOUR'13@Zepp DiverCity」(2013)などのリリースされているDVDからの映像を中心に放送されたもので、実は初めて観るものばかり。
 で、特によかったのは、田舎っぽさがあどけない「ハナノユメ」、まさに3人のチャットが一番勢いがあった頃かもしれない「女子たちに明日はない」、自分は前日の3/31に行った武道館公演の「惚たる蛍」、ジワっと盛り上がる「シャングリラ」、GuitarもBaseも実はHardな「風吹けば恋」、この枯れた感じの心情風景が大好きだった「染まるよ」、3人の音のかたまりが凄い「余韻」、2人でGuitar、Drums、Keyboards、Bassを順番に演奏するというある意味画期的な「余談」、GuitarとDrumsだけであのWhite Stripesのようにかっこいい「きらきらひかれ」、ハイスタ恒さんの顔をみえる6人編成チャットによる分厚い音の「8cmのピンヒール」、Melodyと音の広がりがいい「ときめき」、Edgeの効いた疾走感の「こころとあたま」あたり。
 録画してある2018年7月4日 日本武道館 最後のワンマンライブ、早く観ようと思う。

● On Air Set List:チャットモンチークロニクル (WOWOW)
M-01. ハナノユメ (2006.04.01.「新宿で半熟 Vol.1」at 新宿LOFT)
M-02. 女子たちに明日はない (2007.07.07.「チャットモンチー 日比谷野外音楽堂 七夕ライヴ~天まで届け!!~」
M-03. 惚たる蛍 (2008.04.01.「チャットモンチー すごい2日間 in 日本武道館)
M-04. シャングリラ (2008.04.01.「チャットモンチー すごい2日間 in 日本武道館)
M-05. 風吹けば恋 (2009.07.05.「チャットモンチー 2009 いま一度ライヴハウスを洗濯しますツアー」at Zepp Tokyo)
M-06. 染まるよ (2010.11.23.「Premium アコースティック LIVE~五年目の浮気~」at Billboard Live TOKYO)
M-07. 桜前線 (2011.06.22.「全国ツアー"YOU MORE 前線"」at 中野サンプラザ)
M-08. 余韻 (2011.06.22.「全国ツアー"YOU MORE 前線"」at 中野サンプラザ)
M-09. 余談 (2013.01.14.「変身TOUR'13」at Zepp DiverCity)
M-10. きらきらひかれ (2013.01.14.「変身TOUR'13」at Zepp DiverCity)
M-11. 8cmのピンヒール (2015.11.11.「チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!」)
M-12. ときめき (2015.11.11.「チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!」)
M-13. こころとあたま (2015.11.11.「チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!」)
M-14. きみがその気なら (2015.11.11.「チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!」)
* Produced by WOWOW in association with Sony Music Labels.

| | TrackBack (0)

Sunday, July 22, 2018

そば・炭火焼ダイニング 五大@桜新町 #7

Dsc07305

Dsc07302

Dsc07297

 めちゃめちゃ暑かった日曜日、夕飯はたまに行ってる桜新町の「そば・炭火焼ダイニング 五大」で、小ぶりな蕎麦や香物小鉢がついた「かつ丼」に「牛スジと豆腐の煮込み」を。家人の選んだ名物「特盛り 板蕎麦」もおいしいかった。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

豚骨麺 あの小宮@都立大学

Dsc07285

Dsc07291

 滝汗かきながら都立大学まで1時間ほど歩き、昼飯は「豚骨麺 あの小宮」で「らーめん」(750円也)と「半チャーハン」(350円也)。マー油が効いたクリーミーな豚骨スープに固めでオーダーしたストレートな細麺。これに刻み葱に味の染みた叉焼。見た目以上にすっきりした味。チャーハンもパラパラでスープに合うし、卓上の辛しモヤシもうれしい。暑い日に熱いラーメン、ごちそうさまでした。

Dsc07276

 ▲2つのお店、左が「中華そば あの小宮」と右が「豚骨麺 あの小宮」。面白いコンセプト。

| | TrackBack (0)

烏山川緑道 #6

Dsc_6722

Dsc_6723

 今日も酷暑が続く世田谷地方。今朝も6時前から早朝散歩。上町駅あたりの世田谷線をみつつ、烏山川緑道を散歩する。今日はPeaceも来てくれた。

| | TrackBack (0)

燻製の日々 #27

Img_20180721_220851_973

Img_20180721_220851_971

Img_20180721_220851_972

 ゆうべは月に一度の燻製作り。オリーブオイルと塩に漬け込んだ鶏のむね肉のスモークチキン、カマンベールチーズ、半熟玉子にコンビーフにを燻製し、それをつまみにVILLA MONTES赤。すっかり泥酔し、クーラーの真下で爆睡ししてしまう。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

Loveのサマーカット、ALAMON@桜新町 #39

Img_20180721_182042_809

 先週、Peaceのサマーカットをやってもらった桜新町「トリミングサロン ALAMON」へ。今週はLoveのサマーカットをやっていただく。Loveにとって生まれてはじめてのサマーカットだったけど、こう暑いとしょーがない。結構、がっちりしてるLoveだった...。

Img_20180721_182711

 ▲ Before and After

1532167899131

 ▲ 結構似ている。

| | TrackBack (0)

駒沢 #652

Dsc07229

Dsc07230

 冷房すぎて体のふしぶしが痛かったので、駒沢公園でウォーキング。まだ8時だけどすでに日差しが強烈で、1周の2.2kmで終了。しっかし凄い汗。

Img_20180721_082506_109

 駒沢公園の壁の蝉。羽化終了。

| | TrackBack (0)

烏山川緑道 #5

Img_20180721_061136_466

 昨日土曜日の早朝散歩。上町駅あたりの世田谷線をみつつ、烏山川緑道を散歩する。ちなみにPeaceは来なかった。

Dsc_6712

Dsc_6716

Dsc_6715

| | TrackBack (0)

お土産 #53

Img_20180719_061909_604

 上海お土産で、パンダと葉っぱの切り絵をいただく。なんか涼しげ。Hnさん、Ohrさん、ありがとうございます。

| | TrackBack (0)

Friday, July 20, 2018

「Hands of Stone/ハンズ・オブ・ストーン」を観た

Hands_of_stone 4階級制覇を成し遂げたパナマの伝説的ボクサー"Roberto Durán"の伝記映画「Hands of Stone/ハンズ・オブ・ストーン」(2016/Cinema)について。
こんなあらすじ。中米パナマのスラム街に生まれ育ったDurán(Édgar Ramírez)は、アメリカ人の腕利きボクシングトレーナーのRay(Robert De Niro)と出会い、世界チャンピオンを目指す。無学なDuránは、Rayの指導と特訓のもと、戦略が何より大事なことを学び、プロデビュー後快進撃を続け、ついに2階級上のウェルター級王者Sugar Ray Leonard(Usher Raymond IV)を下し、念願の世界チャンピオンの座にも就くのだが...。
 強烈なパンチから"石の拳"と称された伝説的ボクサー"Roberto Durán"。その波乱の半生を、幾多の世界王者を育て上げた名トレーナー"Ray Arcel"との師弟愛とか、最大の宿敵Sugar Ray Leonardとの2度にわたる因縁対決とか、実話に基づいて映画化されたもの。で、個人的によかったのは、あの「Raging Bull/レイジング・ブル」(1980)でのRobert De Niroが、36年経って名トレーナーに扮して好演しているところ。いい配役だなぁ。なかなかの佳作だと思う。

| | TrackBack (0)

「Solo:A Star Wars Story/ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」パンフレット(限定版・通常版)を読んだ

Sw_solopanf_nomalSw_solopanf_limited

 2018/6/29、初日にニコタマで観た「Solo:A Star Wars Story/ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」。その時に劇場で買った2種類のパンフレット、通常版と限定版について。
 まずは通常版の方だけど、表紙はソロ、チューイにファルコンと鉄板デザイン。その中身だけど、豊富な写真とともに前半のストーリーがしっかり書かれていて、それに登場するキャラクター、惑星、新登場したマッドトルーパーとミンバン・トルーパーにレンジ・トルーパー、ドロイド、武器にVehiclesなどの解説あり、ミレニアム・ファルコンの詳細が載っている。さらにAlden Ehrenreich(as Han Solo)、Woody Harrelson(as Tobias Beckett)、Emilia Clarke(as Qi'ra)、Donald Glover(as Lando Calrissian)ら主要キャスト・インタビュー、監督したRon Howardnやファルコンのリードモデラーである成田昌隆のインタビュー、コンセプトアートなどが収録されている。ほんと充実の1冊。
 そして限定版。表紙はファルコンが描かれていて、これが美しい。で、通常版よりもコンセプトアートやグラビアページが8ページほど増えていて、ファルコンのA3サイズ特製ポスターが付いている。たしかに豪華。
 ともかく、両方持っていたいパンフだった。

| | TrackBack (0)

Thursday, July 19, 2018

「The Taking of Pelham 123/サブウェイ123 激突」を観た #2

Thetakingofpelham123 ひさびさに観直した「The Taking of Pelham 123/サブウェイ123 激突」(2009/Cinema)について。
 こんなあらすじ。N.Y.Cの地下鉄運行司令部で働くGarber(Denzel Washington)は、Pelham Bay Park駅発1時23分の地下鉄"Pelham 123"が緊急停止したことに気づく。しかもその地下鉄は1両だけが、他の車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたGarberが電車に無線連絡すると、Ryder(John Travolta)と名乗る男が、人質19名の命と引き換えに残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる...。
 この映画の好きなところは、地下鉄指令官による犯人との粘り強い交渉とか、その2人に生まれる奇妙な人間関係がいい。さらに地下鉄指令官が犯した罪とか、ネットでのLive中継とか、スリリングなスピード感で転がっていくのもいい。しっかしTravoltaが演じた冷酷無比で、残忍で冷静な犯人は何回観てもCoolだと思う。好きなTravoltaの1つかと。

| | TrackBack (0)

「6万人の患者が改善! 腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体/田中宏」を読んだ

Nerudakeseitai 先月ひどい腰痛になった時に読んでみた「6万人の患者が改善! 腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体/田中宏」(アスコム)について。
 これ、首の曲りに沿って作ったバスタオル枕であお向けになって一晩寝るだけで全身のゆがみが直るという簡単整体法。で、その効果は腰痛、肩こり、頭痛から首の痛みやこり、疲れ目、坐骨神経痛、股関節痛、ひざ痛、めまい、 便秘、冷え性にも効くということらしい。確かに横を向いて寝るとどこかに負担がかかっていることは素人でもわかるし、最近床の上に直接寝転がることもあるけど、その固さとともにあお向けの気持ちよさがわかった気がする。
 それにしても先月のぎっくり腰はほんとつらかった。ストレッチで体の筋を伸ばすこと、適度な運動をすること、暴飲暴食を控えること...当たり前のことをしっかりやることを身をもって知った6月だった。

| | TrackBack (0)

Wednesday, July 18, 2018

「The Founder/ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観た

The_founder McDonaldの創業者Ray Krocの伝記ドラマ「The Founder/ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(2016/Cinema)、面白そうだったので観てみた。
 こんなあらすじ。1954年、数々の事業に失敗し、今はシェイクミキサーのセールスマンであるRay Kroc(Michael Keaton)は、8台もミキサーをオーダーしてきたハンバーガー店"McDonald"を訪問する。そこでRayは、経営者のDick(Nick Offerman)とMac(John Carroll Lynch)の兄弟による高品質、コスト削減、合理性、スピード性などを徹底させたビジネスコンセプトに感銘を受け、"McDonald"を全米規模のフランチャイズにしないかと兄弟に提案する...。
 これ、世界最大級のハンバーガーチェーン店である"McDonald"の創業者達が繰り広げた苦闘を、実話に基づいて描いたドラマ。元々はカリフォルニア州の小さなしかし当時画期的なハンバーガー店がどうやって世界屈指のファストフードチェーンに成長していったかというその舞台裏をリアルに再現したもの。で、このKrocを演じたMichael Keatonだけど、血も涙も夢も希望もない資本主義の現実に戦う姿を、知的にかつ鬼気迫る無表情で演じていた。特に予想を遙かに超える急展開に呆然とする兄弟を飲み込みながら、たったの100万ドルで店名も含めて命綱の商権を買い取ることに成功し、何の躊躇いもなく"創業者"を名乗るシーンが恐ろしかった。いやー面白かった。

| | TrackBack (0)

«「レキシ10周年!凱旋ライヴ!!『レキシのライヴに遊びに来(き)ねの~~』ドキュメント」(Space Shower TV)を観た