Tuesday, September 22, 2020

代官山通信 Vol.150 & 151

Daikanyama150 この8月に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.150 & 151」について。
 この号まずは自分も配信Liveを観ていた「サザンオールスターズ 特別ライブ 2020 Keep Smilin'~皆さん、ありがとうございます!!~」について。これ、デビュー42周年を迎えた2020.6.25(木)に横浜アリーナで行われた無観客生配信Live。ふんだんな写真とともにLive Report、メンバーとのインタビュー記事、スタジオや会場でのリハ、客席に設置されたリストバンド型のライト、アマビエと厄病退散のマンピーヅラなど気になるところも取り上げてくれてる。さ、NHKでの特番やWOWOWでの放送での無観客Liveも観よう。
 これ以外の記事ではコロナ騒動に巻き込まれずにホノルルで開催された"ウクレレピクニック・イン・ハワイ"、毛ガニお勧めのハードロック特集あたり。ともかく、桑田さんが年越しLiveの可能性について触れているのがうれしかった。

|

Monday, September 21, 2020

Green Terrace THAI CAFE & DINING@駒沢 #3

Img_20200921_142906_807

 天気がよいので駒沢散歩。昼飯は、ひさしぶりにタイ飯「Green Terrace THAI CAFE & DINING」で、カオマンガイ、パッタイにたまご焼きのカイチアオ。いやー美味しいです。ごちそうさまでした。

Dsc01434 Dsc01439_20200921181201 Dsc01433

|

「Let's Go Crazy:The GRAMMY Salute to Prince」(WOWOW)を観た

Prince_letsgocrazythegrammysalute

 WOWOWで、「Let's Go Crazy:The GRAMMY Salute to Prince」が「グラミー・トリビュート・ライブ~プリンス "Let's Go Crazy"」として放送されたんで、しっかりと観てみた。
 2016.4.21、急死したPrinceに捧げられたTribute Concertで、2020.1.28にLAのThe Convention Centerで開催された。PrinceのシンボルマークがデザインされたStageが凄くいい。
 特によかったのは、FUNKでRock'n Roll、やっぱりこの曲からの「Let's Go Crazy」、SlowなBalladからあのメロへと続く「I Would Die 4 U」、Prince版もSinead O'Connor版もよかったけどJohn Legendの歌がうますぎる「Nothing Compares 2 U」、強烈なBeatの「Controversy」、イントロだけで体が動くんだけどJuanesの声がPrinceにそっくりの「1999」、美しいメロの「The Beautiful Ones」、このメロも不滅だと思う「Little Red Corvette」、重いBEATが好きだった「When Doves Cry」、たまらないFUNKNESSの「Kiss」、Chris Martin(Coldplay)も参加したEvergreenな名曲の「Manic Monday」、FUNKの楽しさを教えてくれた「Jungle Love」、Jimmy JamとTerry Lewisの"JAM & LEWIS"が最高だった「The Bird」、Foo Fightersの音楽性の広さが凄い「Darling Nikki」、Chorus Workが光る「Adore」、Sheila E.の声も似あってる「Sign O' The Times」、Beckの声がPrinceの声にそっくりだと気づいた「Raspberry Beret」、祈りの歌「The Cross」、Sheila E.の衰えないステージングが凄い「America」、今聴いてもかっこいい「The Glamorous Life」、これも楽しいFUNKの「Delirious」、ソウルフルな声が凄すぎる「Purple Rain」、そして大円団の「Baby,I'm A Star」。
 Sheila E.とJAM & LEWISに感謝のLiveだった。

● On Air Set List:Let's Go Crazy:The GRAMMY Salute to Prince (WOWOW)
M-01. Let's Go Crazy/H.E.R. & Gary Clark Jr.
M-02. I Would Die 4 U/Miguel
M-03. Nothing Compares 2 U/John Legend
M-04. Controversy/St.Vincent
M-05. 1999/Juanes
M-06. The Beautiful Ones/H.E.R. Featuring Misty Copeland
M-07. Little Red Corvette/Usher
M-08. When Doves Cry/Usher Featuring FKA Twings
M-09. Kiss/Usher Featuring FKA Twings
M-10. Manic Monday/Susanna Hoffs & Chris Martin
M-11. Jungle Love/Morris Day & The Time
M-12. Cool/Morris Day & The Time
M-13. The Bird/Morris Day & The Time
M-14. Darling Nikki/Foo Fighters
M-15. Adore/Earth,Wind & Fire
M-16. Sign O' The Times/Common Featuring Sheila E.
M-17. Raspberry Beret/Beck
M-18. The Cross/Gary Clark Jr.Featuring Sheila E.
M-19. America/Sheila E.
M-20. Free/Sheila E.
M-21. The Glamorous Life/Sheila E.
M-22. Delirious/Princess & The Revolution
M-23. Purple Rain/Mavis Staples & The Revolution
M-24. Baby,I'm A Star/All Artists
* Filmed Live at The Convention Center,Los Angels,CA. on 28th January 2020.
* 2020 NATIONAL ACADEMY OF RECORDING ARTS & SCIENCES,INC.

M-01. Controversy/Prince (PV)
M-02. 1999/Prince (PV)
M-03. Kiss/Prince (PV)
M-04. 4 The Tears In Your Eyes/Prince (PV)
M-05. The Same December/Prince (PV)
M-06. Musicology/Prince (PV)
M-07. Black Sweat/Prince (PV)
M-08. Guitar/Prince (PV)

|

「ローレライ/Lorelei:The witch of The pacific ocean」を観た

Lorelei ちょっとひっかかったんで、とりあえず観てみた「ローレライ/Lorelei:The witch of The pacific ocean」(2005/Cinema)について。
 こんなあらすじ。1945年8月同盟国ドイツが降伏し、米国が広島に原爆を投下し、日本は窮地に立たされていた。最後の望みはドイツから極秘裏に接収した潜水艦"伊五○七"に搭載された新兵器"ローレライ"だった。"伊五○七"は南太平洋に浮かぶ米軍基地の奇襲を目指して日本の港から出発するが、艦長は特攻隊に反対した絹見(役所広司)など型破りなメンバーが集められた。そんな中、"伊五○七"を出発させた海軍軍令部の浅倉(堤真一)には別の目的があった...。
 太平洋戦争末期、"鋼鉄の魔女"と呼ばれた潜水艦が秘密装置"ローレライ"とともに行った特別任務を描いたSFミリタリー映画がこれ。超能力を持つ少女と現実の太平洋戦争の組み合わせがあまりに荒唐無稽で、質実剛健な戦争映画と思って観始めたので正直驚いた。そんな映画。

|

Sunday, September 20, 2020

経堂 小倉庵@経堂

Img_20200920_162108_591

 Loveの病院のあと、経堂駅近くに「経堂 小倉庵」で鯛焼き。人気の鯛焼き屋で今日も大行列、ごちそうさまでした。

Img_20200920_162108_589

|

蛇崩川緑道 #37 & 経堂 #2

Dsc01376

 朝の散歩、蛇崩川緑道から弦巻神社あたりを散歩する。今日も涼しくて、気持ちいい。

Dsc01408

 経堂でLoveの検査。とりあえず大丈夫そうだけど、ちょっと体重が増加中。いっしょに減らそう。

|

照の湯@雑色

Img_20200920_143329_343

 大田区雑色の朝風呂めぐり、2湯目は「照の湯」へ。大きい富士山のペンキ絵のもと、まん中辺りに香りがよい古代檜の風呂、ほどよい熱さの寝風呂、肩にちょうどあたる強いジェット、玉露カテキンの緑色の薬湯がある。さらにいい感じで暗い天然温泉の黒湯露天風呂に、冷えた冷鉱水の水風呂と外気浴で、バッチリ交互浴できた。最高でした。いいお湯、ありがとうございました。

|

第五相模湯@雑色

Img_20200920_141648_041

 日曜日の朝風呂めぐり、まずは大田区雑色の「第五相模湯」。細かいドットでできた夕陽の富士山を見ながら、ちょっと熱い湯、海草カジメ湯の薬湯と水シャワーとカランの水で交互浴する。この朝時間、地元の大先輩たちで混んでいた。いいお湯をありがとうございました。

|

「The Dark Knight Rises/ダークナイト ライジング」を観た #3

Thedarkknightrises3 Christopher Nolan監督の"Dark Knight 3部作"、「Batman Begins/バットマン ビギンズ」(2005)、「The Dark Knight/ダークナイト」(2008)に続き、最後の「The Dark Knight Rises/ダークナイト ライジング」(2012/Cinema)を観直す。
 こんなあらすじ。ゴッサムシティを襲撃したThe Joker(Heath Ledger)を倒したものの、その正体がTwo-FaceであったHarvey Dent検事(Aaron Eckhart)殺害の罪をかぶって街を離れたBruce Wayne(Christian Bale)は、肉体的にも精神的にもボロボロな隠遁生活を送っていた。そんなゴッサムシティは、法改正よって作られた"デント法"の元、一見平穏な日々が続いているかに見えたが、街の崩壊をもくろむ新たな強靭な敵Bane(Tom Hardy)が現れた...。
 この映画で一番好きなのは強敵Baneの存在感。単なる暴君としてだけでなく、頭脳の明瞭さと悪役としてのいやらしさもあって、Baneに打ちのめされるBatmanの姿がたまらない。あらためて残虐性や暴力性も迫力もぐっとある映画だったと思う。
 この3部作を作りあげたChristopher Nolan監督の努力と勇気に感謝です。

|

Saturday, September 19, 2020

「MTV MUSIC VIDEO COLLECTION:ONE OK ROCK」(MTV)を観た

Oneokrock_musicvideo

 MTVで放送された「MTV MUSIC VIDEO COLLECTION:ONE OK ROCK」について。
 これ、ONE OK ROCKのPVをじっくり観れる番組。特によかったPVは、やたら若いけどやっぱりこの曲が最高な「完全感覚Dreamer」、東京の摩天楼が美しい「アンサイズニア」、強靭なDIGITAL BEAT「Re:make」、Liveでの壮大さがいい「The Begining」、初期の疾走感「Deeper Deeper」、これもLiveの鉄板「Mighty Long Fall」、渚園の映像から「Taking off (from NAGISAEN)」、至福な歌詞がいい「Stand One Fit In -Japanese Ver.-」、そして世代感のある「Wasted Nights」あたり。やっぱり音源を聴かないと。

● On Air Set List:MTV MUSIC VIDEO COLLECTION:ONE OK ROCK (MTV)
M-01. 完全感覚Dreamer
M-02. アンサイズニア
M-03. Re:make
M-04. NO SCARED
M-05. The Begining
M-06. Deeper Deeper
M-07. Clock Striker
M-08. Mighty Long Fall
M-09. Taking off (from NAGISAEN)
M-10. Bedroom Warfare
M-11. We are -Japanese Ver.-
M-12. Change -Japanese Ver.-
M-13. Stand One Fit In -Japanese Ver.-
M-14. Wasted Nights

|

烏山川緑道 #67 & 用賀

Dsc01331_20200919184401

 4連休、朝の散歩はLoveと国学院大学あたりから烏山川緑道を散歩する。風が涼しい。

Dsc01352_20200919184401 Dsc01356_20200919184401

 で、夕方からLoveとスーパーOKあたりまで散歩する。すっかり涼しくてうれしい。

|

麺や金時@江古田

Img_20200919_140126_031

 湯活からの昼飯、ここもずっと行きたかった江古田「麺や金時」で「味玉塩らあ麺」(960円也)。貝の出汁と鶏の旨みと優しい塩と鶏油の黄金スープに、歯切れのいいストレート細麺。これに鶏と豚のチャーシュー、半熟玉子、葱、穂先メンマなど、あー美味しい。やっと食べれた、ごちそうさまでした。

Img_20200919_140126_032

|

天然温泉 久松湯@練馬桜台

Img_20200919_125106_484

 今日の朝風呂、練馬桜台の「天然温泉 久松湯」へ。ここ、ずっと気になってた湯屋のひとつ。茶褐色のナトリウム温泉の露天風呂、人をダメにする濃厚炭酸泉、90度のサウナ、17度の水風呂、外気浴。あー素晴らしすぎる。白を基調にしたタイルの浴場、ほんとよかったです。いいお湯、ありがとうございました。

Img_20200919_125106_482 Dsc01339

|

「The Dark Knight/ダークナイト」を観た #3

Thedarkknight3 Christopher Nolan監督の"Dark Knight 3部作"、「Batman Begins/バットマン ビギンズ」(2005)に続き、「The Dark Knight/ダークナイト」(2008/Cinema)をひさびさに観直す。
 こんなあらすじ。ゴッサムシティでBatman(Christian Bale)が犯罪一掃に力を入れていた最中、口の裂けた白塗りの顔にピエロのようなメイクを施したThe Joker(Heath Ledger)と名乗る犯罪者が現れ、白昼堂々と銀行強盗をやってのけると姿をくらました。一方、Bruce Wayne(Christian Bale)は毎夜悪と戦い続けていたが、悪の芽をいくら摘み取っても汚職と腐敗の蔓延したゴッサムシティに真の平和が訪れることはなかった。Batmanはゴッサム市警のJames Gordon警部補(Gary Oldman)と熱血な地方検事Harvey Dent(Aaron Eckhart)と協力し、放射線でマークをつけた紙幣を用いてマフィアの資金洗浄を一斉に摘発するという手段に打って出た...。
 Heath Ledgerが演じたThe Jokerが映画史上最高の悪役と言われることについてだけど、The Jokerが力や金に興味がなく、秩序を壊し、世界に混乱を与えることを目的とし、The Joker自身がBatmanに殺されることを願ってる自体が面白い。そして、演じたHeath Ledgerだけど、笑い方とか目つきとか猫背の立ち姿とかくちゃくちゃと話す話し方とか、もうすべてがハンパない演技をしてくれた。そのThe Jokerに入れ込み過ぎた結果か、睡眠薬の過剰摂取によって、映画の公開前に28歳という若さで亡くなってしまった。この後に作られた「Joker/ジョーカー」(2019)でのJoaquin Phoenixの鬼気迫る怪演を観た後でも、この「The Dark Knight/ダークナイト」がThe JokerのキャラクターとHeath Ledgerの演技によって、映画史に残る作品になったという考えは変わらない。
 さ、3部作最後の「The Dark Knight Rises/ダークナイト ライジング」(2012)へいこう。

|

Friday, September 18, 2020

大黒湯@新中野

Img_20200918_195944_198

 やっと金曜日、チャリで新中野へ向かい、ビル型銭湯の「大黒湯」へ。湯屋内が2階建てになっていて、出っ張った2階にサウナと水風呂があるユニークな構造。全体的に白を基調にしててモダンな印象で、まん中に浴槽があって、関西っぽい。結構熱くて、バイブラにつかって、水シャワーで冷やすパターンを繰り返す。これで今週も終わり、明日からちょっと嬉しい4連休。いいお湯をありがとうございました。

|

«駒沢 #776