Friday, July 10, 2020

炎麻堂 ENMA-DO@三軒茶屋

Img_20200710_221423_482

 夕飯、三軒茶屋すずらん通りの「炎麻堂 ENMA-DO」へ。花椒が効いて汗が止まらなくなった「炎麻堂式 麻婆豆腐」の中カラ、ごまだれが爽やかな「冷やし担々麺」に、濃厚で野菜も多い「海老マヨネーズ」とハイボール。ずっと辛くてやっと落ちついてきた。ごちそうさまでした。

Img_20200710_221222_588 Img_20200710_221222_586 Img_20200710_221222_590

|

中国料理 一番@松陰神社

Img_20200710_215251_761

 在宅の昼飯、実は初めての松陰神社前「中国料理 一番」で「もやし炒めライス」(700円也)。豚とキャベツの旨味がよく出てて、もやしとよく合う。ここ、リピート決定。ごちそうさまでした。

Img_20200710_215251_763

|

Thursday, July 09, 2020

COCOFURO ますの湯@久が原 #2

Img_20200709_194334_029

 3ヶ月以上ぶりに会社に行って、通院もして、その帰りひさしぶりに大田区久が原の「COCOFURO ますの湯」へ。熱々の黒湯温泉、じわじわ血流流れそうな炭酸泉、そして冷えた源泉黒色のつぼ水風呂。何回も交互浴してあーすっきり。しっかし、机のカレンダーは3月のままだったし、飲みかけのペットボトルは置いたままだったし、会社の机は時が止まってた。ともあれいいお湯をありがとうございました。

|

吉野家@社食テイクアウト #11

Dsc09943

 今日は3/31以来3カ月以上ぶりの会社出社。昼飯は、社食で販売してる「吉野家」の「牛丼(並)」(388円也)をテイクアウト。ごちそうさまでした。

|

「Jackie Brown/ジャッキー・ブラウン」を観た #2

Jackiebrown2 ひさびさに観直したTarantino映画「Jackie Brown/ジャッキー・ブラウン」(1997/Cinema)について。
 こんなあらすじ。LAに住み、メキシコの航空会社に勤める中年スチュワーデスJackie Brown(Pam Grier)は、生活費を稼ぐために、Ordell Robbie(Samuel L.Jackson)の運び屋をやっていた。そんなJackieは、Ordellを追っていたFBI捜査官Ray(Michael Keaton)に逮捕されてしまう...。
 人生の半ばを過ぎたスッチーが一攫千金を狙う犯罪映画。1998年の日本公開当時、映画館にも観に行ったけど、小気味のいいストーリー展開がいいし、やっぱり音楽が最高。Bobby WomackやMinnie Rippertonなど70年代Soul Musicのヒット曲が満載で、ひさびさにこのサントラが聴きたくなる。さらに、ドンくさい男を自然体で演じたRobert De Niroとか、Tarantinoが子供の頃好きだったPam Grierを復活させたりとキャスティング含め、いい映画だと思う。

|

Wednesday, July 08, 2020

松陰神社 #59 & 豪徳寺 #19

Dsc09922

 雨が降る前に朝の散歩。今日も風が強い。

Dsc09925 Dsc09932

 夕方、豪徳寺あたりを散歩。夕陽、きれい。

|

「東京の空/エレファントカシマシ」を聴いた

Elephantkashimashi_tokyonosora エレファントカシマシの7th Album「東京の空」(1994/Album)について。
 これ、EPIC時代の最後のAlbumとなり、契約も切れ暗黒時代に入った時。結果的に自由で解放的でPOPな1枚で、いままで衝動的にRockを歌ってきたBandが新たな出発点を迎えている。演歌のような日本的叙情性と、Rock'n Rollがドロドロに溶け合ってるAlbumだった。
 ともかく曲について。
・M-01「この世は最高!」:勢いのあるOpening Tune。
・M-02「もしも願いが叶うなら」:次の東芝EMI時代を思わせるハーモニーが綺麗な曲。
・M-03「東京の空」:近藤等則のトランペットの絡み方はハンパない大作トラック。
・M-04「真冬のロマンチック」:PopさがいいRock'n Roll。
・M-05「誰かのささやき」:宮本のコーラスとハモりが優しい。
・M-06「甘い夢さえ」:鋭角なGuitarのリフが演歌のようなメロに突き刺さる。
・M-07「涙」:Folkっぽくて、なんかRCを思い起こす。優しい曲。
・M-08「極楽大将生活賛歌」:TightなBeatのうえで、♪夢だきゃたくさん持ってるぜ♪と叫んでる。青さがいい。
・M-09「男餓鬼道空っ風」:M-08から続くBeatが最高。ほんと自由だ。
・M-10「明日があるのさ」:ヘビーな音の中でタメの効いたリズムが響いてた。
・M-11「星の降るような夜に」:こんな中でも前に行く感じがいい。今の俺らに必要な歌。
・M-12「暮れゆく夕べの空」:近づく夕方を前に♪おれたちゃ自由さ♪と歌うBand、前に進むClosing Tune。

 こんな日々だから、エレカシの音が響きまくる。もっと聴こう。

● 東京の空/エレファントカシマシ (1994/Album)
M-01. この世は最高!
M-02. もしも願いが叶うなら
M-03. 東京の空
M-04. 真冬のロマンチック
M-05. 誰かのささやき
M-06. 甘い夢さえ
M-07. 涙
M-08. 極楽大将生活賛歌
M-09. 男餓鬼道空っ風
M-10. 明日があるのさ
M-11. 星の降るような夜に
M-12. 暮れゆく夕べの空
* The Elephant Kashimashi:Hiroji Miyamoto(Vocal,Chorus,E-Guitar,Ac-Guitar,Percussions,Keyboards,Whistle,Harp),Toshiyuki Ishimori(E-Guitar,Chorus),Seiji Takamidori(E-Bass,Chorus),Yoshiyuki Tominaga(Drums,Chorus)
* Produced by Hiroji Miyamoto.
* Recorded & Mixed by Sachio Utsumi.
* Recorded at Hitokuchizaka St.,Victor Aoyama St.Sedic St.,Onkyo House St.
* Mastered by Mitsuichi Tanaka(SME Shinanomachi Studio).
* ESCB1437 epic 1994 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

cf. エレファントカシマシ My CD/DVD List
- 浮世の夢 (1989/Album)
- エレファントカシマシ5 (1992/Album)
- 奴隷天国 (1993/Album)
- 東京の空 (1994/Album)
明日に向かって走れ-月夜の歌- (1997/Album)

|

「美しき愚かものたちのタブロー/原田マハ」を読んだ

Mahaharada_utsukushikiorokamono ちょいちょい読んでる原田マハ。世田谷区中央図書館で借りて読んでみた「美しき愚かものたちのタブロー」(文藝春秋)について。
 こんなあらすじ。第2次世界大戦前、日本人のほとんどが本物の西洋絵画を見たことのない時代に、ロンドンとパリで絵画を買い集めた実業家"松方幸次郎"。そもそも美術の審美眼を持ち合わせていない松方だったが、絵画収集の道先案内人となった美術史家の卵"田代雄一郎"との出会い、モネと親交し、ゴッホ、ピカソ、ロダンやルノアールといった近代美術の数々の傑作タブローによって美に目覚めてい。しかし、戦争へと突き進む日本国内では経済が悪化し、破産の憂き目にさらされた松方に代わり、ナチの戦火が迫るフランスに残り、絵画コレクションを守り抜いたのは、松方の右腕手で元軍人パイロットの"日置釭三郎"だった。戦争が終わり、講和を進める首相"吉田茂"の元にコレクション返還の可能性が伝わった...。
 「最高の絵を見せてやりたい...モネを口説いた男の夢」。日本に美術館を創りたいという夢のために生涯を懸けた男、戦時下のフランスで絵画コレクションを守り抜いた孤独な男、敗戦国である日本に美術とプライドを取り戻した男達...そん男達の奇跡によって、上野の国立西洋美術館が誕生した秘話を描いた小説がこれ。実話をもとににしたノンフィクションなんだけど、男達の純粋な理想と熱意と不屈の信念が凄まじい。フランスとの白熱の返還交渉、愛する妻をいたわりながらナチからタブローを守るシーン、そして返還の許可を与えたフランス...あの国立西洋美術館にこんな壮絶な歴史があったとは。いやーほんと読み応えありました。

cf. 原田マハ 読破 List
- カフーを待ちわびて (2006)
- 一分間だけ (2007)
- ランウェイ☆ビート (2008)
- さいはての彼女 (2008)
- キネマの神様 (2008)
- 花々 (2009)
- 翼をください (2009)
- 本日は、お日柄もよく (2010)
- 星がひとつほしいとの祈り (2010)
- 風のマジム (2010)
-
まぐだら屋のマリア (2011)
- 永遠をさがしに (2011)
- いと-運命の子犬-/原田マハ(文)・秋元良平(写真) (2011)
- 小説 星守る犬/原田マハ(著)・村上たかし(原作) (2011)
- 楽園のカンヴァス (2012)
- 旅宿おかえり (2012)
- 生きるぼくら (2012)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵(2013)
- ジヴェルニーの食卓 (2013)
- 総理の夫 First Gentleman (2013)
- 翔ぶ少女 (2014)
- 太陽の棘 (2014)
- 奇跡の人 The Miracle Worker (2014)
- あなたは、誰かの大切な人 (2014)
- 異邦人(いりびと) (2015)
- モダン (2015)
- ロマンシエ (2015)
-
暗幕のゲルニカ (2016)
- デトロイト美術館の奇跡 DIA:A Portrail of Life (2016)
- リーチ先生 (2016)
- 恋愛仮免中/奥田英朗・窪美澄・荻原浩・原田マハ・中江有里 (2017)
- アノニム (2017)
- たゆたえども沈まず (2017)
- いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (2017)
- スイート・ホーム (2018)
- フーテンのマハ (2018)
- 常設展示室 Permanent Collection (2018)

- 美しき愚かものたちのタブロー (2019)

|

Tuesday, July 07, 2020

Coffee & Meshi ルピナス@駒沢 #10

Img_20200707_211542_376

 夕飯、Loveを連れて近所の洋食屋「Coffee & Meshi ルピナス」で「牛焼きのごまだれ、とろろ、冷奴定食セット」(900円也)。ごまだれってほんと牛肉と玉ねぎによく合う。ごちそうさまでした。

Img_20200707_211542_375 Img_20200707_211542_377

|

らーめん 陸@上町 #13

Img_20200707_191203_931

 昼飯、ほんとひさしぶりに世田谷通りの「らーめん 陸」へ。いただいたのは「豚増しらーめん」(1.000円也)に、味玉、野菜Wで。もやしとキャベツの山を崩し、コシのあるもちもち中太麺を野菜の山にのせる天地返しを繰り返し、ひたすら食べていく。豚の濃厚な甘味と特製醤油が絡まった背油スープは上品な味付けだし、豚は神がかった美味しさです。今日も行列、ごちそうさまでした。

Img_20200707_191203_935

|

ALAMON@桜新町 #48

Dsc09906

 ほぼ1ヶ月ぶりに桜新町の「トリミングサロン ALAMON」でLoveのトリミング。肉球周りのムダ毛切り、爪切り、ひげ切り、肛門腺搾りなどいつものメニューで。

Dsc09899

 ちなみに朝のLove。弦巻あたりをスリングに揺られて。

|

「Kings/マイ・サンシャイン」を観た

Kings タイムリーだと思いながら観ていたロサンゼルス暴動の映画「Kings/マイ・サンシャイン」(2017/Cinema)について。
 こんなあらすじ。1992年、LA。黒人女性のMillie(Halle Berry)は、貧困や家庭内暴力などによって家族と一緒に暮らせない子供達を引き取り、彼らの世話に追われながらも忙しくも楽しい日々を送っていた。そして、近隣に住む白人男性Obie(Daniel Craig)は、なにかと騒々しいMillie達の生活に苦情を言いながらも、彼らの日常を心優しく見守っていた。そんなある日、ロドニー・キング事件に対して不当な評決が下ったことから、街で暴動が始まった...。
 これ、1992年、LAで発生した暴動に巻き込まれる人々の姿を描いた実話ドラマ。 スピード運転で逮捕された黒人男性Rodney Kingに対し、複数の白人警官たちが殴る蹴るの暴行を加え、その様子を撮影した映像が世間に流出したが、警官達に無罪の評決が下されたことから、黒人達が暴徒化し、大規模な暴動が発生した。そんな暴動に巻き込まれた人々が描かれているんだけど、子供達はある意味無邪気だし、警官達も黒人達もお互い空虚な状況な中、闘っていた。
 それにしても、今回ワシントンDCでの黒人暴行死に端を発し、暴動も略奪も起き、トランプは暴走し、コロナ禍も加わり、混沌とした状況になっているけど、根っこは一緒だと思った。そんな映画だった。

|

Monday, July 06, 2020

弦巻神社 #17

Dsc09891

 雨が降ったりやんだりの月曜日。在宅勤務も終わり、雨もあがっていたので夕方、Loveをスリングにいれて、弦巻神社へ。

|

中華料理 信華@上町 #3

Img_20200706_191647_260

 今週も在宅でスタート、昼飯は上町「中華料理 信華」で「五目炒飯」(600円也)。パラパラの炒飯に、味が染みたこま切れ叉焼がなかなか美味しい。ごちそうさまでした。

Img_20200706_191647_259

|

Sunday, July 05, 2020

たこ焼きを作る #7

Img_20200705_215706_265

 夕飯のたこ焼き作りも7回目。熱いたこ焼き器に向き合って作るけど、 もう暑すぎる。ごちそうさまでした。

Img_20200705_215706_263 Img_20200705_215706_264

|

«上町 #16