Sunday, April 30, 2017

駒沢 #580 & 二子玉川公園 #12

Dsc_1427

Img_20170430_083721_274

 今日もいい天気の世田谷地方。とりあえず、ひとりで駒沢公園に向かい、5kmほど軽くランニング。BGMはハイスタ「Vintage & New,Gift Shits」。結構汗かいた。

Img_20170430_151735_726

 家で昼飯を食べてから、わんこ達をチャリに載せて、ひさしぶりに二子玉川公園へ。みんなピクニックを楽しんでる。で、池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」も、いよいよ佳境。この鉄板な勧善懲悪がたまらない。

| | TrackBack (0)

Saturday, April 29, 2017

燻製の日々 #15

Dsc_1419

 夕飯は家で燻製作り。オリーブオイルと塩胡椒の鶏のむね肉、玉子、カマンベールチーズにちくわを赤でいただく。無駄な脂も落ちて、ごっつあんでした。

Dsc_1414

Dsc_1416

Dsc_1423

| | TrackBack (0)

駒沢 #579 & Mr.FARMER@駒沢 #3

Img_5820

 トリミングが終わってから、わんこ達と今週も駒沢ドッグラン。いい天気なんで今日も混んでる。

Img_5792

Img_5805

Img_5801

Img_5809

Img_5827

 自分やPeace寄ってくるわんこをけちらかすLove、すみっこを歩くPeace。しっかしのどかだ。

Dsc_1412_2

 ドッグランで遊んでから、「Mr.FARMER」でちょっと休憩。オーガニックアイスコーヒーを飲みながら、クッションのテラスでわんこ達とのんびり。池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」も、下巻に突入。盛り上がってきた。

| | TrackBack (0)

ALAMON@桜新町 #31

Dsc_1357

Dsc_1362

Dsc_1364

Dsc_1370

Dsc_1377

Dsc_1384

 やっとたどり着いた土曜日、朝からわんこ達のシャンプーをすることに。Peace、Loveの順番で朝シャンプー、ぶるぶるされてびっしょびしょ。わんこ用のマットとかもイッキに洗って、あ~すっきり。

Dsc_1348

Dsc_1392

 そのあとはベランダでちょっと休憩。しっかし朝からいい天気。

Dsc_1409

 で、午後、わんこ達のトリミングは、定番・桜新町の「トリミングサロン ALAMON」にて。足裏と足回りの毛、肉球のムダ毛、爪切り、肛門腺絞り、そしてLoveのひげ切り…これで500円/匹と素晴らしいコスパ。手際もいいし、わんこ達も慣れているし、これからもよろしくお願いします。

| | TrackBack (0)

蓮爾@桜新町 #7

Dsc_1398

Dsc_1394

 ほほ半年ぶりに「蓮爾」新町一丁目店でJ系。いただいたのは、「エビ小豚入り」(1,050円也)をヤサイマシカラメニンニクスクナメで。モヤシとキャベツの山を切り崩し、山梨ほうとう並みにブッ太い超極太の麺を持ち上げ、ヤサイの上に載せるという"天地返し"を繰り返し挑んでいく。海老の香りがぷ~んと漂い、肉ダシとガラと豚骨の若干辛めの醤油ベースのスープに干しエビがやっぱり美味い。豚肉の塊は5つあり、甘辛に煮込まれ、脂身がトロトロ。今日の豚は神レベル。ブッ太い麺のコシは強靭で、握力は使うし、スープはギトギトで、ほんとここの凶暴度は高い。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

Friday, April 28, 2017

廻転寿司 CHOJIRO@二子玉川

Dsc_1342

 やっとたどり着いた金曜日。夕飯はニコタマRISEの「廻転寿司 CHOJIRO」(二子玉川店)で、寿司。で、回転ずしかと思ったら、その場で握っていただいていただくスタイル。マグロづくし、サーモンづくし、ひかりものづくし、牛たん、蟹みそに茶碗蒸しをビールとハイボールでいただく。なかなか美味い。それにしても今年のGWは暦通りだけど、ともかく休みだ。ごちそうさまでした。

Dsc_1344

Dsc_1345

Dsc_1346

Dsc_1347

Dsc_1341

| | TrackBack (0)

Thursday, April 27, 2017

「新世界より/貴志祐介」を読んだ

Yusukekishi_shinsekaiyori1Yusukekishi_shinsekaiyori2

Yusukekishi_shinsekaiyori3 たまに読みたくなる貴志祐介の小説。ずっと気になってた「新世界より」<//>(講談社文庫)について。
 こんなあらすじ。1,000年後の日本、縄に囲まれ自然豊かな集落"神栖66町"では人類は手を触れず、意のままにものを動かせる"呪力"と呼ばれる超能力を身に付け、バケネズミと呼ばれる生物を使役し平和な生活を送っていたが、その子供達は思考の自由を奪われ管理されていた。その町に生まれた12歳の少女"渡辺早季"は、同級生達と縄の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末"ミノシロモドキ"と出会った。そこで彼女達は、1,000年前の文明が崩壊した理由と現在に至るまでの歴史を知ってしまう。禁断の知識を得て、早季達を取り巻くかりそめの平和は少しずつ歪んでいく...。
 上巻482ページ、中巻442ページ、下巻551ページで、3巻合計1,475ページの大ボリュームなこの小説。果てしないブ厚さと魑魅魍魎がうごめく世界観に最初は難解だと思っていたけれど、不思議と途中からはこの異様で歪んでいてでも正常だと思える世界観に引き込まれていった。骨格となるアイデアと設定はSFだけど、プロットはミステリーで、モチーフは伝奇とファンタジーで、クライマックスはモダンホラーと戦争アクション。瑞々しい少年小説やスリル満点の冒険小説でもあって、いろんなジャンルがぶち込まれた娯楽大作だった。
 貴志祐介さんの想像力の限りを尽くして描かれたこの小説に、自分の五感と魂を揺さぶられました。

cf. 貴志祐介 読破 List
- 十三番目の人格 ISOLA (1996)
- 黒い家 (1997)
- 天使の囀り (1998)
- 新世界より (2008)
- 悪の教典 (2010)
- 鍵のかかった部屋 (2011)
- 雀蜂 (2013)

| | TrackBack (0)

「AIR JAM 2016 DOCUMENTARY SPECIAL」(SPACE SHOWER TV)を観た

Airjam2016documentary

 あの東北のために行われたAIR JAM 2012から4年、九州・熊本のために行われたAIR JAM 2016。先日観れたスぺシャの「AIR JAM 2016 LIVE SPECIAL」に続き、「AIR JAM 2016 DOCUMENTARY SPECIAL」を観た。
 いやー、このドキュメンタリー番組はいい。あのAIR JAMが福岡で開催されることが信じられないと喜ぶスタッフ、地元福岡のラジオ関係者とバンド関係者。被災地熊本への思いを語るWANIMA。Fes.が増えてもAIR JAMは選ばれたBandしか出れない。福岡タワレコスタッフの思い。Ken Yokoyamaとコラボできた喜びを語るスカパラ谷中。やっとKen YokoyamaにAIR JAM出演を誘われ、苦難の日々を語り、夢がかなったと泣いたHAWAIIAN6。イラストレイターとボランティアの思い。ガキの頃擦り切れるまでAIR JAMのVHSを観たというヘイスミ。AIR JAMはストリートからの大逆転と語るブラフマンTOSHI-LOW。サッカーをやってた少年がJリーガーに会った気分と言うワンウィズ。ボーダーとスケーター。AIR JAMの凄さ、ハイスタの凄さをインターハイ前日の気分にたとえた10-FEETのTAKUMA。そしてハイスタのタオルを掲げて彼らの登場を待つ大観衆...。いやーどのシーンも素晴らしい。
 AIR JAM RULES!!!

● On Air Set List:AIR JAM 2016 DOCUMENTARY SPECIAL (SPACE SHOWER TV)
M-01. ともに/WANIMA
M-02. Thread & Noodle/The BONES
M-03. 道なき道、反骨の feat. Ken Yokoyama/東京スカパラダイスオーケストラ
M-04. Rx Overdrive/Crossfaith
M-05. I BELIEVE/HAWAIIAN6
M-06. 2nd Youth/HEY-SMITH
M-07. 其限/BRAHMAN
M-08. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-09. Mighty Long Fall(with Koie from Crossfaith)/ONE OK ROCK
M-10. RIVER/10-FEET
M-11. ANOTHER STARTING LINE/Hi-STANDARD
M-12. HAPPY XMAS(War Is Over)/Hi-STANDARD
* Filmed Live at Fukuoka Yahuoku!Dome on 23rd Dec.2016.
* 2017 Space Shower Networks Inc.

| | TrackBack (0)

Wednesday, April 26, 2017

「The Game/ゲーム」を観た

Thegame ずいぶん前から気になってたDavid Fincher監督の「The Game/ゲーム」(1997/Cinema)。やっと観れた。
 こんなあらすじ。実業家Nicholas(Michael Douglas)は48歳の誕生日、離れて暮らしていた弟のConrad(Sean Penn)が突然現れ、CRS社主催の"The Game"の招待状をプレゼントされる。最初は馬鹿にしていたNicholasだったが、「人生が一変するような素晴らしい体験ができる」といううたい文句にひかれて、The Gameに参加することに。やがて重要な書類が入ったブリーフケースの鍵がなくなり、スキャンダルが発覚し、一度訪れたCRS社のオフィスが消滅するなど、奇妙な出来事がNicholasの周りで次々に起こり始めた。次第にNicholasの生活や平常心を壊されていき、遂に生命の危機にさらされることになる...。
 異常な"The Game"を仕掛けられた実業家が精神を壊していく様を描いたサスペンス映画。Darkな世紀末的な感覚と映像体験と最後に予想外のどんでん返しが待っている演出...まさにDavid Fincherらしいに作りになっていて、観ているこっちにもThe Gameを仕掛けられた感じ。ただこのLastのどんでん返しがなーんだという感じだった。映画を通してはハラハラドキドキできるんだけど、正直微妙。あの「Seven/セブン」(1995)の次にDavid Fincherが撮った映画だからと期待しすぎたのかもしれない。

| | TrackBack (0)

恵比寿 箸庵@恵比寿

Dsc_1331

 昨日は昔の仕事系メンバーが集まり、6月からメキシコに赴任するTtmちゃんの壮行会。メンツがBbさん、Frmさん、Ktjさん、Kr、KdmさんにMri君。場所は「恵比寿 箸庵」。ソムリエMri君の選ぶワインを飲みながら、しゃべりまくり。やっぱり、このメンツはいろいろあったし、楽しい。またこんな感じで集まりたい。ごちそうさまでした。

Dsc_1324

Dsc_1325

Dsc_1329

Dsc_1333

Dsc_1334

| | TrackBack (0)

Tuesday, April 25, 2017

「東日本大作戦番外編」(Space Shower TV)を観た

Higashinihondaisakusen

 2011.3.11.東日本大震災。震災地に足りないものを届けるという10-FEETの「ふとん大作戦」から始まった救援活動からつながっている「東日本大作戦番外編」。その模様がスぺシャのモンスターロックで放送された。しっかりとCheck。
 これ、2017.1.14,15.宮城県のゼビオアリーナ仙台で行われたLive Event。あの京都大作戦がそのまま仙台に持ち込まれた感じ。311を風化させず、復興に必要な元気を届けてる。TAKUMAはMCで、「京都でなんかあったら助けてや」という言葉が泣けてしまった。ともかくひっかかったのはLiveを書いてみる。
・ヤバイTシャツ屋さん:ずっとひっかかってるヤバT。TSUTAYAで借りよう。
・NUBO:2VocalでSKA BEAT。ユニゾンの気持ちよさ。
・ROTTENGRAFFTY:東北のデカいアリーナにロットンの咆哮が響いてた。
・G-FREAK FACTORY:曲も凄くいいし、このおっさん達に親近感がわいている。音源聴かねば。
・Ken Yokoyama:日章旗を背負い、歌うKen。ソロの時でも責任感と腹の張り方が凄い。
・MAN WITH A MISSION:やっぱりこの曲はTAKUMAとのコラボがいい「database」、ここまでくるとOur Anthemな「FLY AGAIN」。
・SUPER BEAVER:いろんなFes.の映像を観て、最近グッとキテル。音源聴こう。
・NAMBA69:モッシュでステージにたどり着いた奴が歌ってる。最高だ。
・WANIMA:3人の笑顔、それだけでいい。
・東京スカパラダイスオーケストラ:スカパラのバンドコラボだった「閃光 feat.10-FEET」。いい曲だった。
・SiM:ヘドバンとデスヴォイスの楽しさ。
・サンボマスター:なんか太った気がする山口。でも山口のMCはジーンとくる。
・10-FEET:沁みる名曲の「シガードッグ」と「アンテナラスト」。タオルが舞い、クラウドサーフィンとモッシュの波が起きていた。絶対復興しよう!!

 たかがBand、されどBand。小さいことでも始めることが大事。

● On Air Set List:東日本大作戦番外編 (Space Shower TV)
=DAY1=
M-01. 喜志駅周辺なんもない/ヤバイTシャツ屋さん
M-02. ネコ飼いたい/ヤバイTシャツ屋さん
M-03. Colored/NUBO
M-04. Circle/NUBO
M-05. This World/ROTTENGRAFFTY
M-06. 金色グラフティー/ROTTENGRAFFTY
M-07. 日はまだ高く/G-FREAK FACTORY
M-08. EVEN/G-FREAK FACTORY
M-09. I Won't Turn Off My Radio/Ken Yokoyama
M-10. Ricky Punks III/Ken Yokoyama
M-11. database feat.TAKUMA/MAN WITH A MISSION
M-12. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-13. RIVER/10-FEET
M-14. goes on/10-FEET
M-15. 風/10-FEET
=DAY2=
M-01. 人として/SUPER BEAVER
M-02. 全部/SUPER BEAVER
M-03. MY WAY/NAMBA69
M-04. Hey yo.../WANIMA
M-05. THANX/WANIMA
M-06. 閃光 feat.10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ
M-07. SKA ME CRAZY/東京スカパラダイスオーケストラ
M-08. Boring People,Fucking Grays/SiM
M-09. f.a.i.t.h/SiM
M-10. ミラクルをキミとおこしたいんです/サンボマスター
M-11. 世界はそれを愛とよぶんだぜ/サンボマスター
M-12. シガードッグ/10-FEET
M-13. アンテナラスト/10-FEET
M-14. CHERRY BLOSSOM/10-FEET
* Filmed Live at Xebio Arena Sendai,Miyagi on 14th,15th Jan.2017.
* 2017 Space Shower Networks Inc.

| | TrackBack (0)

Monday, April 24, 2017

rockin'on 5 May 2017

Ro1705 最新号「rockin'on 5 May 2017」、気になった記事について。
 ●僕らの記憶に刻まれた、100の来日伝説/100 LEGENDARY LIVE SHOWS IN JAPAN:
 1966年The Beatles武道館公演から最初で最後のNirvana来日、渋谷Club QuattroでのOasisなどrockin'onが選んだ「伝説」の来日公演を大特集。これ結構面白かった。1988年NHKホールでのGuns N' Roses、1987年後楽園ホールでのBeastie Boys、1986年横浜スタジアムでのPrince、1989年Club Citta 川崎でのThe Stone Roses(これ相当メタメタな演奏だったらしい...)、1996年有明アリーナでのGreen Day、1997年Fujirock'97でのレッチリなど面白い記事ばっか。その中で自分が立ち会えたのは1990年The Rolling Stonesの東京ドーム初来日公演。10日公演のうち、2日間行ったけど、あんときは日本中がストーンズ一色だった。ほんといい特集だ。

 これ以外の記事では、Linkin Park New Album"One More Light"、Jamiroquai New Album"Automaton"、T2 Trainspotting(最高だった...)、Depeche Mode New Album"Spirit"など。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・Automaton/Jamiroquai (Album)

| | TrackBack (0)

Sunday, April 23, 2017

駒沢 #578

Dsc_1309

 立川での告別式から戻り、その後はLoveと駒沢ドッグランへ。夕方だけど日差しが強い。しかも結構混んでる。Loveは絶好調で寄ってくるほかのわんこに吠えかかってた。また来週。

Dsc_1302

Dsc_1311

Dsc_1313

Dsc_1315

Dsc_1317

Dsc_1312

| | TrackBack (0)

Saturday, April 22, 2017

「T2 Trainspotting/T2 トレインスポッティング」を観た

Img_20170422_162656_435

 朝から1996年公開の第1作「Trainspotting/トレインスポッティング」を復習してから、ニコタマへ。ずっと観たいと思っていた第1作から20年経って作られた続編「T2 Trainspotting/T2 トレインスポッティング」(2017/Cinema)を観た。
 とりあえず公開中につき、Siteからあらすじを。スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし20年ぶりにオランダからこの地に舞い戻ってきたマーク・レントン。表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド。刑務所に服役中のベグビー。想像通り? モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とは---。
 レントン、スパッド、シック・ボーイそしてベグビー...4人の20年が見事につながった続編だった。音楽もよかったし、くだらなさと無鉄砲さも変わっていない。もう1回観たい。

| | TrackBack (0)

glouton@駒沢 #10

Img_20170422_132738_101

 昼飯は最近のヘビロテ駒沢「glouton/グルートン」のパン。いただいたのはビーフカレーパンときゃべつ/ソーセージのパン。安定の美味さです。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

«Mr.FARMER@駒沢 #2