Thursday, March 21, 2019

「風の谷のナウシカ/Nausicaa of the Valley of the Wind」を観た

Kazenotaninonaushika_1 ほんとひさびさに観直した「風の谷のナウシカ/Nausicaa of the Valley of the Wind」(1984/Cinema)について。
 こんなあらすじ。海から吹く風によって"腐海"の毒から守られている"風の谷"。ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。船内には、"火の七日間"と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた"巨神兵"の核が積まれていた。やがて巨神兵をめぐり闘争が勃発し、風の谷の王妃ナウシカも陰謀渦巻く戦乱に巻き込まれてゆく...。
 これ、地球壊滅後の近未来を舞台に、"腐海"と呼ばれる毒の森に生きる人々の闘いを描いた監督・脚本・原作の宮崎駿の不朽の名作。高畑勲、鈴木敏夫、久石譲らのちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが集結している。鬱蒼とした腐海や数々の巨大な虫たちを具現化した美術もあらためて素晴らしいと思ったし、ハリウッド映画にはあまりない自然との共生や、相手に勝つことよりも大切なものがあるという視点がなによりも日本っぽくてよかった。あらためて不朽の名作。

|

Monday, March 18, 2019

「The Village/ヴィレッジ」を観た

The_village M.Night Shyamalan監督のサスペンス映画「The Village/ヴィレッジ」(2004/Cinema)について。
 こんなあらすじ。1897年、ペンシルヴェニア州のとある深い森の中に存在する小さな村は周囲から孤立していた。怪物が潜むという森に囲まれた村には、「森に入るべからず、不吉な赤い色を封印せよ、警告の鐘に注意せよ」という3つの掟が存在し、村人が森に入らない代わりに、怪物も人を襲わないという協約があった。外界と隔絶される中、村人は家族のように暮らし、自給自足で快適な暮らしを送るが、盲目の少女Ivy(Bryce Dallas Howard)は恋人Lucius(Joaquin Phoenix)の命を救うため森を通り、森のの外の町に薬を取りに行こうとする...。
 これ、怪物がすむという深い森の奥で、外界を拒絶するように厳しい掟を守り続ける村に隠された秘密を描いたサスペンス映画がこれ。外界の文明社会を隠し、自分たちのユートピアを守るため、何年にもわたり古老達が作り上げた掟を、結果的に破ってしまった盲目の少女が描かれている。出口の見えない森とか、松明に照らされた夜の村のシーンとか、不気味な雰囲気なんだけど、最後まで観てしまうと旧世代の陋習が題材になってた。なるほどね。

| | TrackBack (0)

「LIVE with YOU ASIAN KUNG-FU GENERATION」(SPACE SHOWER TV)を観た

Akg_livewithyou

 去年2018年にNew Album「ホームタウン」をReleaseしたASIAN KUNG-FU GENERATION。そんなアジカン迎えた「SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" ASIAN KUNG-FU GENERATION」がスぺシャで放送された。そりゃー観るでしょ。
 今回のLive、2018/11/27に恵比寿LIQUIDROOMで行われたもの。全方位を客席が囲い、まさにゴッチが言っていたけど「動物園の動物みたい」な状態。客との距離が非常に近く、こんな緊密感は最近のアジカンではありえない状況だった。
 特によかったのは、重めのBeatの「センスレス」、安定のMidium Tune「マーチングバンド」、アジカンの世界を広げ今でのバンドにとって重要な曲になってる「サイレン」、ジワッとしみわたる「生者のマーチ」、New Albumのタイトル曲でこのLiveで初披露された「ホームタウン」、ザクザクしたMelodyがLiveに似合う「荒野を歩け」、今でのLiveで大切にされている「Re:Re:」、Beat感満載の「今を生きて」、そしてじっくり聴きたい新曲の「ボーイズ&ガールズ」あたり。
 ほんと早くNew Album「ホームタウン」を聴かないと!

● On Air Set List:SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" ASIAN KUNG-FU GENERATION (SPACE SHOWER TV)
M-01. センスレス
M-02. スタンダード
M-03. マーチングバンド
M-04. サイレン
M-05. 生者のマーチ
M-06. ホームタウン
M-07. 荒野を歩け
M-08. Re:Re:
M-09. 今を生きて
M-10. ボーイズ&ガールズ
* Filmed Live at EBISU LIQUIDROOM,Tokyo on 27th Nov.2018.
* (C) 2019 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Sunday, March 17, 2019

HOUSE OF FER TRAVAIL@上町

Dsc01111

 Loveとの散歩の帰りに立ち寄った上町近くの「HOUSE OF FER TRAVAIL」。鉄鋳物からインダストリアル家具が面白い。ちょっと高いけどほしいものばっか。

Dsc01112

Dsc01113

| | TrackBack (0)

松陰神社 #33

Dsc01107

 午後からLoveを連れて近所を散歩。本日二度目の松陰神社。

| | TrackBack (0)

MERCI BAKE/メルシーベイク@松陰神社 #5

Dsc01105

 駒沢公園から松陰神社へ。寄ったのは「MERCI BAKE/メルシーベイク」。ひさびさにガトーショコラを満喫。やっぱり、美味しい。

Dsc01098

Dsc01101

| | TrackBack (0)

KANNON COFFEE shoinjinja@松陰神社

Dsc01102

Dsc01103

Dsc01104

 いつのまにか松陰神社前にオープンしてた「KANNON COFFEE shoinjinja」にてちょっと休憩。なかなか居心地がいいです。

| | TrackBack (0)

駒沢 #683

Dsc01097

Dsc01095

 今日もいい天気の世田谷地方。花粉はまってるけど、今週も駒沢公園で5kmほどウォーキング。BGMはクリープハイプの「泣きたくなるほど嬉しい日々に」。

| | TrackBack (0)

Saturday, March 16, 2019

いむか PET OFFICE@用賀

Dsc01076

 今日は用賀環八沿いにある「いむか PET OFFICE」へ。ここ、わんこ用の鍼、マッサージや漢方薬を出してくれて、なかなか結構予約がつまってる療院。ここで調合してもらった漢方薬で、Peaceの尿の数値はほんとよくなってきた。ありがたいです。

Dsc_1062

Dsc01074

 ▼ 途中寄ったタマタカで待つ。

Dsc01078

 ▼ 途中寄ったOKストアで待つ。

Dsc01084

Dsc01081

| | TrackBack (0)

ブタリアンレストラン@用賀 #3

Dsc01071

 今日の昼飯は、半年ぶり用賀の「ブタリアンレストラン」で「豚丼」キャベツトッピング。霜降りロースとバラ肉が甘辛なタレにからめて焼かれてる。非常に美味い。ちなみにここはわんこOK。ごちそうさまでした。

Dsc01068

Dsc01066

Dsc01073

Dsc01072

Dsc01061

| | TrackBack (0)

九州 熱中屋 五反田 LIVE@五反田

Dsc_0629

Dsc_0631

Dsc_0641

 今日は会社メンツが集まって、これからに向けてのいちおう発展的解消飲み会。場所は五反田駅近くの「九州 熱中屋 五反田 LIVE」にて。部署を超えて集まって飲みまくりで笑いまくり。そのままの勢いで2次会は同じ五反田の「ぼたん」へ。テキーラショットしまくって、めちゃめちゃ笑った。ごちそうさまでした。

| | TrackBack (0)

Friday, March 15, 2019

「おどる亀ヤプシ/Unicorn」を聴いた

Unicorn_odorukameyapushi ひさびさにCD棚から引っぱり出して聴いてみたユニコーンの5th Album「おどる亀ヤプシ」(1990/Album)について。
 これ、1990年「ケダモノの嵐」、「おどる亀ヤプシ」、「ハヴァナイスデー」と3ヶ月連続でAlbumをReleaseしてたときの1枚。当時に子供に人気がないと言われていたユニコーンが子供をターゲットにした1枚で、亀のイラストと初回の完全限定生産盤は飛び出す絵本仕様になっている。その割にはぜんぜん親しみやすい曲では少なく、民族音楽やボサノバなどなどそれまでの音楽性とは一線を画している。ともかくレアなユニコーンになってる。しっかし、この飛び出す絵本仕様の限定盤、当時2,800円だったものが今の相場では7,980円前後だった。結構いい値がついてた。
 ちょっと曲について書いてみる。
・M-01「初恋」:堀内一史作詞作曲。いきなり民族的な太鼓の音色で始まるOpenning Tune。ケチャのようなリズムにあって、♪いじめちゃうけど 緑亀あげるね これが恋か♪。今でもアバンギャルドな1曲。
・M-02「ママと寝る人」:阿部義晴作詞作曲。軽快でサスペンス調。♪さんざん からんで 大きないびき ぼくのパパ パジャマもうらがえし♪。ほのぼの。
・M-03「12才」:手島いさむ作詞作曲。テッシーの曲に民生が高音で歌いあげている。大袈裟なGuitarのリフとか琴の音色とか微妙にいい。
・M-04「ボサノバ父さん」:奥田民生作詞作曲。ユニコーン風ボサノバで、ともかくゆるい。♪もう父さんは 眠くなったな 部屋にいるから 何かあれば 呼びなさい♪、なんかいい。
・M-05「PTA ~光のネットワーク~」:奥田民生、阿部義晴作詞。奥田民生阿部義晴、小西康陽作曲。あの当時の光GENJIとTM NETWORKをパロった打ち込みサウンドで、民生が宇都宮隆のモノマネで歌ってるのが最高だった!
・M-06「俺の走り」:阿部義晴作詞作曲。和の心とABEDONの叫びのClosing Tune。

 2019.3.27にReleaseされる「UC100V」、ダラダラ待つ。

● おどる亀ヤプシ/Unicorn (1990/Album)
M-01. 初恋
M-02. ママと寝る人
M-03. 12才
M-04. ボサノバ父さん
M-05. PTA ~光のネットワーク~
M-06. 俺の走り
* Produced by Unicorn.
* Directed by Michiael Hanadi.
* Recorded by Tetsuya Morioka.
* Mixed by by Joe Blaney.
* Matered by Greg Calbi at Sterling Studio.
* CSCL-1546 1990 CBS/Sony Group Inc.

cf. Unicorn My CD/DVD List
- Boom (1987/Album)
- Panic Attack (1988/Album)
- 服部 (1989/Album)
- ケダモノの嵐 (1990/Album)
- おどる亀ヤプシ (1990/Album)
- ハヴァナイスデー (1990/Album)
- ヒゲとボイン (1991/Album)
- Springman (1993/Album)
- ユニコーン・トリビュート/Various Artists (2007/Album)
- Wao! (2009/CDS)
- Chambre (2009/Album)
- MOVIE 12・UNICORN TOUR 2009 蘇える勤労 2009/4/1/YOKOHAMA ARENA (2009/DVD)
- 勤労ロードショー~LIVE IN JAPAN~ (2009/Album)
- 裸の太陽 (2010/CDS)
- Z (2011/Album)
- ZⅡ (2011/Album)
- ユニコーン・カバーズ/Various Artists (2013/Album)
- イーガジャケジョロ (2014/Album)
- ゅ 13-14 (2016/Album)

| | TrackBack (0)

Thursday, March 14, 2019

「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.19:10-FEET x go!go!vanillas」(SPACE SHOWER TV)を観た

Liveholic_10feet

Liveholic_gogovanillas

 スぺシャで放送された10-FEETgo!go!vanillasの対バン「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.19:10-FEET x go!go!vanillas」について。
 これ、Space Shower TVとuP!!!が主催するLive Event「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」の第19弾として行われた10-FEETとgo!go!vanillasの対バンLive。2018年11月11日に金沢 Eight Hallで開催されたもので、なかなか貴重なLive。
 まずはgo!go!vanillas。ちょいちょいFesとかの映像を観ているけど、このBandのどこか西部劇的なRockがほんと他にないと思う。特によかったのは、「ヒンキーディンキーパーティークルー」、シンガロングが気持ちよさそうな「おはようカルチャー」、リフの完全勝利な「平成ペイン」あたり。音源聴きたい。
 そして、10-FEET。変わらない熱さとKIDSへの愛にあふれたStage。特によかったのは、初期のPower Punkの「SHOES」、Live Houseが揺れた「goes on」、この曲はいっつも熱さをくれる「その向こうへ」あたり。
 いい対バン番組だったと思う。

● On Air Set List:uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.19:10-FEET x go!go!vanillas (SPACE SHOWER TV)
M-01. ヒンキーディンキーパーティークルー/go!go!vanillas
M-02. おはようカルチャー/go!go!vanillas
M-03. カウンターアクション/go!go!vanillas
M-04. 平成ペイン/go!go!vanillas
M-05. No.999 (MV)/go!go!vanillas
M-06. SHOES
M-07. goes on
M-08. ヒトリセカイ
M-09. その向こうへ
M-10. VIBES BY VIBES
M-11. その向こうへ~from「OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS!Ⅶ (DVD)
* Filmed Live at Kanazawa Eight Hall on 11th.Nov 2018,
* (C) 2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

「マキシマム ザ ホルモン特別番組『それからの麺カタコッテリの話をしよう』」(SPACE SHOWER TV)を観た

Mth_sorekaraspaceshower

 去年楽しませてもらったマキシマム ザ ホルモンの「これからの麺カタコッテリの話をしよう」(2018/CDS+Comic)。このネタを記念したスペシャの特別番組「それからの麺カタコッテリの話をしよう」、やっと観れた。
 去年2018年11月28日に発刊された「これからの麺カタコッテリの話をしよう」の2週間後の状況としてこの番組は作られているんだけど、まずは購入特典"BIG4!"の中から、"腹ペコえこひいきグルメクーポン"のそれからが紹介される。変装したナヲと上ちゃんがクーポン取扱店である武蔵境の「ラーメン きら星」と浅草の「蕎麦 末広」に潜入するというもの。ホルモン愛にみちた腹ペコの店主たちの戸惑いと驚きの笑顔を最高だった。
 そして幻のジェネリック盤のこと。漫画もCDも特典もついた通常盤 2,992円に対して、このCDだけを聴きたい人用のバージョンであるこのジェネリック盤の価格は 3,030円という設定も笑えるし、このジェネリック盤購入者へのプレゼントとして、スギちゃんが買ってきたのがファンモンのVEST盤"LOVE"というのも最高だった。
 これ以外にも、いままでイジリまくったファンキー加藤が登場するし、PVは観れるしほんと楽しい番組だった。

● On Air Set List:マキシマム ザ ホルモン特別番組「それからの麺カタコッテリの話をしよう」(SPACE SHOWER TV)
M-01. 拝啓VAP殿
M-02. maximun the hormone Ⅱ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~
M-03. 小さな君の手
* (C) 2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Wednesday, March 13, 2019

「いと-運命の子犬-/原田マハ(文)・秋元良平(写真)」を読んだ

Mahaharada_ito ほんと読みまくってる原田マハ。文は原田マハ、写真は秋元良平共著の「いと-運命の子犬-」(文藝春秋)を世田谷中央図書館で借りて読んでみた。
 これ、日本でもやっと認知度が高まってきた「介助犬」を題材にした物語。介助犬の候補犬だったけど、その道から愛されるペットへとキャリアチェンジした「いと」のその後を描いている。で、介助犬とは手足に障害のある人の日常生活動作を介助するように訓練された犬のこと。この主人公の「いと」はゴールデンリトリバーとラブラドールリトリバーの血をひく犬で、表情もゆたかだけど、ちょっとだけビビりのところがあった。そんな「いと」は1年ほどパピーホームである大田家に預けられ、その後キャリアチェンジし、鹿内家のペットとして愛されていた。そんな2つの家族と「いと」との絆を描いているんだけど、これがほんとに泣ける。特に鹿内家の奥さんに障害が襲い、ベッドにいる奥さんに寄り添う「いと」の姿にジーンとくるし、大田家の人々が鹿内家へ訪問し、ひさしぶりに「いと」に会うシーンで完全に涙腺が壊れた。
 やっぱり、LoveとPeaceがいるだけで、自分の生活は一変したし、わんこ中心に生活になったけど、その時間が本当に楽しい。最近、LoveもPeaceもちょっとした病気にかかり、その治療のための通院が続いているけど、なんとか元気になってほしいと思う。ともかく、この本、「いと」の写真もたくさん載っていて、わんこ好きにはたまらない1冊だと思います。

cf. 原田マハ 読破 List
- カフーを待ちわびて (2006)
- 一分間だけ (2007)
- ランウェイ☆ビート (2008)
- さいはての彼女 (2008)
- キネマの神様 (2008)
- 花々 (2009)
- 翼をください (2009)
- 本日は、お日柄もよく (2010)
- 星がひとつほしいとの祈り (2010)
- まぐだら屋のマリア (2011)
- 永遠をさがしに (2011)
- いと-運命の子犬-/原田マハ(文)・秋元良平(写真)
- 楽園のカンヴァス (2012)
- 旅宿おかえり (2012)
- 生きるぼくら (2012)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)
- ジヴェルニーの食卓 (2013)
- 総理の夫 First Gentleman (2013)
- 翔ぶ少女 (2014)
- 太陽の棘 (2014)
- 奇跡の人 The Miracle Worker (2014)
- あなたは、誰かの大切な人 (2014)
- 異邦人(いりびと) (2015)
- モダン (2015)
- 暗幕のゲルニカ (2016)
- デトロイト美術館の奇跡 DIA:A Portrail of Life (2016)
- リーチ先生 (2016)
- 恋愛仮免中/奥田英朗・窪美澄・荻原浩・原田マハ・中江有里 (2017)
- アノニム (2017)
- たゆたえども沈まず (2017)
- いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (2017)
- スイート・ホーム (2018)
- フーテンのマハ (2018)

| | TrackBack (0)

«Lantern/肉バル&ワイン ランタン@有楽町