« 何と言う | Main | 「FAHRENHEIT 9/11」を観た »

Sunday, August 29, 2004

2004年の8月に聴いたものを

blogをやりたかった理由の一つに、自分がそのとき聴いた音楽で思ったことを書きたいことでした。とりあえず、2004年の8月に聴いたものを書いてみます。やはり、 Rock In Japan Fes(RIJF)にいったということもあり、J-POP中心になってますね。

ちなみにこれを書きながら、聴いたのは

- 「犬は吠えるがキャラバンは進む/小沢健一」

 - 「Decade Of Decadence/Motley Crue」

- 「Heliocentric/Paul Weller」でした。

・ リライト/Asian Kung-Fu Generation(CDS)

 Asikan_Rewrite.jpg 「ループ&ループ」に続くロックナンバー。ギターのリフが最高。12月の武道館単独ライブのチケット取れないかな。

 ・ 月に咲く花のようになるの/Sambomaster(CDS)

 Sambo_TsukiNiSaku.jpg アジカンとこのサンバマスター、ほんとはまってます。山口氏の「だからギターを弾くわけですよ!」という言葉が最高ですし、最近減ったワビサビを感じられます。9/1(水)にYO-KINGの新曲「審美銃」が出ますが、これにサンボマスターは参加しているとのこと。買わないと。

・ 美しき日本語ロックの道と光/Sambomaster(Album)

Sambo_Utsukushiki.jpg で、アルバムも聴いてみました。収録曲「そのぬくもりに用がある」はいい曲ですね。 PS.I君、またカラオケで「美しき人間の日々」を絶唱しましょう。

 ・ 君にBUMP/Ketsumeishi(CDS)

 Ketsume_KimiBump.jpg いやー、いいですね、ディスコサウンド。僕が学生の頃行っていたディスコ(リー○ェンシー。恥ずかしい。)では、基本的にかかる曲は、はやりモンのユーロビート系でしたが、午前3時ごろにきまってかかる最後の曲は、EW&FのPhil Bailyも参加した「Easy Lover/Phil Collins」でした。踊り狂う井出○っきょさんをよく見かけたことを、この曲を聴いて思い出しました。

 ・ ケツノポリス/Ketsumeishi(Album)

 Ketsume_Ketsu1.jpg で、ケツノポリス2/3は聴いていたのですが、メジャーでの1st Albumを改めてチェックしました。私は八王子出身なので、お近く出身の彼らの書く曲(たとえば「トモダチ」など)で、浅川(多摩川の支流)とかの土手の光景、3両編成の八高線、高尾山に落ちる夕陽などの絵を思い浮かべてます。

 ・ The Day Dragged On/Dragon Ash(MiniAlbum)

 ・ Public Garden/Dragon Ash(MiniAlbum)

・ MobSquad/DA,Source,麻波25 (Album)

 DA_TheDay.jpg DA_PublicGarden.jpg DA_MobSquad.jpg RIJFの感動も冷めないうちにと、CDで持っていなかったこの3枚を買いなおしました。特に2枚のMiniAlbumは今改めて聴くと、HipHop文脈で語られがちなDAですが、The Blue Heartsなど日本語パンクの影響受けたミクスチャーであったことを、再認識。

・ Live in Hyde Park/Red Hot Chili Peppers (Album)

 Rechili_LiveHyde.jpg ミクスチャー系の流れでレッチリですが、The Rock Odyssey 2004に行った友達に聞くと、すごかったようですね。このライブはイギリス・ハイドパークでの公演を収めたものですが、2枚組みのボリュームにもかかわらず、一気に聴けます。「We Will Rock You」のイントロをやるなど、随所にイギリス人に配慮した姿勢が笑えます。 PS.しかしこの夏は洋楽CDをあまり買いませんでした。9/BのOasisのDVD,Bjorkの新譜、Stonesのライブ盤、The Musicの新譜、U2の新譜など今後リリースラッシュが続きます。StarWarsのDVDもあるし、Killbill2も出るので、どんどんお金が減っていくでしょう。とほほ...。

 ・ Live Forever-The Best Of Britpop- (Album)

 LveForever.jpg ブリットポップの狂騒を描いた映画「 Live Forever」(まだ見ていない)の公開に伴い様々なオムニバス盤が各国から出てます。私のはVirgin盤です。オアシス/ブラー以外にもいいバンドがあの時代にもありました。ハピマン/パルプなどは最近聴いてませんが、ケミカル/プライマル/マニストなどいまだに聴きまくってます。どうも映画は見に行けそうにないので、DVDになったら見たいと思います。

・ OceanLine/Begin (Album)

・ TRUNK/HY (Album)

 Begin_OceanLine.jpg HY_Trunk.jpg 沖縄系ではこの2枚。ビギンについては、実は今までまともに聴いたことはなく、想像通り癒されますね。まじで一五一会(弦が4本しかないけど引きやすいといわれてるギター?)を買おうかと思いました。で、HYの3rdAlbumですが、RIJFで見た印象はまずまずだったんですが、ミクスチャーのにおいが減り、ちょっとメロディック路線が強すぎるかなと思う。もっと聴いてみないとわからないけど。

 ・ ファンデリア(おまけつき)/Quruli (MiniAlbum)

 Quluri_Fanderia.jpg くるりのビデオクリップを集めたDVD「くるくる鮨」を買った勢いで、購入。若いですね。「モノノケ姫」はいい曲です。

 ・ PLAYLIST/HMV (販促用コンピAlbum)

 HMV_Playlist.JPG これは「くるくる鮨/Quruli」を買ったら、HMVさんでいただきました。新進若手の日本ロックを集めたコンピレーションでしたが、よかったです。ちょっと気になっていた、ロストインタイムやストレイテナーなども収録されており、得した気分です。またやって欲しいです、この企画。>HMVさん

 ・ The Sun/Motoharu Sano and The Hobo King Band (Album)

 Motoharu_Sun.jpg ひさびさに聴く佐野元春氏。高校生のときの新宿厚生年金にて見た最初のライブが1983年のSomeday Tourですから、もう20年以上もお付き合いしていることになります。初回限定盤についていたDVD映像を見ると、正直老いを感じますが、人のことは言えないので、末永くおつきあいいたします。

 ・ Galaxy/Rip Slyme (CDS)

 ・ 夕焼けファルセット/175R (CDS)

・ 砂鉄/The High-Lows (CDS)

 ・ 僕が一番欲しかったもの/Noriyuki Makihara (CDS)

 Rip_Galaxy.jpg 175_Yuyake.jpg Hoghlows_Satetsu.jpg Macky_BokuGaIchiban.jpg で、聴いてみました。リップのは夏のParty Tuneだし、175はお得意青春ロックだし、レコード会社を立ち上げたハイロウズもいつもの通りのロックだし、槇原敬之氏は上質ポップスだし、まあ一応押さえたという気分です。

 ・ Soldier/Pushim (CDS)

 ・ 月凪/Tokyo Ethmusica (CDS)

 Pushim_Soldier.jpg TokyoEthmusica_Tsukinagi.jpg この2アーティストはこれが初めてです。まず、Pushimですが、今までの数あるReggae女性ボーカルの中で、声量とリズム感はすごいですね。ダンスホール系として十分生き残りそう。次の東京エスムジカですが、これはちょっと静観という感じ。もっともっとアジア要素が入ってくると聴きたくなりそうです。いずれにせよ、この2組を暖かく見守ろうと思う。

|

« 何と言う | Main | 「FAHRENHEIT 9/11」を観た »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/1303975

Listed below are links to weblogs that reference 2004年の8月に聴いたものを:

« 何と言う | Main | 「FAHRENHEIT 9/11」を観た »