« Buzz・JAPAN RockFes2004特集号 | Main | monoマガ「男はコレクションを止められない!」を読んだ »

Monday, September 06, 2004

「審美銃/Yo-King」「真心COVERS」を聴いた

 最近、真心Bros系で2枚のCDが発売された。現在活動休止中ですが、今年はデビュー15周年らしい。まず1枚は、 サンボマスターとの競演によるYo-Kingの新曲「審美銃」(CDS)。いい感じで、サンボマスターの勢いとYo-Kingのひねくりぶりが融合されたロックナンバー。彼らは10歳以上年が離れてると思いますが、いい感じでまとまってます。次は、奥田民生、PUFFY、YUKI、忌野清志郎さん、スカパラ、サンボマスター、スネオヘアーなどが参加しているトリビュート「 真心COVERS」。奥田さんの「空にまいあがれ」は肩の力が抜けてていい感じですが、結構気に入ったのはPUFFYさんの「人間はもう終わりだ!」でした。真心さんが歌ってたときより、空虚感・刹那感が増強されています。次のカラオケでは絶対はずせないと思いました。

|

« Buzz・JAPAN RockFes2004特集号 | Main | monoマガ「男はコレクションを止められない!」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/1373419

Listed below are links to weblogs that reference 「審美銃/Yo-King」「真心COVERS」を聴いた:

« Buzz・JAPAN RockFes2004特集号 | Main | monoマガ「男はコレクションを止められない!」を読んだ »