« スペイン料理屋にて | Main | サンボマスター SHIBUYA-AX 2005.03.30 »

Saturday, January 08, 2005

Star Warsスピンオフ小説「スター・ウォーズ セスタスの偽り」を読んだ

  Star Warsスピンオフ小説「Star Wars:The Cestus Deception by Steve Barnesスター・ウォーズ セスタスの偽り/スティーブン・バーンズ」を読み終えた。
  この小説の設定は、スピンオフ小説「 スター・ウォーズ 破砕点」の約半年後。長期化するクローン大戦の中、ジェダイ・キラーと呼ばれるバイオ・ドロイドを開発した惑星セスタスが、独立星系連合のドゥークー伯爵からの大量発注を受ける状況の中、オビ・ワンケノービとキット・フィストーがこの計画を阻止すべく、クローン軍の精鋭をつれて、惑星セスタスに向かう内容。個人の個性に目覚めたクローン・トゥルーパーがこの小説のほんとの主人公か。
  いろいろ楽しみながら、来年のEPISODE IIIの公開を待つしかない。

|

« スペイン料理屋にて | Main | サンボマスター SHIBUYA-AX 2005.03.30 »

Star Wars」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/2505142

Listed below are links to weblogs that reference Star Warsスピンオフ小説「スター・ウォーズ セスタスの偽り」を読んだ:

« スペイン料理屋にて | Main | サンボマスター SHIBUYA-AX 2005.03.30 »