« Star Wars Figures #20Star Wars Figures #20 | Main | 文琳 »

Monday, April 11, 2005

「Waiting For The Siren's Call/New Order」を聴いた

  久しぶりのNew Orderの新譜「Waiting For The Siren's Call」(2005/Album)。
  まず全体を聴いての印象は、とっても懐かしい。ちょうど会社に入る前、2-3ヶ月ほどUSで遊んでましたが、ちょうどGeorge Town Universityに留学していた友達を訪ねにWashington D.C.に行きました。その時金がなく、大学の寮に泊まらせてもらいました。そこで知り合った学生さんの愛聴盤が1989年に発売されたNew Orderの「Technique」というAlbumで、早速大学の生協みたいな売店でCasetteを買って、Walkmanで聴きまくりました。今思うと、この「Technique」でAcid Houseというジャンルが確立されたと思います。今のThe Chemical BrothersとかDaft PunkとかのDanceブームって、みんなNew Order's Chiidrenって気がしてきました。で、この新譜「Waiting For The Siren's Call」は、どこか「Technique」に似た懐かしい感じ。POPで、いい意味で淡白で何回も聴けるAlbumかと。
  お薦めは、New OrderらしいAcoustic Guitarを殺さないFlame Workの2曲目「Hey Now What You Doing」、厚いBeatがかっこいい5曲目「I Told You So」、まるで80年代という感じの9曲目「Guilt Is A Useless Emotion」。
  それにしても、New OrderのCD Jacketってマジで好み。今回の白地にオレンジの「No」って、CD Shopで並んでるところを見ると壮観だ。Artworkまで、はずさない彼らに脱帽。とりあえず、Casetteしかない「Technique」をCDで買い直しだ。

|

« Star Wars Figures #20Star Wars Figures #20 | Main | 文琳 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/3649449

Listed below are links to weblogs that reference 「Waiting For The Siren's Call/New Order」を聴いた:

« Star Wars Figures #20Star Wars Figures #20 | Main | 文琳 »