« TTTLe 8 AUG.2005 | Main | Star Wars Goods #11 ~Postcard(2) »

Monday, July 25, 2005

「24-Twenty Four- Season I Vol.4,5」を観た

     Vol.1,2,3に続き、Kajitakuさんより借りて「24-Twenty Four-Season I Vol.4,5」を観た(Kajitakuさん、大変感謝!)。いやー、どんどん事件が勃発しています。Jackさんの奥さんTeriさんはこんなことになってしまうし、CTUに勤めるJackの部下Jeymmieさんもこんなことになってしまうし、1秒毎に同時多発する事件に引き込まれてしまう。ほんと24時間/Non-StopのEntertainmentに脱帽です。

で、とりあえず、WebからSeason I Vol.4,5のあらすじを。(これから観る人は読まないほうが...)

Season I Vol.4-第8話:7:00
捜査を続けていたニーナとトニーが発見したスパイは、殺されたウォルシュが最も信頼していた部下ジェイミーだった。ニーナたちは彼女を尋問するが、ジェイミーはかたくなに口を閉ざす。同じ頃、ゲインズのアジトで再会を果たしたテリーとキムはひとまず互いの無事を知って安心する。一方、パーマーの朝食会に潜入したジャックは、パーマー暗殺を強要され…。
Season I Vol.4-第9話:8:00
ジャックは間一髪でパーマー暗殺を阻止するが、逆に暗殺犯として拘束されてしまう。隙を見て逃亡したジャックは、通りがかかったウェイトレスを人質に取り、工事現場に身を潜める。一方、ニーナたちはCTUに仕掛けられた隠しカメラの存在をジェイミーから聞き出し、自分たちがずっと監視されていたことを知る。ジェイミーはそれきり口を閉ざし…。
Season I Vol.4-第10話:9:00
監禁中のテリーからCTUへ電話が入る。ニーナたちは逆探知を試みるが、あと一歩のところで場所が特定できない。また、今やCTUだけでなく、警察やシークレット・サービスからも追われる身となったジャックは、密かにニーナと連絡を取り、ジェイミーのPCに残されていた手がかりからテッド・コフェルという人物の存在を知る。同じ頃、解任されたジャックの後任アルバータ・グリーンがCTUに着任、ジャックを追い始める。一方、小学校を慰問中のパーマー上院議員は、政策アドバイザーのカールがフェラガモを始末しようとしていることを知る…。
Season I Vol.4-第11話:10:00
ゲインズのアジトでは、事件の黒幕アンドレ・ドレーゼンがテリーとキムの殺害と、アジト撤収を命じていた。それを知ったリックは、何とかキムたちを逃がそうとする。キムも彼を全面的に信頼するが…。一方、コフェルの居所を探し当てたジャックは、彼に全てを吐かせようとする。そしてコフェルの口からセビリア語が発せられたことで、2年前ジャックが軍に在籍していた頃のベオグラードでの任務が一連の事件に関係していることに気づく。しかし、すべてを聞き出す前に、コフェルは持病の心臓発作を起こしてしまうのだった…。

|

« TTTLe 8 AUG.2005 | Main | Star Wars Goods #11 ~Postcard(2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/5150791

Listed below are links to weblogs that reference 「24-Twenty Four- Season I Vol.4,5」を観た:

« TTTLe 8 AUG.2005 | Main | Star Wars Goods #11 ~Postcard(2) »