« 今日の夕飯 | Main | Paintings #12 »

Monday, July 04, 2005

日経エンタテインメント!増刊「MOVIE DX」

  初めて買った「日経エンタテインメント誌」(日経BP社)。この増刊号である「 日経エンタテインメント! 2005年7月号増刊 MOVIE DX」。特集は「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 パーフェクトガイド」。さすが日経系の雑誌であって、ありがちなStory紹介、Character解説、俳優紹介に加えて、興行成績や作品批評などの分析も詳しい。
  5/19にUSでの公開後、初日の全米興行収入は5,000万ドル、3週目時点での総興行収入は3億800万ドルという絶好調なStartを切り、総興行収入4億3,100万ドルのEP1やシリーズ最高の4億6,100万のEP4を抜く可能性が高いと言われている。これは批評家のみならず観客の評価も高いことによるものだ。
  また、載っているGeorge Lucas監督の独占Interviewでは、「民主主義と独裁制にスポットをあてた理由は?」という質問に対して、「個人的レベルではAnakinが悪に落ち、彼の息子が善へと戻す物語でも、より広い視点では民主主義が放棄され、悪人が独裁権を握るという話でもある。だけど問題は、独裁権を握る個人にではなく、その人物に独裁権を与えてしまうところにあるんだ。」と応えている。確かに、会社も政治もそうだと納得。

|

« 今日の夕飯 | Main | Paintings #12 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Star Wars」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経エンタテインメント!増刊「MOVIE DX」:

« 今日の夕飯 | Main | Paintings #12 »