« 茶夢 | Main | SCREEN 2005.10 »

Thursday, September 15, 2005

「Monkey Business/The Black Eyed Peas」を聴いた

  初めてちゃんと聴いたThe Black Eyed Peas。彼らの最新作「Monkey Business」(2005/Album)について。いきなり1曲目「Pump It」は映画"PULP FICTION"のMain Themeである"Misirlou"でグッと来ましたね。ここれから2曲目「Don't Phunk With My Heart」につながる流れは最高で、一気にはまりしたね、このAlbum。で、彼らのイメージって、ちょっと胡散臭いところもありつつも、なんかOrganicでPeacefulな印象で、勢いのあったころの Arrested Developmentに似てる気がする。ほんと独自のHip-Hop Styleを築き上げてますね。
  お薦めは、ともかくサビがダントツに心地よくて、マジかっこいい名曲の4曲目「Dont Lie」、ゆったりしたMelody LineがほんとPeacefulな9曲目「Gone Going」、御大James Brownが参加しているFunky Tuneの10曲目「They Don't Want Music」、BackでClapppingに載ったEthnic Tasteが好みの12曲目「Bebot」、猥雑でFunkな流れから美しいサビにつながる13曲目「Ba Bump」、かのStingの代表曲"Englishman In New York"をFeatureした壮大な曲の15曲目「Union」。
  それにしても、このAlbumは結構よかった。Melodiousだし、Reggae,R&B,Indian Music,Bosa Nova,Rockっぽい多様な要素がてんこ盛りだし。ともかく前作「Elephunk」も聴かないと!

|

« 茶夢 | Main | SCREEN 2005.10 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/5950404

Listed below are links to weblogs that reference 「Monkey Business/The Black Eyed Peas」を聴いた:

« 茶夢 | Main | SCREEN 2005.10 »