« 創作ラーメン「龍舞」 | Main | COURRiER Japon 015 -7.06/2006 »

Sunday, July 02, 2006

「退屈の花-Flowers of boredom-/Grapevine」を聴いた

  で、1998年にReleaseされたGrapevineの1st「退屈の花-Flowers of boredom-」(1998/Album)を聴いた。それにしも1stとは思えない完成度の高さ。なんかジワジワきますね、これ。
  気に入った曲はまずは2曲目「君を待つ間」。タメの聴いてるRhythm隊と韻を踏んだ歌詞とサビの気持ちよさがいいです。で、3曲目「永遠の隙間」と4曲目「遠くの君へ」。斜に構えた投げやりで艶っぽい田中氏のVocalが秀逸。続いて、5曲目「6/8」。独特の雰囲気とRhythmが不思議な感じ。で、7曲目の「涙と身体」。なんか切ない歌詞と重めの曲がかっこいい。このAlbumで一番かも。
  ここ最近、結構聴いてるGrapevineだけど、彼らの音楽って一過性の流行ではなく、彼らならではの違う雰囲気や匂いがありますね。なんか投げやりな感じがいいです。ともかく、今聴いてもぜんぜん褪せてないバインの1stでした。

|

« 創作ラーメン「龍舞」 | Main | COURRiER Japon 015 -7.06/2006 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/10763553

Listed below are links to weblogs that reference 「退屈の花-Flowers of boredom-/Grapevine」を聴いた:

« 創作ラーメン「龍舞」 | Main | COURRiER Japon 015 -7.06/2006 »