« 高桑常寿写真展 アフリカ・ミュージシャンの肖像 | Main | THE夢人島 Fes.2006 浜名湖ガーデンパーク 2006.8.26 & Primal Scream Zepp Tokyo 2006.9.20 »

Tuesday, July 18, 2006

「Here/Grapevine」を聴いた

  1st「 退屈の花-Flowers of boredom-」、2nd「 Lifetime」に続いて聴いたGrapevineの3rd「Here」(2000/Album)。印象はいい意味で地味で骨太なAlbum。1stや2ndと比べて、音が濃い。ガッツリ、ぶ厚いSoundがまじでかっこいい。
  で、好きな曲を。まずは2曲目「Reverb(Jan.3rd Mix)」と3曲目「ナポリを見て死ね」。ともに厚い音やエッジの効いたGuitarが好みです。で、4曲目「空の向こうから」。このMeldy Lineはほんと綺麗だし、歌詞がなんか共感できるし、泣かせる感じ。このAlbumで一番好きな曲です。続いて5曲目「ダイヤグラム」。じわっと来るRockなBallad。で、CDSにもなった「羽根」。適度なHeavyさを持ちながら、決して重苦しくない佳曲。IntroからのMinor Codeが渋いです。で、9曲目「here」。「君や家族を/傍にいる彼らを/あの夏を そういう街を/愛せることに今更気付いて/突き抜ける身体を/胸躍らせ/移りゆく時間の水脈/あなただけ/見失わぬよう/手 離すなって/声が聞こえたなら/思いがけない人へ」。こんな日常的な歌詞がなんかいいです。
  というわけで、この「Here」、ほんと伝統的な横ノリRockという感じでよかった。重いRhythm隊、からむTwin Guitar、そして、田中和将氏のVocal。いいバランスになっている。ともかく世間無視な態度、貴重なBandだ。

|

« 高桑常寿写真展 アフリカ・ミュージシャンの肖像 | Main | THE夢人島 Fes.2006 浜名湖ガーデンパーク 2006.8.26 & Primal Scream Zepp Tokyo 2006.9.20 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/11000842

Listed below are links to weblogs that reference 「Here/Grapevine」を聴いた :

« 高桑常寿写真展 アフリカ・ミュージシャンの肖像 | Main | THE夢人島 Fes.2006 浜名湖ガーデンパーク 2006.8.26 & Primal Scream Zepp Tokyo 2006.9.20 »