« 世田谷停電 | Main | SWITCH Vol.24 »

Monday, August 14, 2006

「King Master George/Fishmans」を聴いた

  映画「 The Long Season Revue -ザ・ロング・シーズン・レヴュー-」を観て以来、個人的にFishmans再燃の中、LIVE DVD「 若いながらも歴史あり 96・3・2@新宿LIQUID ROOm」、1st Album「 Chappie,Don't Cry」に続き、今から14年前にReleaseされた2nd Album「King Master George」(1992/Album)を聴いた。いくつかの作品Review記事によると確かに、遊び心とアイデアが詰め込まれたバラエティーに富んだ作品とのこと。そして、この要因のひとつに、Producer 窪田晴男氏の影響が大きいと書いてある。確かに元パール兄弟だし、ほんと「(3曲目の"シーフードレストラン"など)え、これ、FishmansのAlbum!?」って思えるほど、音楽的なアイデアがうまく盛り込まれた作品になっている(もちろん、後々のReggae、Dubの原石を残しながらだけど...)。
  で、好きな曲を書いてみる。まずは1曲目「いい言葉ちょうだい」。ちょっと重めでDub的な要素がいい。続いて2曲目「影ドロボウ」。なんかFishmansにしては性急なBeatに、やさしい歌詞がいい。で、7曲目「なんてったの」。刻まれるBassの音が心地いい。そして9曲目「100ミリちょっとの」。これって、Singleとして先行Releaseされていて、今思えば、1992年当時、自分はこの曲で初めてFishmansに出会ったのでした。そして、10曲目「頼りない天使」。この曲、数あるFishmansの曲のなかでも、まじで好きな曲のひとつ。この前も
ロングシーズン-佐藤伸治詩集」について書いたけど、まずは "なんて不思議な話だろう  こんな世界のまん中で  僕が頼りだなんてね" といった歌詞がともかく最高。曲も気持ちいいし、ゆったりしてるときに思わず口ずさんでしまうほど、自分の中に溶け込んでる。

|

« 世田谷停電 | Main | SWITCH Vol.24 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/11437794

Listed below are links to weblogs that reference 「King Master George/Fishmans」を聴いた:

« 世田谷停電 | Main | SWITCH Vol.24 »