« 地球の歩き方 - オーストラリア - | Main | かまどか »

Tuesday, October 03, 2006

「Another Sky/Grapevine」を聴いた

  最近聴きまくってるGrapevine。1st「 退屈の花-Flowers of boredom-」、2nd「 Lifetime」、3rd「 Here」、6th「イデアの水槽」、7th「 deracine」に続き、今回聴いたのは5th Album「Another Sky」(2002/Album)。このAlbumも、轟音と静寂と退屈な感じがうまーく同居してて、気持ちよくなれます。
  で、好きな曲を書いてみる。まず、1曲目「マリーのサウンドトラック」。なんかまったりとした気だるさ、耳の奥で鳴る大流した感じがいいです。で、2曲目の「ドリフト160(改)」。1曲目の気だるさとこの2曲目の疾走感。このGapによって、一気にAlbumに引きずり込まれる。3曲目「BLUE BACK」。これ、めちゃ好きって感じじゃないんだけど、なんかバインらしくない能天気さが個人的に新境地。で、5曲目の「それでも」。いいな、このゆったり感。もう過ぎてしまったけど、くそ暑い夏に聴いたら気持ちいいかも。そして、6曲目「Colors」。この曲の深ーーいタメ、深遠な感じがゾクッとくる。これはほんと名曲かと。で、7曲目の「Tinydogs」。Introの重いGuitarの音からしリ上がりに轟音だけどPopな感じに行くところが、真骨頂。これはぜひLiveで聴きたい曲。サビの田中氏のVocalもかっちょいい。続いて8曲目の「Let me in ~おれがおれが~」。この曲は前へ前へという疾走感、切迫感が凄い。この轟音、この音圧、ほんと完成度の高いRock Music。そして9曲目「ナツノヒカリ」。いつ聴いても永遠に続きそうな夏が伝わってくる。Melodyが美しい佳曲。で。10曲目「Sundown and hightide」。ちょっと切ない感じのMelody Lineがいい。そして11曲目「アナザーワールド」。綺麗で重くて、サビのGuitarリフは哀愁あって、はき捨てながらも大事に歌ってるVocalもよくて、このAlbumで一番好きかも。
  というわけで、聴きながらこのコメント書いてるんだけど、あらためてこのAlbum、駄曲がない。その上、Album全体を通しての流れもいいです。聴けば聴くほどよくなるAlbumだ。で、この夏の RIJF2006、8/6(日)Lake Stageで初めて聴いたGrapevineのLive。轟音の中の音の圧力が凄かったし、ずっとその中に居たいと思った。またLive、絶対行きたいぞ。

|

« 地球の歩き方 - オーストラリア - | Main | かまどか »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/12138633

Listed below are links to weblogs that reference 「Another Sky/Grapevine」を聴いた:

« 地球の歩き方 - オーストラリア - | Main | かまどか »