« 「World Trade Center/ワールド・トレード・センター」を観た | Main | wine beer and Dine"CORNER'S" »

Sunday, November 26, 2006

「few lights till night/Dragon Ash」を聴いた

  ちょっと前の9月にReleaseされたDragon AshのCDS「few lights till night」(2006/CDS)を書いてみる。このSingleは「 Ivory」に続く2006年2枚目のCDS。ちなみに12/6にNew CDS「夢で逢えたら」がRelease予定。これも楽しみ。
  まずはTitle曲「few lights till night」。Latin Flavorをベースに、静けさから性急なサビまでほんと綺麗なBallad。Melody,Lyrics,Arrangeなどトータルで完成度が凄い。PVもよかったし、ほんとDragon Ashらしい切なく優しい感じが聴く人を守ってくれるよな。秋から冬にかけてのこの季節にJust Fit。続いて2曲目は「stir」。これもAcousticベースだが、いい感じでLatinしてる。砂漠とか夕陽とか場末って感じの荒廃感が伝わる。かっこいいです。で、Lastは「sleep tight」。これも優しいLove song。英詞なのもいいかも。
  それにしてもこの「few lights till night」はいい曲。夏の野外Fesで聴けたら最高だったと思う。ちなみに自分が参加した" RIJF2006"ではこの曲をPlayしたようだけど、泥酔で見逃したし、サザンの" THE 夢人島 Fes.2006"のStageではPlayしてなかった。つくづく、RIJF2006でDragon AshのStageを見逃したのは、一生の不覚...。

|

« 「World Trade Center/ワールド・トレード・センター」を観た | Main | wine beer and Dine"CORNER'S" »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/12833514

Listed below are links to weblogs that reference 「few lights till night/Dragon Ash」を聴いた:

« 「World Trade Center/ワールド・トレード・センター」を観た | Main | wine beer and Dine"CORNER'S" »