« 「Stop The Clocks/Oasis」を聴いた | Main | 博多白天 #2 »

Saturday, December 30, 2006

COUNTDOWN JAPAN 06/07 / Makuhari Messe Hall 1-8 / 2006.12.29

 というわけで、後輩I君と行ってきました"COUNTDOWN JAPAN 06/07"。"場所は幕張メッセ ホール1-8"。ともかく、冬のRock Fes.は人生初。めちゃめちゃ楽しかった。では、Reportします。長文失礼。

 11:30過ぎに後輩I君と海浜幕張駅で待ち合わせ。今回のFes.は開場11時、最初のLiveスタートが13:00。すでに駅は人・ひと・ヒトで混みあってる。しかも若人ばかり。"う、またもや最年長かも"と思いつつも、まあ気にしない。で、幕張メッセ自体に来たのは、ほんと久しぶり。昔、展示会等のアテンドなどで、ここにはよく来たことあるけど、遊びは初めて。いっつもイベントのアテンドは疲れるし、飲み屋は少ないし、幕張自体には、あんましよい思い出なし。

 という感じで、入り口に到着。Ticketをリストバンドに交換し、右手にしっかり装着。ダウンなどをクロークに預け、T-Shirts1枚のFes.仕様に。一気に身軽になる。で、お約束のT-Shirtsを物色。とりあえず、COUNTDOWN JAPANのOfficial T-ShirtsとbonobosのT-Shirtsを購入(買ったT-Shirtsは後でUpします)。

 で、とりあえず、Liveの前の腹ごしらえ。 Food Areaに行き、"ばっぷハウス"のタコライスをいただく。Beerと一緒で、いい感じで満腹に。それにしても、この幕張メッセ、いつも仕事行っていた場所とは思えないほど、楽しげな空間になってる。ずらーと並んだFood店、ガンガン音が漏れてるDJ Booth、rockin onの書籍売り場、Lismoのコーナー、そして救護コーナー。幸せな祭典が繰り広げられていた。うーん、来てよかった。嫌がおうにも、笑顔がもれてしまう。さ、お腹もいっぱい、くるりのLiveだ。

 約2万人が入るEarth StageでくるりのLiveを待っていると、聴きなれたツッェペリンの"Rock'n Roll"が流れ出す。Fes.恒例の渋谷陽一氏による朝礼が始まる。「今年は27,000人まで収納人員を上げた」とか「Eatrh Stageの丸いセットを組み上げるのに、15時間かかった」とか「音圧さらに上げた」とか「モッシュ禁止」とか、渋谷氏が語りまくってた。長めの朝礼の後、ほんとにくるりのLiveが始まった。

1) 13:00(Earth Stage)~くるり

 いきなり岸田氏はパーカーを被って登場したが、金髪モヒカンになっている。思わず、苦笑。で、"ワンダーフォーゲル"でLiveがStart。いきなりのアンセムで、涙が出そうになった。"Ring Ring Ring!","Bus To Finsbury","Baby I Love You"といった新らしめの曲から、"マーチ","GO BACK TO CHINA","すけべな女の子"まで新旧バランスのとれた選曲。途中、「最近どんどん良い曲ができてる。その中で一番どうでもいい曲をやります」といって演奏された"ベーコン アンド エッグ"という新曲。サビが"黄身"だったり、"ベーコンは塩味でこんがり焼けた"とか、"夏の日に僕と君はこんがり焼けた。で、流れる汗は塩味"とか、ほんと脱力系Rock'n Roll Song。思わずニヤっとなる。で、これ以外のMCも、「夕べ幕張の海岸を歩いて、オリオン座とかが見えて、ケンシロウのことを考えた」とか、ほんと、岸田氏の京都弁MCはいい感じだ。で、後半は"ロックンロール"で、Lastは"東京"。やっぱ、"東京"って最高な曲だ。それにしても、今年は" 1/8 日本武道館"、" 8/4 RIJF2006"、" 9/26 Zepp Tokyo"そして今日と、4回もくるりのLiveを楽しめた。うーーん、いい1年だったなぁ。

2) 14:05(Galaxy Stage)~Theピーズ

 で、今から15-6年前、"グレイテスト・ヒッツ"という2枚のDebut Albumで好きになったTheピーズ。身も蓋もないしょーもないRockにめっちゃはまったBand。で、初めて彼等のStageを観ることに。で、1曲目は"サイナラ"。"とどめをハデにくれ","生きのばし","ノロマが走っていく"など、いい感じの選曲。途中、「おっさんだぁ!」とかハル氏のしょーもないMCに笑いながら、枯れてるけど、熱いRockが満載。で、うれしかったのは。個人的に好きな曲"日が暮れても彼女と歩いてた"を演奏してくれたこと。これは泣けたね。そんな感じでLive終了。長くRockを聴いててよかったと思えた時間だった。

  ここで、小休止。フジファブリックを観てた後輩I君とFood Areaで合流。で、"みなと屋"で、ハム焼(これ、食べたかったんだよねぇ~)、イカ、ホッケ、サバなど茨城の海産物に舌鼓。で、一気に飲み会モードに突入。ビール2杯、Zima1杯、焼酎3杯と一気にできあがる。お仕事してる夏のFesメンバーに酔っ払って、メールうったりして、楽しい、楽しい。近くのDJ Boothでは、マッチの"ギンギラギンにさりげなく"とか、Blue Heartsの"ひとにやさしく"など、ガンガンかかってる。いやー、夏のひたちなかも至福だったけど、冬の幕張も幸福な場所だ。室温もいい感じだし、さすが渋谷氏だ。 夏のサザンとは大違い! さ、タバコ吸って、俺的に本日メインのbonobosのLiveだ。

3) 17:20(Galaxy Stage)~bonobos

  もう言うことないね、このBand。いきなり、自らサウンドチェックを行い、そのままLiveに突入。DubとBack Beatにほんと酔いましたね。この冬一番気に入ってるLove Song" Standing There~いま、そこに行くよ~"も最高だったし、Lastの"Thank You For The Music"。会場がハンドクラップと大合唱。まじで、涙が出ました...。ほんと来てよかった。
  <Set List>
  01. グレープフルーツムーン
  02. 衛星
  03. Standing There~いま、そこにいくよ~
  04. Floating
  05. ライフ
  06. 光のブルース
  07. Thank You For The Music

 で、[The Verbs+奥田民生]のStageまでの間、時間があったので、DJ Boothに。ちょうど、保坂壮彦氏(soultoday)のPlay中。結構前のほうはSpaceがあった。で、かかる曲も、いい感じ。Franz Ferdinandの"Do You Want To"とか中村和義とか"君の瞳に恋してる"とかUnderworldの"Born Slipy"とか松田聖子の"天使のウィンク"とか、激しい選曲。で、Primal Screamの"Rocks"がかかったときは、まじでうれかったぞ。さ、盛り上がったところで、民生氏だ。

4) 19:20(Earth Stage)~The Verbs+奥田民生

  The VerbsにVocal/Guitarで参加してる民生氏。いきなり、Guitarlistとして楽しそうにしてる。で、民生氏がVocalをとったのは、"New York/Tokyo"(The VerbsのAlbumの曲らしい)に"ルート2","ターボ意味なし"といった車系の曲。そして、新曲"Boat of Love/愛のボート"を披露。で、この後The Verbsの曲を1曲やったが、座り込んだコンクリートでいつのまにか、仰向けに爆睡。結局、そのまま、Liveは終わってた...。ま、正直、普通に民生氏のStage、観たかったかも(井上陽水奥田民生でもよかったけど...)。

5) 20:40(Earth Stage)~東京スカパラダイスオーケストラ

 Pinkのスーツで全員登場。いきなり、"ゴッドファーザー愛のテーマ"でLiveがスタート。自分はあまりスカパラは聴いていないので、知らない曲ばかりだけど、客の盛り上がりは尋常じゃない。みんな狂ったように踊りまくってる。結構楽しくなってくる。"ルパン三世'78のテーマ"もやったし、Saxによる"追憶のライラック"もよかったし、"星降る夜に"もやってくれた。ともかく、Stageも客席も凄いことになっていた。いやー、楽しかった。

 というわけで、初参戦のCOUNTDOWN JAPAN。いやー、楽しかった。ま、室内なので、夏のFes.の開放感はないけど、快適さという意味では、申し分ない。家からも通えるし、これはこれでいいFes.だ。ほんと、行ってよかった。これ、恒例になるかも...。

 追記:で、会場で発表になった来年のFes."ROCK IN JAPAN FES.2007"。場所はいつものひたちなか。日時は、8/3,4,5の3日間。来年、Mtzk君はベルギーなんで参加無理だろうけど、絶対また行きたいぞ!! みなさん、休暇の日程、空けといてくださいな。

|

« 「Stop The Clocks/Oasis」を聴いた | Main | 博多白天 #2 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

民生で寝ましたか~。
盛り上がってよかったですね~。
#RIJF2007の開催日は認識いたしました。

Posted by: kyochan | Saturday, December 30, 2006 at 23:33

>kyochanさま
はい、爆睡です。
The Verbsという未知のBandだったうえ、酒、飲みすぎました。
幕張メッセのコンクリートの床、固くて、ちょっと冷たくて、ほてった体を冷ましてくれました。

Posted by: emam | Saturday, December 30, 2006 at 23:45

お疲れ様でした!
楽しそうですね~。よかよか~。
夏のFesは無理だけど、年末Fesはいけるかも!!
来年はぜひその方向で!!

Posted by: Jimakei | Sunday, December 31, 2006 at 00:44

>Jimakeiさま
どもども。夏、無理っすかぁ...。残念っすねぇ。
では、冬は参加ということで。
ま、レッチリで盛り上がりましょーー。

Posted by: emam | Sunday, December 31, 2006 at 00:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/13267112

Listed below are links to weblogs that reference COUNTDOWN JAPAN 06/07 / Makuhari Messe Hall 1-8 / 2006.12.29:

» COUNTDOWN JAPAN@TRACK BACK CENTER [人生イチドッキリ!]
こちらのコーナーでは COUNTDOWN JAPAN 06/07に関する トラックバックを募集しております。 お気軽にトラックバックしてください。 よろしくお願い致します。 トラックバックURL : http://ilmari.exblog.jp/4907749 Fle@Dom Official Website ****Fle@Dom 2*0*0*7 LIVE告知**** 2007.02.24(土) 渋谷TaU KITCHEN(03-5784-8088) ~FOREVE... [Read More]

Tracked on Thursday, January 04, 2007 at 10:37

« 「Stop The Clocks/Oasis」を聴いた | Main | 博多白天 #2 »