« 謹賀新年 | Main | 新年のご挨拶 »

Monday, January 01, 2007

2006年を振り返る●Music編●

  新年あけまして、おめでとうございます。もう2007年に突入してますけど、2006年を振り返る" Cinema編"、"Ramen編"に続いて、"Music編"を書いてみます(長文失礼)。
  cf.
  - 2004年を振り返る●Music編●はこちら
  - 2005年を振り返る●Music編●はこちら

  それにしても、2006年もたくさんRockを聴いたと思う。で、2006年のMy Bestの10枚は以下(Release&聴いた順)。

  01) Whatever People Say I Am,That's What I'm Not/Arctic Monkeys

  PunkでRockな疾走感にあふれている。大胆なMelody Line、Vocalの声質の良さなど、相当かっこいい。自分的には2006年にDebutしたUKの新人Bandの中で、ダントツに気に入った。それにしても彼らの平均年齢は19歳以下。ほんと今後が楽しみなBand。"I Bet You Look Good On The Dancefloor"最高。

  02) 僕と君の全てをロックンロールと呼べ/サンボマスター

  18曲70分の超大作の3rd Album。1stも2ndも良かったけど、彼等のRock'n Rollが一気に広がった。濃淡があって、動静があって、それでいて、いい意味でアンバランスだし。で、彼等のSoul Musicっていつ聴いても、ゾックとくる。それにしても、ここまで売れるとはねぇ。ま、アングラ体質が抜けきれないのが信頼できる。ほんと2006年の名盤になったかと。"二つの涙"最高。

  03) Stadium Arcadium/Red Hot Chili Pappers

  で、4年ぶりにReleaseされたRed Hot Chili Pappersの2枚組Album。このAlbumも、2006年の春先から初夏にかけて、ほんとよく聴いたなぁ。Rhythm感のある曲、枯れた曲、Funkな曲、渋い曲、まるで抒情詩のような大作Albumだった。で、ひょっとしたら、 Jimakeiさんが来年3/22の東京ドームのTicket、まわしてくれるかもしれないとのこと。これは楽しみです! というわけで、"Dani California"最高。

  04) Pearl Jam/Pearl Jam

  ほんとご無沙汰だったPearl Jam。で、レコ評などでの高評価で気になり、10数年振りに聴いたこの新譜「Pearl Jam」。思いっきり王道なRockとMellowな選曲で、結構聴きました。それにしても、Pearl Jamはほんと懐かしい。昔はよく聴いたもんだったけど、久々に聴いてちょっと感動。なんか上手に年輪を重ねたBandって、いいです。というわけで、"Life Wasted"最高。

 05) Riot City Blues/Primal Scream

  このAlbumは、昔の名盤"Give Out But Don't Give Up"を彷彿させるPrimalの原点回帰的なRock Tune Album。打ち込み系やElectoroといったHeavyなDance Bandを通過してきたPrimalだけに、音の強烈さはものすごい。やっぱ、体力のあるBandが作るRock Grooveって、聴いてる方も元気になれるもの。2006年の梅雨のうっとおしさを吹き飛ばしてくれたAlbumだった。で、"Dolls(Sweet Comin' Down)"最高。

  06) Wander Around/Caravan

  2006年に好きになったBandのひとつであるCaravan。ともかく、なんかゆったりしてるRelaxin' Musicなんだけど、なんか熱くなるMessageに溢れてる。心地よいBeatやRhythmの上で、友情とか恋愛とか大切にしている生き方とか、ちょっと感動的。でも、暑苦しくなく、心地よく自然に生きること、肩の力を抜くことの大切さを教えてくれるを伝えてくれた。このBandに会えてよかった。というわけで、"Daydream"最高。

  07) Eleven Fire Crackers/Ellegarden

  このAlbumもよかったなぁ。凄い熱気とListenerを信じるBandの姿勢と、ともかく高い音圧。これでやられましたねぇ。こんなBandが今あって、Teensとかが夢中になってる今の日本のRockシーンって、凄い幸せなことだし、なんかうらやましい。ま、そうは言っても、いまだにRockを信じてますけどね...。ともかく、このAlbumで、クソ寒い冬を乗り切ろうとしてる今日この頃。全曲好きだけど、しいて言えば、"Salamander"最高。

  08) U218 Singles/U2

  2006年は、Fatboy Slim、Daft Punk、くるり、Oasisなど、いろんなBandのBest盤がReleaseされたけど、自分的に一番思い入れが強かったBest盤が、このU2の"U218 Singles"。自分が中学・高校・大学・社会人若手時代と一番多感な時に、いつも近くにあった音楽がU2だった。就職で悩んだとき、思春期的にもやもやしてたとき、ひとり暮らしをしてたとき、20代で右も左もわからない若手社会人時代のとき、そのときどきに一番好きなBandがありつつも、なぜか大事にしてたし、勇気をもらったのがU2だった。こんなおっさんになっても、ゾクッと来ました。ありがとうございます。というわけで、"Sunday Bloody Sunday"最高。

 09) Standing There~いま、そこに行くよ~/bonobos

  なんかはまっちゃったよなぁ、このbonobosというBand。DubやReggaeをベースにした浮遊感漂う音楽が、とても優しく包んでくれる。もちろん優しいだけじゃなくて、このGroove感と選ばれた言葉が背中を押してくれる。Fishmansは今でも続いているけど、やっぱ止まってる気がする。だからその世界を、このbonobosがゆっくり埋めてくれるかもしれない。2006年に出会えてよかったBandです。"Thank You For The Music"はほんとに最高。

 10) 或る街の群青/Asian Kung-Fu Generation

  この最新Singleって、なんかずーっと残ってる。とりたてて、Asian Kung-Fu Generation史上、凄いPopとか凄いImpactがあるというわけではないんだけど、ジワジワキテル曲なんだよね。最近改めて漫画「鉄コン筋クリート」を読んだんだけど、生と死とか、信じるとか信じないとか、なんかバランスで成り立ってる世界観を、ほんと共有できてる曲だと思う。というわけで、"ソコカラナニガミエル"。

 以下、2006年に聴いたAlbumとCDSのTitleを聴いた順に書いてみます。

<2006年に聴いたAlbum>

- Team Rock/くるり
- The World Is Mine/くるり
- ジョゼと虎と魚たち-Original Soundtrack/くるり
- Curtain Call-The Hits/Eminem
- Bondi Beach New Years Eve'06/Fatboy Slim
- The Sun Live At NHK Hall/佐野元春 And The Hobo King Band
- The Chicago Story-The Complete Greatest Hits-/Chicago
- Curious George -Sing-A-Longs And Lullabies For The Film-/Jack Johnson And Friends
- Whatever People Say I Am,That's What I'm Not/Arctic Monkeys
- The Rising Tied/Fort Minor
- 自己ベスト/小田和正
- The Neptunes present...Clones/The Neptunes
- Fly Or Die/N.E.R.D
- Sample CD/101A
- ファンクラブ/Asian Kung-Fu Generation
- Daniel Powter/Daniel Powter
- The Collection/Alanis Morissette
- 僕と君の全てをロックンロールと呼べ/サンボマスター
- Musique Vol.I 1993-2005/Daft Punk
- rockin'on CD vol.3/Various Artists
- 3121/Prince
- Fine/真心ブラザーズ
- Stadium Arcadium/Red Hot Chili Pappers
- Pearl Jam/Pearl Jam
- Move By Yourself/Donavon Frankenreiter
- Riot City Blues/Primal Scream
- Who The Fuck Are Arctic Monkeys?/Arctic Monkeys
- 退屈の花-Flowers of boredom-/Grapevine
- Lifetime/Grapevine
- The Greatest Hits-Why Try Harder-/Fatboy Slim
- Chappie,Don't Cry/Fishmans
- Here/Grapevine
- イデアの水槽/Grapevine
- Wander Around/Caravan
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2006/Various Artists
- ザンサイアン/Cocco
- deracine/Grapevine
- King Master George/Fishmans
- Goal! -Music From The Motion Picture/Various Artists
- Rarities 1971-2003/Rolling Stones
- 空中キャンプ/Fishmans
- Dance To The Music/Sly And The Family Stone
- Fresh/Sly And The Family Stone
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER/くるり
- Circle And Satellites/Rooster
- Another Sky/Grapevine
- In My Mind/Pharrell
- Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)-/Bonnie Pink
- Back To Bedlam/James Blunt
- Chasing Time:The Bedlam Sessions/James Blunt
- Corinne Bailey Rae/Corinne Bailey Rae
- Ghost Hits 00-06/Soul Flower Union
- Different Strokes By Different Folks/Sly And The Family Stone
- フィードバックファイル/Asian Kung-Fu Generation
- ベスト10/喜納昌吉&チャンプルーズ
- 楽園/伊禮麻乃
- First Message/絢香
- electlyric/bonobos
- Sensuous/Cornelius
- Orange Ball/Orange Range
- Once Again/John Legend
- Eleven Fire Crackers/Ellegarden
- U218 Singles/U2
- Peace Full Piece/South
- Stop The Clocks/Oasis

<2006年に聴いたCDS>

- Let There Be Love/Oasis
- いかれたBaby・感謝(驚)・Weather Report/Fishmans
- ワールドアパート/Asian Kung-Fu Generation
- 追憶のライラック/東京スカパラダイスオーケストラ
- 星の下 路の上/佐野元春
- サファイアの星/東京スカパラダイスオーケストラ
- Wonder London-Future Calling-/杏子・326
- LIFE/Yo-King
- Burn Baby Burn/Ash
- Monday Freak/Miss Monday
- Boom/Anastacia
- Believe The Light/TRICERATOPS with LISA
- Here To Stay/Korn
- 雑念エンタテインメント/Rip Slyme
- 禁断の森/Moomin
- 手紙/サンボマスター
- 情熱と衝動/真心ブラザーズ
- Season(Life)/Fishmans
- 旅人/ケツメイシ
- Juice/くるりとリップスライム
- ラヴぃ/リップスライムとくるり
- 男女6人夏物語/ケツメイシ
- Many/奥田民生
- 魔法のコトバ/Spitz
- Magic Music/木村カエラ
- 恋のメガラバ/マキシマムザホルモン
- Ivory/Dragon Ash
- 愛しさと心の壁/サンボマスター
- DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~/Southern All Stars
- Leave Before The Lights Come On/Arctic Monkeys
- Fly/Grapevine
- few lights till night/Dragon Ash
- Standing There~いま、そこに行くよ~/bonobos
- 或る街の群青/Asian Kung-Fu Generation
- 夢で逢えたら/Dragon Ash
- Stop The Clocks EP/Oasis

~~~~~~~~~

 続いて、観たMusic Videoについて。
 ほとんどがAlbumの初回限定盤についてる映像を喜んで観てた感じで、あまりVideo自体を買うことは少なかった。

 そんな2006年、一番観たDVDがFishmans「 若いながらも歴史あり 96・3・2@新宿LIQUID ROOm」。在りし日の佐藤氏の元気な姿、全体的に漂う浮遊感あふれた空間、それらがもたらすPeacefulな時間。やっぱ、いいなぁ、Fishmans。こんな映像を観てしまうと、ずっと大事にしていきたいと思うBandだなぁ。というわけで、"いかれたBaby"まじ最高。

 では、以下、2006年に観たMusic VideoのTitleを観た順に書いてみます。

- The Neptunes present...Clones-The Eighth Planet Short Film/The Neptunes
- Film Killer Street & Live At Tokyo Dome/Southern All Stars
- Season(Life)/Fishmans
- The Greatest Hits-Why Try Harder- Bonus DVD/Fatboy Slim
- Wander Around-Caravan documentary film and Music Video/Caravan
- 若いながらも歴史あり 96・3・2@新宿LIQUID ROOm/Fishmans
- Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)- Disc3/Bonnie Pink
- Ghost Kinema 1 1/2/Soul Flower Union
- フィードバックファイル/Asian Kung-Fu Generation
- Stop The Clocks -Bonus DVD/Oasis

~~~~~~~~~

 で、最後、2006年に行ったLiveについて。CD買う量減ったけど、映画やDVD観る量減ったけど、その分Liveに行く回数が増えた2006年だった。とりあえず、日付順に書いてみます。

- 2005.12.31-2006.1.1 / Southern All Stars Live Tour 2005 みんなが好きです! / Southern All Stars / 横浜アリーナ
- 2006.1.8 / くるりワンマンライブツアー2006~はぐれメタル魔神斬り~ / くるり / 日本武道館
- 2006.2.22 / okuda tamio Cheap Trip 2006 / 奥田民生 / 昭和女子大学人見記念講堂
- 2006.4.2 / A Bigger Bang Tour / The Rolling Stones / さいたまスーパーアリーナ
- 2006.5.11 / Tour 2006 "count 4 my 8 beat" / Asian Kung-Fu Generation / SHIBUYA-AX
- 2006.8.4,5,6 / Rock In Japan Fes 2006 / Various Artists / 国営ひたち海浜公園
- 2006.8.26 / THE 夢人島 Fes.2006 -WOW!! 紅白! エンタの フレンドパーク Hey Hey ステーション・・・に泊まろう / Various Artists / 浜名湖ガーデンパーク
- 2006.8.31 / "僕と君の全てをロックンロールと呼べ"ツアー2006 / サンボマスター / Zepp Tokyo
- 2006.9.20 / Zepp Tour / Primal Scream / Zepp Tokyo
- 2006.9.24 / Instore Live / Metis / HMV Shinjuku South
- 2006.9.26 / くるりワンマンライブツアー2006~まZEPPご飯!~ / くるり / Zepp Tokyo
- 2006.11.18 / live2006 / Lip★Star / 三軒茶屋Grape Fruit Moon
- 2006.12.9 / Tour 酔杯 2006-2007 "The Start Of A New Season" / Asian Kung-Fu Generation / 横浜アリーナ
- 2006.12.29 / COUNTDOWN JAPAN 06・07 / Various Artists / 幕張メッセ

 2006年はめでたいことにサザンのCountdownで幕が開き、正月明け早々のくるり日本武道館で"ハイウェイ"に暖まり、Rockモードの民生氏に酔い、Stonesの伝統芸に涙し、アジカンの"サイレンス"にグッときて、夏のRIJF2006で真っ黒に日焼けし、サザンの浜名湖FESで途方に暮れ、サンボのPowerに圧倒され、Primalの"Rocks"にJumpして、たまたま立ち寄ったHMV新宿でMetisに出会い、くるりの"ばらの花"にホッして、後輩☆さんのLiveで「やるな!」って思ったり、アジカン横アリのBest選曲で笑ったり、勢いで冬のCOUNTDOWN JAPANに参戦したりと、どれもこれも思い出に残るものでした...。
 来年もレッチリとか行けそうだし、RIJF2007は8/3-5だし、楽しみはまだまだ続けて行こう。

  というわけで、2006年の音楽について振り返ってみた。いやー、2007年もこのまま音楽聴き続けよう。I Love Rock'n Roll!!

|

« 謹賀新年 | Main | 新年のご挨拶 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/13291157

Listed below are links to weblogs that reference 2006年を振り返る●Music編●:

» 2006年総括:音楽 [白ごはんには明太子]
今年も、買う枚数がさらに少なくなってきていますが、2006年にHMVのWebサイ [Read More]

Tracked on Monday, January 01, 2007 at 23:33

» ケツメイシ - 旅人 [こんな音楽発見!]
ケツメイシ15枚目のシングルは、哀愁迫りくるロマンティックな幕開け。 [Read More]

Tracked on Tuesday, January 02, 2007 at 22:47

» お勧めのELLEGARDENの画像を教えます [お勧めのELLEGARDENの画像を教えます]
現在、ネット上ではたくさんのELLEGARDENの画像があふれています。そこで自分なりに歌詞画や掲示板の画像など良いと思った画像を紹介するので携帯の待受などの参考にしてもらえるとうれしいです。 [Read More]

Tracked on Wednesday, January 03, 2007 at 14:06

« 謹賀新年 | Main | 新年のご挨拶 »