« 「rockin'on CD vol.4/Various Artists」を聴いた | Main | 宴会@妹の家 »

Friday, January 26, 2007

「海辺のカフカ/村上春樹」を読んだ

  先日の「アフターダーク」 に続き、村上春樹氏の小説 「海辺のカフカ/を読んだ(ほんといまさらですが....)。
  内容は、あのカフカの不条理系世界をベースに、ギリシア悲劇を呪いとして地で行くような家出少年「僕=田中カフカ」と、 猫と話ができたり、近未来予測がといった神秘的能力を持つ「ナカタさん」を中心に物語が展開し、それが最後に交わっていく。そんな物語。
  まず印象的には、ちょっと懐かしい村上パラレルワールドって感じ。大昔に読んだ"世界の終わりとハードボイルド・ ワンダーランド"や"ねじまき鳥クロニクル"に通じる不思議な世界。で、「ナカタさん」と「星野青年」のやり取りには、 妙な優しさを感じる奇妙なロードムービーになってる。で、四国から帰った田中カフカ君はどうなったんだろ?
  それにしても、次、次って一気に読めた。自分は学生時代から思いっきり村上龍氏にはまったクチだけど、なんだかんだで、 春樹氏の小説も全部読んできてる。で、この小説もなんか面白かったです。自分にとって、つかず離れずな春樹氏でした。

|

« 「rockin'on CD vol.4/Various Artists」を聴いた | Main | 宴会@妹の家 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/13670569

Listed below are links to weblogs that reference 「海辺のカフカ/村上春樹」を読んだ:

« 「rockin'on CD vol.4/Various Artists」を聴いた | Main | 宴会@妹の家 »