« 軍鶏・黒豚「芋蔵 品川庭園」 | Main | 豆冨料理・創作和彩「月の雫」 »

Wednesday, March 07, 2007

rockin'on 3 MARCH 2007

  「rockin'on 3 MARCH 2007」について。気になる記事、とりあえず、掲載順にPick Up。

- ロック名詞選100/GREATEST LYRICS 100
  Elvis Presley,The Beatles,Red ZeppelinからGreen Day,Arctic Monkeysまで、ロック史に残る歌詞の名曲を100曲がPick Upされ、その背景にある時代性に迫った企画。"Like A Rolling Stone/Bob Dylan","America/Simon & Garfunkel","Mother/John Lennon","The River/Bruce Springsteen","Blue Monday/New Order","Hogher Than The Sun/Primal Scream","Live Forever/Oasis","When The Sun Goes Down/Arctic Monkeys"など自分が好きな曲が取り上げられ、歌詞や作られた背景が書かれてる。例えば、 9.11以降のアメリカの社会状況に生きる意味を伝えたのが、Kayne Westの"Jesus Walks"という曲。ともかく、 もうちょっと英語力を高めて、もっとRockが楽しめるといいかも。

- 復活のUK ROCK 2000-2007(UKロックの2000年代)
  The StrokesやThe Libertinesの登場以来、盛り上がってるUK Rock。 自分的にも好きなBandがいい感じで出てきてるここ最近。Coldplay,The Music,Bloc Party,Kasabianをはじめ、Arctic Monkeysはほんと最高。そんな流れの中で、気になるBandはThe View(これはCD入手)とKlaxons(これはまだ...)。やっぱ、自分はUKのGuitar Bandの音が、肌に合うなぁ。

- Rock Greats Vol.17 <Paul Weller>
  The Jam→The Style Council→Soloと、Weller氏の全軌跡をたどる特集。 それにしても大学時代はスタカンにお世話になりました。で、現在のWeller氏はUK MusicでのMod Father的存在。 いまだに尊敬の念を持たれ、いい感じでSceneに影響力を持っている。そんなおっさんは素敵だと思う。

 これ以外の記事では、My Chemical Romanceの来日Live Report、Paul McCartneyの最新Interview、Damon Albarn(from Blur)とPaul Simonon(from The Clash)が結成した"The Good,The Bad & The Queen"、Norah Jonesの新作Interview、Eddi Readerの新作Interview(Fairground Attractinは最高でした)、Rage Against The Machineの再結成記事など。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・ Hyths Of The Near Futures/Klaxons (Album)
・ Infinity On High/Fall Out Boy (Album)
・ Yours Truly,Angry Mob/Kaiser Chiefs (Album)
・ Window In The Skies/U2 (Mini Album)
・ Live From Sydney To Vegas/The Black Eyed Peas (DVD)
・ The Videos 1989-2004/Metallica (DVD)

|

« 軍鶏・黒豚「芋蔵 品川庭園」 | Main | 豆冨料理・創作和彩「月の雫」 »

Rock」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/14182610

Listed below are links to weblogs that reference rockin'on 3 MARCH 2007:

« 軍鶏・黒豚「芋蔵 品川庭園」 | Main | 豆冨料理・創作和彩「月の雫」 »