« 家ごはん #26 | Main | Wagan »

Sunday, April 15, 2007

「From A Smalltown/Grapevine」を聴いた

  去年の夏から秋にかけて聴きまくったGrapevine。 1st「退屈の花-Flowers of boredom-」、2nd「Lifetime」 、3rd「Here」 、5th Album「Another Sky」、6th「イデアの水槽」 、7th「deracine」 を聴きまくった。で、臨んだ去年の夏のRIJF2006、 8/6(日)Lake Stageで初めて聴いたGrapevineのLive。轟音の中、音の圧力が凄かったし、 ずっとその中に居たいと思った。
 で、まんをじして、Grapevineの最新8th Album「From A Smalltown」(2007/Album)を聴いた。 どうもデビュー10周年ということらしいけど、やっぱBandが作り上げるGroove感、 Vocal田中氏の圧倒的な存在感が凝縮された1枚。聴けば聴くほどなんか音が拡がってくる名盤。
  ともかく捨て曲なしのAlbumなんだけど、好きな曲を強いて書いてみる。1曲目「FLY」 (まるでU2の"Vertigo"みたいな完璧Rock Tune)、2曲目「ランチェロ'58」(砂漠にいるような枯れた味わいがいい)、3曲目「スレドニ・ヴァシュター」 (Liveでめっちゃ聴きたいHardなRock Tune)。4曲目「smalltown,superhero」(メロウだし切ないし、 このMelody Lineが最高。個人的にこのAlbumの中のBest Song!)、5曲目「I must be high」 (硬質でHeavyな曲調が最高)、6曲目「ママ」(田中氏の生い立ちが泣ける)、7曲目「COME ON」 (ための効いた世界観がいいです)、8曲目「インダストリアル」(メロウでSoulful!)、9曲目「指先」 (ともかくかつての"スロウ"とかを彷彿させる心地よい湿り気のある秀逸なMelody。ぜひカラオケで覚えたい佳曲)、11曲目「棘に毒」 (バイン王道な完璧なるMelodyが最高です!)。
  やっぱ、聴きたい奴が聴けばいいんだけど、聴いてない奴は絶対不幸。っていうかもったいない。ともかく、 Liveに早く行きたい!

●From A Smalltown/Grapevine (2007/Album)
M-01. FLY
M-02. ランチェロ'58
M-03. スレドニ・ヴァシュター
M-04. smalltown,superhero
M-05. I must be high
M-06. ママ
M-07. COME ON
M-08. インダストリアル
M-09. 指先
M-10. FORGEMASTER
M-11. 棘に毒
M-12. Juxtaposed
* Grapevine:Kazumasa Tanaka(Vocal,Guitar),Hiroyuki Nishikawa(Guitar),
Toru Kamei(Drums)+Satoru Kaneto(Bass),Isao Takao(Keyboard)
* Produced by Susumu Osada.
* Arranged by Susumu Osada and Grapevine.
* Recorded and Mixed by Tetsuhiro Miyajima.
* PCCA-02397 Rocker Room 2007 Pony Canyon Inc,Japan.

|

« 家ごはん #26 | Main | Wagan »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/14693235

Listed below are links to weblogs that reference 「From A Smalltown/Grapevine」を聴いた:

« 家ごはん #26 | Main | Wagan »