« 「A Weekend In The City/Bloc Party.」を聴いた | Main | DINNING & LOUNGE Bajamar ROPPONGI »

Monday, May 07, 2007

「Fine Days/本多孝好」を読んだ

  Hawaiiに向かう成田空港の書店で、 なんとなく表紙のイラストに惹かれて、読んでみた「Fine Days/本多孝好」(祥伝社文庫)。
  この文庫本、表題作の「Fine Days」を含め、4つの中短編作品が収められている。で、簡単に書くと、 "高校生である主人公の僕、女子を仕切ってる安井、口数が少なく絵を描く神部の3人が、転校してきた髪の綺麗な女の子をめぐる話"が 「Fine Days」、"余命宣告された父の35年前に別れた恋人を、主人公が探しにいく話"が「イエスタデイズ」、 "幼少の頃妹を亡くしたという過去に縛られる大学院生の女の子が、後輩を通じて自分をみつけていく話"が「眠りのための暖かな場所」、 そして4つめが"シェードをめぐり、骨董屋の老婆が伝える物語にある決心をする主人公の話"が「シェード」。
  で、個人的によかったのは、「イエスタデイズ」と「シェード」。「イエスタデイズ」 はファンタジーというか不思議譚がなんか純粋な感じでよかったし、「シェード」は主人公の決意がとても爽やかに前向きに描かれてた。
  この中短編集、著者初の恋愛小説と帯に書かれていたけど、単純な恋愛小説ではなく、 ファンタジーのようなミステリーのような話ばかり。読んでて、明るい世界観に心地よくなれた。結構、お薦めかも。

|

« 「A Weekend In The City/Bloc Party.」を聴いた | Main | DINNING & LOUNGE Bajamar ROPPONGI »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/14990924

Listed below are links to weblogs that reference 「Fine Days/本多孝好」を読んだ:

« 「A Weekend In The City/Bloc Party.」を聴いた | Main | DINNING & LOUNGE Bajamar ROPPONGI »