« 駒沢 #30 | Main | 軍鶏・黒豚「芋蔵」 #3 »

Sunday, July 08, 2007

「Minites To Midnight/Linkin Park」を聴いた

  tanさんに薦められて、"Meteora"、 "Live In Texas"、そしてJay-Zとのコラボ"Collision Course"と聴いてきたLinkin Park。で、いよいよ最新3rd 「AlbumMinites To Midnight」(2007/Album)を聴いた。
  前から伝えられていたように、今までもRapを中心としたMixture系Bandから、 BandとしてのGroove感を大切にし、Loud Musicとしての完成度を追い求めたAlbumになっている。確かに、 以前の作品と比較して、RapやShoutは減ってるけど、よりLinkinらしく、MelodicなSoundになっている。 これは個人的には完全にツボな音。
  で、お薦めは2曲目「Given Up」、3曲目「Leave Out All The Rest」、4曲目「Bleed It Out」、5曲目「Shadow Of The Day」、6曲目「What I've Done」、7曲目「Hands Held High」、8曲目「No More Sorrow」、9曲目「Valentine's Day」、11曲目「In Pieces」。 ほぼ全曲じゃん。
  やっぱ、Linkinの音って、悲壮感とか怒りとか攻撃性とかが根幹にあると思うけど、 それを醸成させたのが今回のAlbum。さすが、Produced by Rick Rubin。いつか観たいBandのひとつ。

● Minutes to Midnight/Linkin Park (2007/Album)
M-01. Wake
M-02. Given Up
M-03. Leave Out All The Rest
M-04. Bleed It Out
M-05. Shadow Of The Day
M-06. What I've Done
M-07. Hands Held High
M-08. No More Sorrow
M-09. Valentine's Day
M-10. In Between
M-11. In Pieces
M-12. The Little Things Give You Away
* Linkin Park is Chester Bennington,Rob Bourdon,Brad Delson,Joe Hahn,Phoenix,Mike Shinoda.
* Produced by Rick Rubin and Mike Shinoda.
* All Songs Written by Linkin Park.
* Engineered by Andrew Scheps,Ethan Mates and Dana Nielsen.
* Recorded at NRG Recording Studio.
* Mixed by Neal Avron at Paramount Studios.
* Mastered by Dave Collins at Collins Audio.
* 44477-2 2007 Warner Bros.Records Inc.

|

« 駒沢 #30 | Main | 軍鶏・黒豚「芋蔵」 #3 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

いいよね、今回のアルバムも。さすがです。
今年のRJFは4日だけ行きます。会場でお会いしましょう。
って、その前に久々にどうっすか?

Posted by: tan | Thursday, July 12, 2007 at 21:09

>tanさん
ごぶさたです。新宿コマ以来ですね。
で、8/4(土)参戦ですか。bonobos、お薦めです。ぜひ会いましょう。
で、今月はなんか上海出張があったりして、今月はちょっと厳しそうです。す、すいません。ともかく、ひたちなかで会って、その後にって感じで...。

Posted by: emam | Friday, July 13, 2007 at 01:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/15697355

Listed below are links to weblogs that reference 「Minites To Midnight/Linkin Park」を聴いた:

« 駒沢 #30 | Main | 軍鶏・黒豚「芋蔵」 #3 »