« JAPAN 10 October 2007 | Main | らーめん「陸」 #2 »

Friday, October 19, 2007

マキシマム ザ ホルモン/Studio Coast/2007.10.17

  というわけで、2007/10/17(水)、行って来ましたStudio Coastマキシマム ザ ホルモンのLive"「ぶっ生き返すツアー」追加蘇生公演"。 俺史上最高レベルに盛り上がったLive。では、汗だくのLive Reportを。

  ちょっとヤバめ会議が終わり次第(強制終了気味...)、18時過ぎに速攻会社を脱出。で、 りんかい線で新木場駅に到着。で、19時頃、Studio Coastに到着。記念写真コーナーで写真撮ったりする。 で、今日のLiveは、Fuck You Heroesとの対バン。ちょっと気になるけど、ホルモンに向け体力温存することに。で、 一緒に行った後輩I君と完全飲みモード。約40分で、ハイネケン4缶にジントニック1杯。食いもんなしで、すきっ腹にアルコール。いい感じ。 さ、いよいよホルモンだぜ。

  とりあえず、PA前のCenter PositionをKeep。で、 SEの音がだんだんでかくなり、照明もだんだん落ちて、Drum Setの後ろにメタルポーズのロゴ幕(超でかいバックドロップ...)が上がり、会場が最高潮の沸点で、 ホルモン登場(タンポポの綿毛に乗って)。マジで鳥肌たった。

  で、1曲目は「What's up, people?!」。PA前でそれなりに大人的に楽しむつもりが、 周りの客の勢いに飲まれ、いつのまにか真ん中あたりで、ヘドバンしてる自分に気づく。で、2曲目「アナル・ウイスキー・ポンセ」あたりで、 なんか無性に前に行きたくなり、前方の柵前まで行き、ここで今日のPositionとすることに。すでにI君の姿は見えず。ま、 後で会えばいいや。

  で、ともかくMoshのRushで、なんか神輿を担いでいるかのような、だれかれとの密着状態でLiveが進む。途中、 金魚のように上を向いて息を吸わないと、窒息しそう。もう俺の汗だか、誰の汗だかわからないけど、びっしょびしょ。こんなに汗をかいたのは、 東京シティロードレース以来だ

  「絶望ビリー」で、客が「KIRA!」って叫んでて、にやっとさせていただいた後、「ぶっ生き返す!!」。 もうこのあたりで、ぶっ飛んでました。ヘドバンにも慣れ、Jumpと体当たりしまくり。

  それにしても、ナヲちゃんとダイスケはんのMCは面白すぎ。今日のLiveは、 追加蘇生の腹ペコ達選定なLiveということでマスコミは呼ばなかったみたいで、"ツアー57回目、本当のLast公演"って煽られる中、 "君たちは選ばれた人間、そう、選ばれた精鋭どもよ"と言われ、"来れなかった人々のなにかを背負ってる腹ペコ達"と言われまくる。確かに、 Ticket争奪じゃんけんで勝たせてくれた湘南在住Kさんに感謝!せねば。
  で、次の日、このStudio Coastで、マリリンマンソンのLiveがあるらしく、"ロックモンスター・ マリリンマンソンが気づくよう、この新木場にシミを残す"とかとダイスケはんは叫んでたし、ナヲちゃんは"恋したっていいじゃない"(by 渡辺美里)歌って、子供に"アンパンマン"と言われてるなどなど、 Moshして、MC聴いて、爆笑して、Moshして、MC聴いて、 爆笑してって感じで、Liveが進んでた。やっぱ、MCがないと、死者がでるんだろな、ホルモンのLiveって...。

  で、「生理痛は神無月を凍らす気温。」から「シミ」の流れはほんと最高。演奏力の高さと曲の良さを轟音の中、痛感。 この2曲は聴きたかったので、ちょっと感動。で、衝撃の「アバラ・ボブ」3連発!! "裸一貫ガリガリ! 人呼んでアバラ・ボブ!! → 亮君のイントロ"がずっと続いてかなり笑わせていただく("裸一貫"に"一巻の終わり"に"寿司一貫"の3連発!!!)。で、 これもまじ最高な「ROLLING1000tOON」に。もう、なんでもいいやって感じ。

  そして、恒例全員強制参加の"恋のおまじないコーナー"に。長めの麺かたこってりで、 見ず知らずの人と仰け反って密着するなんて、もう、ありえん。途中、"北朝鮮のマスゲームみたい"と言われ、"2階は年寄り"と言われ、 笑いまくる。("2階は年寄り"の時、思わず後ろを振り返ると、ちょっと左手後方にI君発見。目が合う。I君も楽しそうだ)。で、 そのまま本編Lastの「恋のメガラバ」に。最高です!

 ここで、Encoreコールではなくアンパンマンコールの中、もう42歳の限界ということで、PA前に戻る。ほんと死ぬかと思った。 で、Stage前方では湯気が立ってる。汗でジーンズまで濡れてる。ほんと、 東京シティロードレース以来だ

  で、EncoreがStart。ナヲちゃんの"お前らの無理が見たい!!"の一言からさら更にMoshがHeat Up。そのまま一気に、3曲が演奏される。「握れっ!!」、かっちょよかった。

  Encore終了後、大音量で「ロッキンポ殺し」のSE。で、このSEでMoshとDiveが起こってた。 CDで流される曲にMoshとは絶対ありえん光景だ!! そして、再び4人がStageに。今回のLiveは、 Mailで申し込んで当たった人が呼ばれてるので、ナヲちゃんが"これからみんなで記念写真を撮る。 この写真はHomepageには上げない。こっちはお前らの個人情報、全部押さえてるんで、全員に記念写真、 送ってやるわ~!!"って言ってた。あはは、最後まで笑かしていただく。っていうか、ほんとファン思いなBandだぜ。で、 4人+2,300人全員、メタルポーズで、写真に収まる。写真届いたら、 絶対Upするしかない

 てな感じで、Liveは終了。ほんと、ホルモンによる真の腹ペコ達のためのLive。ホルモンは一応2回目だけど、 サンボを初めて観たとき以来の衝撃を受けたLiveだった。ま、残念なのは、「恋のスウィート糞メリケン」と「包丁・ハサミ・ カッター・ナイフ・ドス・キリ」を聴けなかったことと"新木場には飲み屋がない"ということくらい。ともかく、ホルモンからプレゼント、 筋肉痛と耳鳴りはいまだ残ってる。ここ2週間の配分して、資料作って、トラブルあわてて、発表して地獄の中、ほんと、生き返った。 蘇生完了っと。

●Set List(一部、うろおぼえ...)
Date:2007.10.17(水)
Place:Studio Coast
Tour Title:「ぶっ生き返すツアー」追加蘇生公演
対バン:Fuck You Heroes

M-01. What's up, people?!
M-02. アナル・ウイスキー・ポンセ
M-03. 糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
M-04. ポリスマンベンツ
M-05. 恐喝~kyokatsu~
M-06. 絶望ビリー
M-07. ぶっ生き返す!!
M-08. ビキニ・スポーツ・ポンチン
M-09. 生理痛は神無月を凍らす気温。
M-10. シミ
M-11. アカギ
M-12. ルイジアナ・ボブ
M-13. アバラ・ボブ
M-14. アバラ・ボブ
M-15. アバラ・ボブ
M-16. ROLLING1000tOON
M-17. 恋のメガラバ
<Encore>
M-18. WxHxUx ~ワシかてホンマは売れたいんじゃい~
M-19. チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ
M-20. 握れっ!!

cf.マキシマム ザ ホルモン Live 参戦List
- 2007.08.05 Rock In Japan Fes.2007 at 国営ひたち海浜公園
- 2007.10.17 「ぶっ生き返すツアー」追加蘇生公演 at Studio Coast

|

« JAPAN 10 October 2007 | Main | らーめん「陸」 #2 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

初めまして。ROCKって単語検索でここまでやってきました笑
地元は世田谷 府中市在住の高校生です。アジカンとRADとかAquaTimezとか ロック大好きです!とくにラッドは居なきゃ生きてけないくらい大好きですw マキシマムのライブ行ったんですね うらやましいです! 最近はじめたばかりですがブログやってます。よかったらきてみてください(^w^●) たいしたものないですが笑

Posted by: nakawara | Saturday, October 20, 2007 at 17:31

>nakawaraさん
はじめまして。
ホルモンのLive、凄まじくよかったです。まだ、首、痛いです。
で、ラッドは今年のRIJF2007で初めて観ました。演奏力の高さ含め、ちょっと感動しました。
後ほど、遊びに行きまーす。

Posted by: emam | Saturday, October 20, 2007 at 22:23

おぉ、「ROCK」のことばのみで、高校生と42歳のおっさんが繋がっている・・・。日本もまだまだ捨てたもんじゃないっすね。というわけで、さらなるつながりを求めて、行きましょうぞよ、COUNTDOWN JAPAN!!!あぁ、やっぱりチャットモンチーのLIVE行きたし。ギザカワユス。

Posted by: 後輩 | Sunday, October 21, 2007 at 14:28

>後輩Iくん
はい、日本はまだまだいい国です(笑)。
で、Countdown Japanは12/28しかないっすね。バインにACIDMANにbonobosにTheピーズにRyukyudiskoに民生だしね。
で、"耳鳴り"、いいです。New Albumも買ったら、貸してね。

Posted by: emam | Sunday, October 21, 2007 at 19:37

コメありがとうございます。
そうでした、ホルモンの自己紹介では"恋したっていいじゃない"(by 渡辺美里)でしたね、勘違いしていました。
このレポ読ませて頂いて、忘れてる部分とか思い出させて頂ました、ありがとうございます。

Posted by: うえーん | Monday, October 22, 2007 at 23:55

>うえーんさん
コメント感謝です。
それにしても、うえーんさんのLive Report、まじで凄いです。
完全にあの日のこと、思い出しました。こちらこそ、ありがとうございました。

Posted by: emam | Tuesday, October 23, 2007 at 00:21

emamさんこんにちは。

自分は、ホルモンのPVがきっかけで、すっかりはまってしまった37歳子持ちのオヤジです。

1/11の新木場Liveを駄目もとで申し込んだら当たってしまい、正直戸惑っていました。。。

Liveは10数年ぶりの参戦であり、37歳のメタボオヤジが1人でヘドバンしている姿を想像したら、少し恥ずかしくなったのです。

が、当レポートを読んでLiveの模様がわかり、吹っ切れました。

楽しんでまいります。有難うございました!

Posted by: 馬骨ラーメン | Sunday, December 23, 2007 at 11:17

>馬骨ラーメンさん
はじめまして、1/11のLive、まじでうらやましいです。
自分も完全に中年の領域に突入してますが、あの場では恥ずかしさなど、まったくもってぶっ飛びました。
ただ、Live後2-3日は、首と腰が使い物になりませんでした。
では、ご堪能してきてください~。

Posted by: emam | Sunday, December 23, 2007 at 20:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/16812647

Listed below are links to weblogs that reference マキシマム ザ ホルモン/Studio Coast/2007.10.17:

« JAPAN 10 October 2007 | Main | らーめん「陸」 #2 »