« 「パイロットフィッシュ/大崎善生」を読んだ | Main | 若寿司 »

Thursday, November 22, 2007

「Magic/Bruce Springsteen」を聴いた

  Bruce SpringsteenのNew Album「Magic」(2007/Album)を聴いた。
  それにしても、BossのAlbumを買ったのは「The Rising」(2002)や「The Essential」 (2003)以来。しかも、この「Magic」は、最初からE Street Bandとの競作前提で取り組まれたとのこと。 いやがおうにも期待させていただく。で、ともかく第一印象からPositive。陳腐な言葉で言えば、まさに熱きRock Spiritsに溢れるAlbum。でも、そんな言葉がまさにぴったりなAlbum。
  とりあえず、好きなTrackを。1曲目「Radio Nowhere」(Heavyなリフが最高)、3曲目「Livin' in the Future」(E Street Bandらしいタメの効いたRhythmに、Clarence Clemonsのsaxophoneがうれしくて泣きたくなる)、5曲目「Gypsy Biker」 (現代風に綺麗にArrangeされた"The River"系の音)、7曲目「I'll Work for Your Love」 (Acousticの刻むRhythmが心地よいBossの定番系な音)、8曲目「Magic」(哀愁漂うTitle Tune。 あの"Nebraska"系の枯れた感じがよいです)、9曲目「Last to Die」(この音が聴きたくて、 いまだにBossのAlbumを買い続けてるのかも。ともかく、リフもShoutもこのAlbumで一番好きな曲)、そして、 12曲目に収録されている「(Secret Track)」。
  ここ最近、読書しながら風呂場で聴きまくったAlbumがこれ。でも、結局読書に集中できず、 BossのこのAlbumを聴いてる自分に気づく。Bossも58歳ということで、円熟・熟練・熟成とまさに人生の重さを伴う「熟」 なRock'n Roll。
  で、ちょっと前に書いたかもしれないけど、今から21年以上前の1986年4月16日、"Born In The U.S.A."のTourで初来日の代々木Olympic Poolでの3時間超えLiveは、ほんとーに凄まじいものだった。 自分の回りの観客が英語詞を一字一句絶叫しながら歌って踊ってるLiveなんて、あれから体験したことない。そんな場所にいれた自分は、 きっと幸せものだ。

● Magic/Bruce Springsteen (2007/Album)
M-01. Radio Nowhere
M-02. You'll Be Comin' Down
M-03. Livin' in the Future
M-04. Your Own Worst Enemy
M-05. Gypsy Biker
M-06. Girls in Their Summer Clothes
M-07. I'll Work for Your Love
M-08. Magic
M-09. Last to Die
M-10. Long Walk Home
M-11. Devil's Arcade
M-12. (Secret Track)
* All Songs Written by Bruce Springsteen.
* Produced and Mixed by Brendan O'Brien.
* Recorded by Nick DiDia.
* Recorded and Mixed at Southern Tracks Recording Studio,Atlanta,GA.
* Mastered by Bob Ludwig at Gateway Mastering,Portland,ME.
* 88697-17060-2 Bruce Springsteen 2007 Columbia Records.

|

« 「パイロットフィッシュ/大崎善生」を読んだ | Main | 若寿司 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/17155942

Listed below are links to weblogs that reference 「Magic/Bruce Springsteen」を聴いた:

« 「パイロットフィッシュ/大崎善生」を読んだ | Main | 若寿司 »