« 旬彩和食 萬葉庭 | Main | 頤豊花園 »

Tuesday, December 11, 2007

「東京奇譚集/村上春樹」を読んだ

  二子玉川の紀伊国屋書店で買った村上春樹氏の短編集 「東京奇譚集」 (新潮文庫)について。
  ゲイであることをカミングアウトした結果、家族と孤立して暮らすピアノ調律師の話「偶然の旅人」、 ハワイで鮫に襲われサーファーの息子を亡くした母の人生を描いた話「ハナレイ・ベイ」、突然失踪した人間を探す男の話 「どこであれそれが見つかりそうな場所で」、出会う女性たちにその出会った意味を考えまくる小説家の話「日々移動する腎臓のかたちをした石」 、そして名前を奪われた女性の話「品川猿」の5話。みな、不思議な運命や出来事を描いている。
  で、どの話も、それぞれの人々が、不思議な体験や出来事を通じて、自分の欠けているものや引きずってきたものに気づき、 それらを受け入れて、また前に行こうする姿が描かれてて、ちょっと清清しい感じ。個人的によかったのは、「ハナレイ・ベイ」かな。 時間をかけて、息子の死後の生活を乗り越えた母親が再生するこの話、ちょっとお薦めです。
  ともかく重荷が消える瞬間って、読んでる僕らの重荷も消えた気がする。とっても疲れてるときに読むとよいかもです。

cf.村上春樹 読破 List
- アフターダーク
- 海辺のカフカ
- Mr.and Mrs.Baby and Other Stories-犬の人生/Mark Strand-マーク・ ストランド
- 東京奇譚集

PS.明日から3泊4日で人生10回目の中国出張。帰国はこの土曜日予定。今回は合計11名の大所帯。部署もバラバラ。来年のこと、 最近のことなど、話すことはたくさん。ま、通関と鳥インフルエンザには注意だ。では、行ってきまーす。

|

« 旬彩和食 萬葉庭 | Main | 頤豊花園 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「東京奇譚集」よんで頂いて有難うございます。
表紙の猿の絵も気にってもらえると嬉しいです。
(´・ω・`)ノENOKI

Posted by: 榎俊幸 | Friday, December 14, 2007 at 22:28

>榎俊幸さま
いきなり表紙の作者である榎俊幸さんからコメントいただき、恐縮ですけど、うれしかったです!!
原画も拝見しました。なんか小賢しい感じ猿が最高です。
では、また遊びに行きます~。

Posted by: emam | Saturday, December 15, 2007 at 18:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/17343365

Listed below are links to weblogs that reference 「東京奇譚集/村上春樹」を読んだ:

« 旬彩和食 萬葉庭 | Main | 頤豊花園 »