« 本格中華麺店 光麺 #3 | Main | 支那そば 勝丸 #3 »

Thursday, March 06, 2008

「Live In Chicago/Guns N' Roses」を観た

hspace="0"
src=
"http://emam.cocolog-nifty.com/emam//media/img_20080306T225328085.jpg"
align="left"
border="0" />  突然なんだけど、 "http://www.gunsnroses.com/">Guns N' RosesのLive DVD「Live
In Chicago」(2006/DVD)を観た。

  これ、1992/4/9にRosemont Horizon・Chicagoにて行われたLiveが収録されたもの。
この時期は、GNRは一番Bandとして勢いがあった時期。ちょうど2枚のAlbum "Use Your Illusion
I"と"Use Your Illusion II"がReleaseされ、東京公演も行われた。1992/2/19、
自分もあのTokyo Domeで、GNRのLiveを体験できたが、異様なまでの緊張感と興奮につつまれたLiveだった。

  まずは、汽笛の音が流れ、1曲目の"Nightrain"がかかった瞬間に鳥肌が立ちました。で、改めて思ったことだけど、
やっぱこのBandのLevelの高さに脱帽。AxelのVocalも神ががっているし、動きも運動量もめちゃめちゃいいし、
カリスマ性にあふれてる。で、Slashも舞台から舞台へのJumpしてるし、Matt SorumのDrumsもおかずが多く、
ともかくデカイ音だし、Duff McKaganのBaseもVocal(特に4曲目の"Attitude")もかっこいい。加えて、
StonesのCoverでの"Wild Horses"も見事に寂寥感にあふれてるし、11曲目の"November
Rain"でAxelの弾くPianoの上にSlashが腰掛け、Guitarを弾くSceneなんて、もう2度と観れない2
Shotだろう。

  で、ちょっと残念なのが、"Paradise City"や"Sweet Child O'
Mine"などが収録されていないこと。これは是非入れて欲しかった。そして、そもそもの画像がとっても悪いこと(ま、
これはしょーがないのかな...)。

  去年、GNRが幕張などでLiveを行い、AxelだけではGNRじゃないと思い、やっぱ腰が引けてたけど、
あの14年前のTokyo Domeで全盛期のLiveを観れたのは、いまさらながら貴重な経験。さ、ひさびさに1st Album
"Appetite For Destruction"を聴いて、Lastの"Rocket Queen"で盛り上がろうっと。


● Live In Chicago/Guns N' Roses (2006/DVD)

M-O1. Nightrain

M-O2. Mr. Brownstone

M-O3. Live And Let Die

M-O4. Attitude

M-O5. It's So Easy

M-O6. Wild Horses

M-O7. Patience

M-O8. Double Talkin' Jive

M-O9. Civil War

M-10. Welcome To The Jungle

M-11. November Rain

M-12. You Could Be Mine

M-13. Band Introduction

M-14. Godfather Theme

M-15. Coma

* MP42065 2006 Masterplan.


cf. Guns N' Roses My CD/DVD List

- "http://emam.cocolog-nifty.com/emam/2004/10/my_favorite_alb_3.html">
Appetite For Destruction
(1987/Album)

|

« 本格中華麺店 光麺 #3 | Main | 支那そば 勝丸 #3 »

音楽」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Live In Chicago/Guns N' Roses」を観た:

« 本格中華麺店 光麺 #3 | Main | 支那そば 勝丸 #3 »