« 炭火焼肉トラジ #3 | Main | 自家製中華そば 勢得 »

Saturday, April 19, 2008

奥田民生/C.C.Lemon Hall/2008.04.18

 というわけで、昨夜は奥田民生氏のLive@ C.C.Lemon Hall。Tour Titleは"okuda tamio FANTASTIC TOUR 08"。ともかく、New Album"Fantastic OT9"もよかったし、ほんと期待のLive。というわけで、Live Reportを。 ★思いっきりネタバレになります。これから行かれるかたはご注意を★

  会社を出る前に、ちょっと事件があったけど、とりあえず18時過ぎにOfficeを脱出。雨は降ってたけど、 小降りだったので、急ぎ足でC.C.Lemon Hallに向かい、18:40ごろ到着。物販で、狙ってたTシャツを手に入れ、 ビール飲んで、開演を待つことに。席は右端だったけど、12列目。こんな近距離、始めてかも。しかも民生氏側。ちょっと、期待大。で、 席で飲んでたら、Hall内は飲食禁止と注意される。最近、ライブハウス体質に慣れ、飲みながら観るのが当たり前だったけど、 ここはだめなのね...。で、ビールを一気飲み。郷に入れば、郷に従っうのが、大人のマナー。

  で、19時過ぎに客電が落ち、「イナビカリ」で、LiveがStart。で、 湊氏のDrumsのでかい音に感動しながらの「スルドクサイナラ」に続き、3曲目は「フロンティアのパイオニア」。大陸的な、ほんとこの曲、 好きなんだよな。民生氏、声の調子も良さそうだ。

 ここで、最初のMC。いきなりのまったりした「渋谷のみなさん、こんばんわぁ~。奥田民生です。」というMCで、思いっきり弛緩。 「C.C.Lemonホールは初めて。椅子が綺麗になって、広くなったらしいです。でも、楽屋は一緒です。後回しです。」とか、 「今日は朝から晴れてコンサート日和です。皆さんの髪もジメッとしている。」とか、「もうツアーも終わり。各地で失禁者続出です。」 とかとか、話してた。あはは、ゆるっ。

 で、New Albumの曲が続き、「野ばら」。やっぱ、Glayより本家の方がぜんぜんいいな、 なんて思いながら、この曲を堪能。で、「次の曲があまりに盛り上がるんで、ほとんどの人が失禁で、ジョージョーやるんです。」ってMCの後、 「3人はもりあがる(JとGとA)」を。

 その後は、「Thank you! Good Night!」といいながら、客席のない後ろの幕に手を振ったりしながら、 メンバー紹介を。小原礼氏(Bass)、湊雅史氏(Drums)、斉藤有太氏(Keyboards)。みんな、タバコ吸ったり、 ビール飲みながら、ゆったりめ。俺も飲みたい、吸いたい。

 で、「カイモクブギー」をやって、あの「マシマロ」から「ちばしって」へ。この流れはいいなぁ。まさにRock Tuneな流れ。 かっこよすぎ。そして。MCをはさんで、「鈴の雨」。この民生氏のGuitar、ほんとにいいんだよね。 Heavyでタメの利いたGuitarのリフとRhythmが好み。Liveならではの、長めのOutroが聴けて、ほんとよかった。 その後、「愛のボート」で、「家」。この曲、ユニコーン時代のAlbum"ヒゲとボイン"から。後でひさびさに聴き返そうっと。

  そして、MC。客席からの「なんで長袖なの~?」の質問に対して、「髪が伸びすぎて、半袖だとおかしいのよ。 みうらじゅん的? 紙一重でロックンローラー。ま、気の持ちようだけどね。」みたいなMCが。確かに民生氏の髪、すげー伸びてる。 また伸ばすのでしょうか...。

 このゆるいMCの後は、一気に後半、Rockモード。「無限の風」とか「キブミークッキー」とか「プライマル」とか「明日はどうだ」 とか。Smokeが焚かれたり(水蒸気?)、Flash系のLightningとか、もうこのあたりで、汗ぐしょぐしょ。 あんなに静かだった客席もめちゃめちゃ盛り上がってる。それにしても、「無限の風」は、ほんと名曲。真っ向勝負、 変化球なしの直球系Rock Number。次回の前前前夜祭で歌うしかないね。

 これで本編終了。で、みんなが再登場して、Encoreに突入。「快楽ギター」と「イージュー★ライダー」。やっぱ、いいよ、 民生氏。「快楽ギター」中では、指を立てて、客を煽り、Guitarを鳴らし、「シーシーレモーン!」と叫んでる。あはは、最高だ。

 これでEncore終了。客電もついて、Live終了のアナウンスが流れる中、鳴り止まない拍手と手拍子と歓声。 異常に盛り上がってる客席。そこで、民生氏らが再登場。これぞ! アンコールって感じ。で、その手拍子に合わせ、Drumが入り、 「さすらい」へ。思いっきり一緒に歌わせていただきました。

 こんな感じで民生氏のLiveが終了。ほんとよかったなぁ。外は少々肌寒く、相変わらずの小雨交じりだったけど、 いい感じでほてった体をさませていただく。今週もたくさんの会議がとかがあり(しかも in English...) 、 身も心もヘトヘトの中、いい週末の夜になりました!!

 ●Set List

  Date:2008.04.18(金)
  Place:渋谷C.C.Lemonホール
  Tour Title:okuda tamio FANTASTIC TOUR 08

  M-01. イナビカリ
  M-02. スルドクサイナラ
  M-03. フロンティアのパイオニア
  M-04. アドレナリン
  M-05. いつもそう
  M-06. 野ばら
  M-07. 3人はもりあがる(JとGとA)
  M-08. カイモクブギー
  M-09. マシマロ
  M-10. ちばしって
  M-11. 鈴の雨
  M-12. 愛のボート
  M-13. 家
  M-14. なんでもっと
  M-15. 無限の風
  M-16. トロフィー
  M-17. キブミークッキー
  M-18. プライマル
  M-19. 明日はどうだ
  Encore
  M-20. 快楽ギター
  M-21. イージュー★ライダー
  Encore2
  M-22. さすらい

cf.奥田民生 Live 参戦List
- 2003.02.01 okuda tamio LIVE E 0203 FINAL at 日本武道館
- 2003.08.02 Rock In Japan Fes.2003 at 国営ひたち海浜公園
- 2004.08.08 Rock In Japan Fes.2004 at 国営ひたち海浜公園
- 2005.08.06 Rock In Japan Fes.2005 at 国営ひたち海浜公園 -THE BAND HAS NO NAME-
- 2005.08.07 Rock In Japan Fes.2005 at 国営ひたち海浜公園
- 2006.02.22 okuda tamio Cheap Trip 2006 at 昭和女子大学人見記念講堂 .
- 2006.08.05 Rock In Japan Fes.2006 at 国営ひたち海浜公園 -奥田民生ひとり股旅-
- 2006.12.29 COUNTDOWN JAPAN 06/07 at 幕張メッセ -The Verbs+奥田民生-
- 2007.08.03 Rock In Japan Fes.2007 at 国営ひたち海浜公園
- 2007.09.01 新しき日本語ロックキャンペーン2007 世界ロック選抜<ファイナル> at 両国国技館
- 2007.12.28 COUNTDOWN JAPAN 07/08 at 幕張メッセ
- 2008.04.18 okuda tamio FANTASTIC TOUR 08 at 渋谷C.C.Lemonホール

  PS.というわけで、あの渋谷公会堂がC.C.Lemonホールとは、 やっぱ違和感あるよなぁ。渋公といえば、やっぱマチャアキの"歌のトップ10"だし(ほんと、高校生のとき、葉書出しまくって、 よく行ったもんです...)、BOOWYが解散宣言したX'mas Liveとか、いろいろ思い出あるよなぁ。どうも、 しっくりこない。しっかし、いくらCIのためとはいえ、この看板はないだろ(笑)。

|

« 炭火焼肉トラジ #3 | Main | 自家製中華そば 勢得 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/40921565

Listed below are links to weblogs that reference 奥田民生/C.C.Lemon Hall/2008.04.18:

» BOOWY 動画 [BOOWY 動画]
BOOWYの動画情報 [Read More]

Tracked on Saturday, April 19, 2008 at 15:27

» 奥田民生「FANTASTIC TOUR 08」@よこすか芸術劇場 [白ごはんには明太子]
行ってまいりました。2/9(土)@よこすか芸術劇場。 --- 土曜日を迎えるにあ [Read More]

Tracked on Saturday, April 19, 2008 at 21:50

« 炭火焼肉トラジ #3 | Main | 自家製中華そば 勢得 »