« マキシマム ザ ホルモン Tour Final | Main | 支那そば 勝丸 #4 »

Friday, May 30, 2008

「Chatmonchy has come/チャットモンチー」を聴いた

  先日の武道館Liveに向けて聴きこんだチャットモンチーのDebut Mini Album「Chatmonchy has come」(2005/Mini Album)について。
  で、気に入った曲を。まずは1曲目「ハナノユメ」。Edgeの効いたGuitarがいいです。で、あの武道館で、 この曲が1曲目として演奏されていた。そして2曲目「DEMO、恋はサーカス」。 はき捨てる感じのちょっときつめの歌詞と重めの音が絶妙なBalance。で、4曲目「惚たる蛍」。 その独特な世界にじわりじわり引きずり込まれるよなMeduim Number。そして、Album Lastの6曲目「サラバ青春」。 正直CDで聴いたときは、あまり印象に残らなかった曲だったんだけど、これも武道館のEncoreで演奏されたとき、 あまりの純真さに素直に鳥肌が立ちました。#何でもない毎日が記念日だった#っていい言葉です。 生活してると忘れがちなる大切なことを気づかせてくれる、今を大事にすること教えてくれる。いい曲だと思う。
  ほんとこのAlbumは、まるで初期のSupercarのような、 歪んだGuitarがと独自な詞の世界観が気持ちいいAlternativeなRock Albumだった。というわけで、 今年のRIJF2008、 チャットモンチーの出演は2日目、8/2(土)。ひょっとしたら、Lake Stageを卒業して、いよいよGrass Stageか!? ともかくぜひ観なければ。

● Chatmonchy has come/チャットモンチー (2005/Mini Album)
M-01. ハナノユメ
M-02. DEMO、恋はサーカス
M-03. ツマサキ
M-04. 惚たる蛍
M-05. 夕日哀愁風車
M-06. サラバ青春
* Chatmonchy are Eriko Hashimoto(Guitar,Vocal),Akiko Fukuoka(Bass,Chorus) and Kumiko Takahashi(Drums,Chorus).
* Produced by Junji Ishiwatari.
* Recorded by Masayuki Nakano,Mitsunori Tamanoi and Takayuki Furuta.
* Mixed by Masayuki Nakano.
* Recorded at Studio Fine,Digital Magnet and Inning Recording Hosterly.
* Mixed at Studio Fine and Studio Blan.
* Mastered by Mitsuharu Harada.
* KSCL900 2005 Ki/oon Records Inc.

cf. チャットモンチー My CD/DVD List
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2006 (2006/Album)
- chatmonchy has come (2005/Mini Album)
- 耳鳴り (2006/Album)
- 奥田民生・カバーズ (2007/Album)
- 生命力 (2007/Album)
- ヒラヒラヒラク秘密ノ扉 (2008/CDS)

|

« マキシマム ザ ホルモン Tour Final | Main | 支那そば 勝丸 #4 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/41374364

Listed below are links to weblogs that reference 「Chatmonchy has come/チャットモンチー」を聴いた:

« マキシマム ザ ホルモン Tour Final | Main | 支那そば 勝丸 #4 »