« Asian Kung-Fu Generation/Shibuya-AX/2008.05.29 | Main | マキシマム ザ ホルモン Tour Final »

Thursday, May 29, 2008

「筋少の大車輪/筋肉少女帯」を聴いた

  2006年に活動を再会した筋肉少女帯。で、今年のRIJF2008、 その筋少が2日目の8/2(土)に出演する。これはもう観るしかない。というわけで、昔聴きまくったBest Album 「筋少の大車輪」 (1992/Album)を15年ぶりくらいに聴きまくった。
  ともかく好きな曲を。まずは1曲目「大釈迦」。 この大袈裟で荘厳なPianoのIntroから歴代実力派Guitarlistが勢ぞろいしてBattleを繰り返す、まさに"大釈迦"。 #ドロロの脳髄ぃ~#、最高です。続いて、4曲目「日本印度化計画」。インド出張するといっつも頭の中でこの曲がLoopされる。 で、当時のPVも絢爛豪華で素晴らしかった。消えゆくOutroの中で大槻氏の#ハヤシもあるでよ~#も、泣かせる。そして名曲6曲目 「踊るダメ人間」。1991年この曲を初めて聴いたとき、#この世を燃やしたって一番ダメな自分が残るぜ!#という言葉に衝撃を受けました。 その通りです。で、7曲目「サボテンとバントライン」。実は、自分の中でこの曲が筋少のBest Track。 なんか綺麗なMelodyと枯れた感じと大槻氏の「人間とか人生とかそんなもの、だからすべてを許そう」 っていうよな世界観が集結してる気がします。今でもこの曲を聴くと鳥肌が立つ。もしひたちなかで聴けたら、泣きますね。そして、8曲目 「いくじなし」。先日行った沖縄・ 瀬底島のBeachで聴きまくった。目に映る綺麗な海と耳から入る憂鬱な歌詞とMelodyのGapが最高でした。で、14曲目 「元祖 高木ブー伝説」。この曲、恋愛が壊れるときの無力感を唄った重すぎるLove Song。改めて、歌詞の切なさに、しばし感動。 そして、15曲目「何処へでも行ける切手」。これも虚無感にあふれた哀しい曲。
  当時、大槻氏が「"大車輪"の命名は、人生ってくるくる回る車輪みたいだよね」という意味からと言っていた気がする。ほんと、 いまさらだけど、深いですよ、筋少。

● 筋少の大車輪/筋肉少女帯 (1992/Album)
M-01. 大釈迦
M-02. これでいいのだ
M-03. キノコパワー
M-04. 日本印度化計画
M-05. 悲しきダメ人間
M-06. 踊るダメ人間
M-07. サボテンとバントライン
M-08. いくじなし
M-09. Picnic at Fire Mountain~Dream on James,You're Winning~
M-10. Go! Go! Go! Hiking Bus~Casino Royale~~The Longest Day~
M-11. サンフランシスコ
M-12. イワンのばか
M-13. 電波Boogie
M-14. 元祖 高木ブー伝説
M-15. 何処へでも行ける切手
M-16. パンクでポン
* King-Show are Kenji Ohtsuki(Vo),Fumihiko Kitsutaka(G),Toshiaki Honjo(G),Yuichiro Uchida(B),Akira Ohta(Ds).
* Produced by King-Show,Koichi Korenaga,Takuro Konno,Ryomei Shirai and Hajime Okano.
* Mixed by Atsushi Akabw,Noriyasu Murase,Kunihiko Imai,Hideo Ito,Koichi Hirase,Yasuyuki Moriyama and Steve Boyer.
* Directed by Makoto Nakanishi.
* Mastered by Mitsuharu Kobayashi.
* TFCC-88019 1992 Toy's Factory Records.

|

« Asian Kung-Fu Generation/Shibuya-AX/2008.05.29 | Main | マキシマム ザ ホルモン Tour Final »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

「人間とか人生とかそんなもの、だからすべてを許そう」

目の前のトラブルも乗り切れますね!!!

Posted by: 後輩I | Thursday, May 29, 2008 at 19:18

あはは、乗り切りましょう!!
ちなみに明日は16時からディシジョンです。

Posted by: emam | Thursday, May 29, 2008 at 23:44

サボテンとバントライン・・・私も好きでした。
なんか、夜中の気分になる。

多分、当時中2とか・・
深夜の音楽番組を、超みまくってました。

そんなお宝映像満載の、VHSテープを一斉処分しようか
どうしようか、悩み中。
捨てたくない。。。でも、もうウチじゃ見れない。。。

Posted by: soulful_aya | Saturday, May 31, 2008 at 11:48

>soulful_ayaさん
先週のあめとーくでの80年代特集、観ました?
ダイヤモンド★ユカイ氏が「バラとワイン」を歌ってて、ちょっと泣けました。
ところで、そのVHSのテープ、やっぱDVDとかBDとかに焼いておきましょうよ。絶対お宝ですよ。

Posted by: emam | Sunday, June 01, 2008 at 10:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/41358011

Listed below are links to weblogs that reference 「筋少の大車輪/筋肉少女帯」を聴いた:

« Asian Kung-Fu Generation/Shibuya-AX/2008.05.29 | Main | マキシマム ザ ホルモン Tour Final »