« 駒沢 #57 | Main | Honolulu,1st Day »

Sunday, June 15, 2008

「Chronology -a young persons' guide to Grapevine-/Grapevine」を聴いた

  2004年にReleaseされたGrapevineのBest盤というかSingle Collection Album「Chronology -a young persons' guide to Grapevine-」(2004/Album)を、ひさびさに改めて聴きこんだ。
  まさにバイン初心者向けのAlbumということで、2004年当時思ったのは、なんで売れないんだろってこと。で、 聴いて感じたことは、やっぱ曲のLevelが異常に高くて、SimpleなRock'n Rollも綺麗なMelodyな曲もたくさんあって、でもなぜか孤高で、人を選ぶ音楽なんだってこと。で、今もう一度聴くと、 そのLevelの高さに改めて歓心。すべての曲に哀愁感があって、その言葉は尖っていて、単なる曲の羅列になりがちなBest盤だけど、 ちゃんと1本筋の通ったAlbumになっている。やっぱ、いいわ、バイン。
  というわけで、好きな曲を選んでみる。2曲目「ぼくらなら」。2003年にRelease。 いい意味でサビがDramatic。続いて3曲目「会いにいく」。なんか優しいMelodyと哀しい歌詞がきますね。で、5曲目 「ナツノヒカリ」。もともと好きな曲だったんだけど、2007年のShibuya AXでのLiveで聴けて、ますます好きな曲で。ともかく恋愛の気持ちよさを歌ってる。で、6曲目「風待ち」。 透明感に溢れるBallad。そして、8曲目「Our Song」。2001年にReleaseされた当時、 選ばれた言葉の綺麗さに感動したことを思い出す。ともかくDramaricなMedium Tune。泣けます。で、9曲目「ふれていたい」 。Simpleな陽気なRock'n Roll。で、10曲目「Reverb」。この曲、CDJ0708のEarth Stageで聴いたとき、本当に鳥肌が立った。まさにLiveで映えるRock Tune。そして、11曲目「羽根」。 1990年にRelease。切なさとか憂いとかに溢れたMedium Tune。実は今回ひさびさに聴き直して、一番Repeatして、 響いた曲。で、12曲目「光について」と13曲目「スロウ」。この2曲が並ぶこのAlbumはほんと贅沢な感じ。まさに当時、 バインがめちゃめちゃ注目されてて、自分もこの2曲でこのBandが好きになった系。やっぱ、いろいろ沁みますよ、この2曲は。で、 14曲目「白日」。Rockな疾走感ありつつも、豊かなMelodyな佳曲。そして、15曲目「君を待つ間」。 優しいMelodyと歌詞とちょっとした毒に癒される。
  で、いよいよ、来週6/18(水)にGrapvine待望のNew Album「Sing」がReleaseされる。 帰ったら聴きまくらねば...。そしてバインのRIJF2008は最終日8.3(日)で、 気になるTime Table発表も6/18(水)。ともかく、エルレとぶつからないように願うばかり。
 
● Chronology -a young persons' guide to Grapevine-/Grapevine (2004/Album)
M-01. BREAKTHROUGH
M-02. ぼくらなら
M-03. 会いにいく
M-04. BLUE BACK
M-05. ナツノヒカリ
M-06. 風待ち
M-07. discord
M-08. Our Song
M-09. ふれていたい
M-10. Reverb
M-11. 羽根
M-12. 光について
M-13. スロウ
M-14. 白日
M-15. 君を待つ間
M-16. そら
* Grapevine:Kazumasa Tanaka(Vocal,Guitar),Hiroyuki Nishikawa(Guitar),Makoto Nishihara(Bass),Toru Kamei(Drums)
* All Produced by Grapevine.
* Produced by Isao Takano,Satoru Kaneto(John Brief) and Tetsuhiro Miyajima<M-01~03>
* Produced by Takamune Negishi(Dr.Strange Love)<M-04~13>.
* All Sings Mastered by Bob Ludwig at Gateway Mastering Studios.
* Recorded by Tetsuhiro Miyajima,Kazuto Kosugi,Jin Terada,Eiji"Q"Makino,Masanori Chinzei,Makoto Morimoto,Tom Durack,Kikou Ueharam and Masahi Yabuhara.
* Mixed by Tetsuhiro Miyajima,Eiji"Q"Makino,Kikou Ueharam and Masahi Yabuhara,Tom Durack and Masahi Yabuhara.
* PCCA-01986 2004 Pony Canyon Inc,Japan.

cf. Grapevine My CD/DVD List
- 退屈の花-Flowers of boredom- (1998/Album)
- Lifetime (1999/Album)
- Divetime (1999/Album)
- Here (2000/Album)
- Circulator (2001/Album)
- Another Sky (2002/Album)
- イデアの水槽 (2003/Album)
- Chronology -a young persons' guide to Grapevine- (2004/Album)
- deracine (2005/Album)
- Fly (2006/CDS)
- From A Smalltown (2007/Album)
- GRAPEVINE Tour2007 ママとマスター FINAL (2007/DVD)
- 覚醒 10th Anniversary Special Package (2007/CDS)
- 超える (2007/CDS)
- ユニコーン・トリビュート (2007/Album)
- ジュブナイル (2008/CDS)

追記:これからHawaiiに向かいます。ともかく、読書して、ピニャコラーダ飲みまくって、Walkman聴きまくろうっと。 会社の皆様、ごめんなさい...。

|

« 駒沢 #57 | Main | Honolulu,1st Day »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/41539624

Listed below are links to weblogs that reference 「Chronology -a young persons' guide to Grapevine-/Grapevine」を聴いた:

» ゴマキが8ヶ月ぶりステージ 倖田は感涙���avex株主限定ライブ [avex株主総会ライブ一般公開されているのは部分部分…気になる全貌を明らかに]
サプライズにゴマキ、羊水発言での倖田、大人気のEXILEなどavex好きには感涙です! [Read More]

Tracked on Monday, June 23, 2008 at 15:11

« 駒沢 #57 | Main | Honolulu,1st Day »