« 「RIJF2008 Officialパンフレット」を読んだ | Main | 「第三の時効/横山秀夫」を読んだ »

Monday, August 11, 2008

「横濱ウィンナー-Yokohama Wiener/くるり」を聴いた

  くるりのLive Best Album"Philharmonic Or Die"に続き、「横濱ウィンナー-Yokohama Wiener/くるり」(2008/DVD)について。
  これ、去年2007.12.12.パシフィコ横浜にて行われた"ふれあいコンサートファイナル"の模様が収録されたDVD。 このLiveの模様は、先に発売されたLive Best Album"Philharmonic Or Die"で聞いていたのだけど、 やはり岸田氏と佐藤氏がうれしそうに演奏しているのがいい。まさに夢のような時間だったんだろう。Album"ワルツを踊れ-Tanz Walzer"の世界を再現しつつも、それ以外の曲をも昇華させたかけがえなのない2日間。それにしても、M-07「春風」 とM-08「さよなら春の日」の流れはよかった。また、M-10「惑星づくり」とM-11「ARMY」は、完全に蘇生させた気がする。で、 初めて聴くM-13「家出娘」を挟んで、M-14「アナーキー・イン・ザ・ムジーク」。 RockとClassicってこんな形で融合するってことを知った。そして、M-16「WORLD'S END SUPERNOVA」。 4つ打ちTechno Beatが、いい意味でMash Up。これはほんと一見一聴の価値あり。そして、CD音源を再現させたM-17 「ジュビリー」、2人で演ったM-18「男の子と女の子」。で、M-20「言葉はさんかくこころは四角」 。よかったなぁ、これ。綺麗な管弦楽と綺麗なMelodyと切ない歌詞。で、オーラスM-21は2度目のEncoreに応える形で、 2度目の「ブレーメン Encore」。卒業ライブプロジェクトの時の"ブレーメン"も感動したけど、 この曲、どんどん好きなった。まさに曲が成長するってこのことなんだろな。
  で、今回借りたのが初回限定盤だったので、Disc2として、磔磔と京都梅小路公園でのLiveが3曲づつ収録されている。 で、よかったのは、まずはM-02「東京」。この曲、何回CDで聴いても、Liveで聴いても、映像を観ても、背筋がゾクッとする。 語りかけたり、Shoutしたりと、岸田氏のVocalと楽曲が秀逸。で、M-05の「リバー」。Country調であったり、 Rock調であったりと、素朴で前向きなTasteがほんといい。夜の京都梅小路公園で、揺れて聴いている観客の姿、ほんとうらやましい。
  というわけで、このDVD"横濱ウィンナー-Yokohama Wiener"、Album"Philharmonic Or Die"と合わせて、くるりの2人がやりたかったことがほんとわかったし、伝わってきた。9月にRelease予定のMaxi CDS"さよならリグレット"も楽しみだけど、これからどこへ向かうんだろう...。

● 横濱ウィンナー-Yokohama Wiener/くるり (2008/DVD)
<Disc1@パシフィコ横浜>
M-01. ハイリゲンシュタッド
M-02. ブレーメン
M-03. GUILTY
M-04. 恋人の時計
M-05. スラヴ
M-06. コンチネンタル
M-07. 春風
M-08. さよなら春の日
M-09. グッドモーニング  
M-10. 惑星づくり
M-11. ARMY
M-12. アマデウス
M-13. 家出娘
M-14. アナーキー・イン・ザ・ムジーク
M-15. 飴色の部屋
M-16. WORLD'S END SUPERNOVA
M-17. ジュビリー
M-18. 男の子と女の子
M-19. ハローグッバイ
M-20. 言葉はさんかく こころは四角
M-21. ブレーメン Encore
- Yokohama Wiener/Quruli with Ambassade Orchester Wien Pachifico Yokohama Tour 2007 FUreai Concert Final
- ふれあいコンサート ファイナル@パシフィコ横浜 国立大ホール 2007年12月12日
- Shigeru Kishida(Vocal,Guitar),Masashi Sato(Bass)+Yoshiyuki Sahashi(Guitar),Yuko Araki(Drums),Akito Fuchigami(Background Vocal),Yumi Endo(Background Vocal),Masayuki Okazaki(Background Vocal)+Stefan Schrupp(Conductor),Ambassade Orchester Wien
- Produced by Quruli and Dietz.
- Recorded by Andreas Frei and Dietz.
- Edited abd Mixed by Dietz.
- Recording Facility:SCI-Masashi Okada.
- Mastered by Martin Scheer(Swoon Factory),Christoph Stickel & Markus Ammer(Msm Studios,Munich).
<Disc2@磔磔&京都梅小路公園>
M-01. すけべな女の子
M-02. 東京
M-03. モノノケ姫
M-04. 砂の星
M-05. リバー
M-06. 宿はなし
- Trk1,2,3~磔磔
 - Takutaku De Kutakuta@磔磔 2007年12月6日
 - Shigeru Kishida(Vocal,Guitar),Masashi Sato(Bass)+Yuko Araki(Drums),Kazuhiko Fujiki(Guitar)
 - Recorded by Hisashi Mizoguchi.
 - Mixed by Masashi Uramoto and Shigeru Kishida
 - Recording Facility:Power City
 - Mastered by Toru Kosen(JVC Masetring Center).
- Trk4,5,6~京都梅小路公園
 - 京都音楽博覧会@京都梅小路公園 2007年9月23日
 - Shigeru Kishida(Vocal,Guitar),Masashi Sato(Bass)+Bobo(Percussion),Carwyn Ellis(Keyboards,Guitar),Naoki Takao(Background Vocal),Akito Fuchigami(Background Vocal),Yumi Endo(Background Vocal)
 - Recorded by Jun Ito.
 - Mixed by Masashi Uramoto.
 - Mastered by Toru Kosen(JVC Masetring Center).
* VIZL-283 Bad News Co.,Inc. Speedstar Records 2008 Victor Entertainment,Inc.

cf.くるり My CD/DVD List
- ファンデリア(おまけつき) (1998/Mini Album)
- Team Rock (2001/Album)
- The World Is Mine (2002/Album)
- ジョゼと虎と魚たち-Original Soundtrack (2003/Album)
- くるくる鮨 (2004/DVD)
- Birthday (2005/CDS)
- Superstar (2005/CDS)
- 赤い電車 (2005/CDS)
- Baby I Love You (2005/CDS)
- Nikki (2005/Album)
- Juice/くるりとリップスライム (2006/CDS)
- ラヴぃ/リップスライムとくるり (2006/CDS)
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER (2006/Album)
- Jubilee (2007/CDS)
- ワルツを踊れ-Tanz Walzer (2007/Album)
- 言葉はさんかくこころは四角 (2007/CDS)
- Philharmonic Or Die (2008/Album)
- 横濱ウィンナー-Yokohama Wiener (2008/DVD)

|

« 「RIJF2008 Officialパンフレット」を読んだ | Main | 「第三の時効/横山秀夫」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/42139840

Listed below are links to weblogs that reference 「横濱ウィンナー-Yokohama Wiener/くるり」を聴いた:

« 「RIJF2008 Officialパンフレット」を読んだ | Main | 「第三の時効/横山秀夫」を読んだ »