« 焼肉酒房"燔家" | Main | 「ROCK IN JAPAN FES.2008」(WOWOW)を観た »

Friday, September 26, 2008

「さよならリグレット/くるり」を聴いた

  くるり、 ひさびさの20th CDS「さよならリグレット」 (2008/CDS)について。
  このCDSは、くるりがProduceするEvent"京都音楽博覧会"のSpecial記念盤とのこと。とりあえず、 コメントしてみる。
  まずは、Title TuneのM-01「さよならリグレット」。いい意味でPopで定番なくるり名曲系。 Symphonicな季節をすぎて、また幅が広がっての帰還。いやー、いい曲です。ちなみに先日お見かけした江口・ 森高CoupleのジャワカレーCM Song。続いて、M-02「京都の大学生」。綺麗なPianoに乗った京都弁Nativeな曲。で、 M-03「pray」。RhythmのしっかりしたRock'n Roll Tune。これは好きな感じ。そして、LastはM-04 「ばらの花 feat.小田和正 from京都音楽博覧会2007」。これ、去年2007年の音博からの収録モノ。あの小田和正さんって、 やっぱ完全な世界を持ってる。まさに、"くるり meets オフコース"という感じ。新鮮です。
  というわけで、今年はくるりのLiveに行ってない。うーん、今の充実した時間をモノにして、次の世界に進んでもらって、 いいAlbumを作ってもらって、Tourをやってもらいたいと思う今日この頃。待ってます。

● さよならリグレット/くるり (2008/CDS)
M-01. さよならリグレット
M-02. 京都の大学生
M-03. pray
M-04. ばらの花 feat.小田和正 from京都音楽博覧会2007
* Produced by Quruli(M-01),Kazuhisa Uchihashi(M-02),Stephane"Alf"Briat(M-03).
* Words & Music by Shigeru Kishida.
* Recorded by Tohru Takayama,Tsuyoshi Inoue,Kikou Uehara,Stephane"Alf"Briat,Atsushi Ito.
* Mixed by Tohru Takayama,Dietz,Stephane"Alf"Briat,Masashi Uramoto.
* VICL- 36455 Speedstar 2008 Victor Entertainment,Inc.

cf.くるり My CD/DVD List
- ファンデリア(おまけつき) (1998/Mini Album)
- Team Rock (2001/Album)
- The World Is Mine (2002/Album)
- ジョゼと虎と魚たち-Original Soundtrack (2003/Album)
- くるくる鮨 (2004/DVD)
- Birthday (2005/CDS)
- Superstar (2005/CDS)
- 赤い電車 (2005/CDS)
- Baby I Love You (2005/CDS)
- Nikki (2005/Album)
- Juice/くるりとリップスライム (2006/CDS)
- ラヴぃ/リップスライムとくるり (2006/CDS)
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER (2006/Album)
- Jubilee (2007/CDS)
- ワルツを踊れ-Tanz Walzer (2007/Album)
- 言葉はさんかくこころは四角 (2007/CDS)
- Philharmonic Or Die (2008/Album)
- 横濱ウィンナー-Yokohama Wiener (2008/DVD)
- さよならリグレット (2008/CDS)

|

« 焼肉酒房"燔家" | Main | 「ROCK IN JAPAN FES.2008」(WOWOW)を観た »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/42604364

Listed below are links to weblogs that reference 「さよならリグレット/くるり」を聴いた:

« 焼肉酒房"燔家" | Main | 「ROCK IN JAPAN FES.2008」(WOWOW)を観た »