« HMV 193 | Main | 焼き肉 亞瑪羅亭 »

Saturday, October 18, 2008

マキシマム ザ ホルモン/Zepp Tokyo/2008.10.16

  というわけで、行って来ましたマキシマム ザ ホルモンのLive"爪爪爪"TOUR。 場所はひさびさのZepp Tokyo。それしても、今年3回目の彼らのStage。ヘドバンのやりすぎで、いまだに首が痛いLive Reportを。

  今回のTour Final。そもそもはホルモンカラオケ点数対決で勝利した湘南在住のKさんと行く予定だったが、 よりによって法事ということで断念。で、次点な後輩I君と行くはずだったんだけど、 高熱→救急病院→血液検査→肝機能の著しい低下による最悪Loop&Loopなドクターストップでこれまた断念。急遽、 Rockな知り合い系にお誘いメールや電話をしまくるも、「やれ会議だ」、「やれ飲み会だ」、「やれ奥さん看病だ」、 「嫁との約束がある」、「ホルモンはちょっとぉ...」、「(あらためて)山形で法事」とかの反応をいただき、人狩りは断念。 もう、会場に早めに行って、Ticketを腹ペコな少年少女に譲ることに方針転換。
  で、早めに会社を出ようと思った夕方、Kymさんから悲しい携帯電話が...。「昨日とは違う問題が起きてて、 6時から中国と緊急ビデコンやりますんで...。」という会議出頭命令。嗚呼、こりゃあかん。
  で、ちょっとヤバめビデコンで、司会を無視して、勝手に進行して、強制終了気味で、会社を脱出。 東京テレポート駅到着が19時15分頃。 明らかにTicket持っそうなホルモンTeeを着た少年少女が駅のコインロッカー前でガサゴソしてるくらいで、あまりに寂しい改札口。で、 小走りでZeppに行くもホルモンに備え、対バンWrechを聴かずにボーっとタバコ吸ってる少年少女のみ。いつも、 「チケット譲ってください」な腹ペコな少年少女にはまったく遭遇できず...。残念。

 病床の後輩I君にTicket売れずのメールを書いた後、軽く物販を観て、Zepp入り。まずは、 ビールを一気に2杯飲んで、タバコを吸いまくって、Cool Down。で、もう1杯ビールを買って、フロアに入る。 今回の対バンはWrench。 初めて聴いたんだけど、MetalでtechnoでTribalでHardcoreでFunkでHip Hopな、 怒涛な音の洪水だった。音に体を委ねながら、終わりの2曲ほど堪能。今度、ちゃんと聴いてみようと思う、Wrench。

 そして、いよいよ次はホルモン。大人な私はPA横の背が小さめな少年少女カップル後ろにPositioning。 ビールを飲みながら、顔に出さずに、ワクワクしまくる(大人ですし...)。すきっ腹にビールで酔いもいい感じ。で、客電が落ち、 あのメタルポーズロゴの超でかいバックドロップがせり上がり、うぉぉぉぉという大歓声と何本もの拳とホルモンタオルがつきあがって、 2,700人のフロアが最高潮の沸点に。いよいよ、ホルモン登場。マジで鳥肌たった。

  1曲目は、RIJF2008と同じく.「F」。フロア中からの# ポアだ!! ポアだ!! #の絶叫から、2曲目は 「What's up, people?!」へ。ここで、ヘドバンしまくる。飛びまくる。大人なこと忘れる。 前の背が小さめな少年少女カップルにニヤっとされる。で、「ぶっ生き返す!」→「爪爪爪」→「ロッキンポ殺し」へ。 ハンパじゃないMoshとメタルポーズと怒声とヘドバン。このあたりで、 俺の隣にいたマキシマムザ亮君ヘアなドレッド少年のヘドバンで激しく揺れる髪が、俺の顔に当たりまくる。ぶっちゃけ、痛かった。恐るべし、 ドレッドヘアのヘドバン...。

  このあたりのMCはこんな感じ。
・今回のTOURは24本。24本目の大事なTour Final(ダイスケはん)。→24といえば、中畑清の背番号(ナヲ)。
・ぶっ生き返すツアーでここに来てから1年経ちます!!(ダイスケはん)。→この1年の間に2人目が生まれましたぁ(ナヲ)。
・フロアが紅に燃えています! 紅に染まっています!(ナヲ)。→紅に!!(ダイスケはん)。→紅に染まっています!!(ナヲ)。→そこで、 ナヲは瀬川瑛子の「命くれない」を歌い出す...。→X JAPANだと思ったろ。こういう裏切りは好き。 裏切りの街角/甲斐BAND(ナヲ)
・Tourに行くと太る。昨日風呂に入る前、横を向いて鏡に映る自分を見たら、「P」だった...(ダイスケはん)。
もちろん、Wrenchへの激しいRespectもありつつなMCだった。

  で、6曲目は「WxHxUx ~ワシかてホンマは売れたいんじゃい~」。Mini Album「鳳」 もちゃんと聴いておいてよかった。で、カタオケ点数対決の課題曲だった 「生理痛は神無月を凍らす気温。」が7曲目。あの名勝負を思い出す余裕もなく、騒ぎまくる。このあたりで、絶叫しすぎで。 アゴと虫歯が痛くなる。で、「三品 -Sanpin-」→「人間エンピ」の地獄絵図な選曲が。これをLiveで聴くのは初めて。盛り上がる。

  ここで今日のLiveに、ダイスケはんの母親 光枝さんと 北村姉弟の母 キャサリンさんが来ていることを紹介される。 光枝さんは今日のLiveに行くことを楽しみにしてたそうで、でも、Zepp TokyoのことをDip Tokyoと言ってたらしい(ナヲのスライムかよのつっこみあり)。→ # Dipにはぐちゃぐちゃに濡らすという意味があるらしい。 どうせ濡らすなら、このZeppのフロアをスウィートに濡らそうぜぇ~ #というダイスケはんのMCに続いて演奏された 「恋のスウィート糞メリケン」。ナヲのパートで手を横に振って、ちょっと気持ちよくなって、そのまま「アカギ」へ。# ポン! カン! チン! フリ! テン! ツモ! #と# 燃え上がって~#をShoutし、「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」で踊りまくり、 「糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー」で # ガガピガ #させていただく。

  ここで、2階席で観てたエルレ細美さんが紹介される。一気にフロア中が見上げる。# おまえら正直だな~、 おまえらがお金を払って観にきてるのはうちらだからね~ #とナヲ。細美さんはニコニコしてて、元気そうだ。blogを読むと、 そろそろなにか動きそうな予感。ほんと待ってます。ちなみに、今回のLiveには、 一緒に対バンしたBandのメンバーなど関係者が多数観戦。RizeのKenKEN、Scoobie DoのMoby、Rip Slyme、 そしてB'zの松本氏(!)。さすが、Tour Finalは華やかだ。で、細美さんたちもご一緒に(笑)説明なしの"恋のおまじない"。 長めの麺かたこってりで、見ず知らずの人と仰け反って密着する。いつもながら、不思議な時間。そして、本編Lastは、あの「シミ」。 いつもの"メガラバ"でのLastもいいけど、なんかLiveがシマル感じがした。

 そして、Encore。# Bandやっててよかったぁ~ #とナヲが叫んだ後、# 今日という日を後悔してほしくないから。 Disk Garageの皆さん、責任はホルモンが取ります、ごめんなさい #と言って、2階席のお客を1階フロアに呼び込む。 細美さんもRipのみなさんもつられて、1階フロアへ移動。あはは、笑えるし、あったかいな。で、「Kill all the 394」 で盛り上がって、The Blue HeartsのCover「皆殺しのメロディ」に。めっちゃかっこいい。CDS"ざわ・・・ざわ・・・ ざ・・ざわ・・・・・・ざわ"、聴かねば。そして、All Lastは「握れっ!!」。燃焼しました。

  メンバーの口々の# ありがとう!!~ #という言葉に続き、最後に、ナヲが# ヨーロッパに行ってきまーす #。 ちゃんと、 そっちでみとどけてな>Jimakei

  そしてすべての演奏が終わって、会場内に流れる「ロッキンポ殺し」のSE。SEでMoshとDiveが起こってた。 なんか泣けるね、みんないつまでも幸せそうに叫んでて、踊ってて。ダイスケはんもMCの中で言ってたけど、 普段の仕事とかの生活と比べてあまりに非日常な空間。ここ最近の嫌なことをちょっとだけ忘れられた時間。だから、 Live通いはこんなおっさんになってもやめらてない...。ありがとうございました(乳酸たくさんと首が曲がらないけど....)。

●Set List
M-01.「F」
M-02. What's up, people?!
M-03. ぶっ生き返す!!
M-04. 爪爪爪
M-05. ロッキンポ殺し
M-06. WxHxUx ~ワシかてホンマは売れたいんじゃい~
M-07. 生理痛は神無月を凍らす気温。
M-08. 三品 -Sanpin-
M-09. 人間エンピ
M-10. 恋のスウィート糞メリケン
M-11. アカギ
M-12. ブラック\パワーGメンスパイ
M-13. 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ
M-14. 糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
M-15. シミ
<Encore>
M-16. Kill all the 394
M-17. 皆殺しのメロディ
M-18. 握れっ!!
- Date:2008.10.16(Thu)
- Place:Zepp Tokyo
- Tour Title:"爪爪爪"TOUR
- 対バン:Wrench

cf.マキシマム ザ ホルモン Live List
- 2007.08.05 Rock In Japan Fes.2007 at 国営ひたち海浜公園
- 2007.10.17 「ぶっ生き返すツアー」追加蘇生公演 at Studio Coast
- 2008.06.29 湘南音祭 Vol.2 at 江の島・湘南港 特設野外ステージ
- 2008.08.02 Rock In Japan Fes.2008 at 国営ひたち海浜公園
- 2008.10.16 "爪爪爪"TOUR at Zepp Tokyo

  PS.紙くずと化した後輩I君のPremium Ticket。飲みすぎず、 食いすぎず、ほどほどに...。

|

« HMV 193 | Main | 焼き肉 亞瑪羅亭 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments


いやー、詳細レポ、ありがとうございました。
これで11/05(水) GEBAUDE 9(Köln,Germany)に向けてテンション上がりまくりですっ。
外人の腹ペコたちと一緒に見届けてきます!!!

Posted by: Jimakei | Sunday, October 19, 2008 at 16:18

>Jimakeiさん
ドイツでホルモンなんて、なんか凄いね!
moshとかきつそう...。
ドイツ人さんに"恋のおまじない"を教えてあげてください。

Posted by: emam | Sunday, October 19, 2008 at 21:28

バンドのホルモンも、焼肉ホルモンも、しばらくお預けです。。。「お釜法事」の念も持っていくことができなんだ。。。
しかし、このset rist、最強ですね。人間エンピなんてなかなか聞けんですよemam殿。
裏finalに奇跡的に当選することを祈るのみ。。。次の肝臓検査の3日後です。。。

Posted by: 後輩I | Wednesday, October 22, 2008 at 22:05

>後輩I君
復帰おめでとうございます。それにしても、その歳で肝臓の検査とは、大人ですねぇ~~。
ともかく、収納人数2,700人で苦労したZeppに対して、この裏Finalが行われる八王子Match Voxは250人。Zeppも苦労しましたが、それの10倍以上の厳しい戦いです。
もうがんばりましょう。。。

Posted by: emam | Thursday, October 23, 2008 at 06:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/42824414

Listed below are links to weblogs that reference マキシマム ザ ホルモン/Zepp Tokyo/2008.10.16:

» ホルモン・ヨーロッパツアー [Jimalog]
いやー、取っちゃいました。 マキシマム・ザ・ホルモンヨーロッパツアー@ドイツ!!! お一人様25ユーロ。いまの換算率でいくと、3500円弱ってところか。 それにしても、ユーロはどうなっちゃったのよ。ついこの間まで180円にもなろうかってところだったのに。 こんなことなら手持ちのユーロを早いところ日本に送金してしまえばよかったよ。為替成金になれるところだったのに。 (いや、そんなにユーロ持ってませんでした) そんなことより、ホルモンちゃんですよ。 いやー、楽しみだね。 夏フ... [Read More]

Tracked on Sunday, October 19, 2008 at 07:11

« HMV 193 | Main | 焼き肉 亞瑪羅亭 »