« 小田和正/Tokyo Dome/2008.11.27 | Main | 駒沢 #75 »

Sunday, November 30, 2008

「サーフ ブンガク カマクラ/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた

  ASIAN KUNG-FU GENERATION、「ワールド ワールド ワールド」、「未だ見ぬ明日に」 に続く今年3枚目のAlbum「サーフ ブンガク カマクラ」(2008/Album)を聴きまくった。
  ともかく肩の力が抜けたRelaxしたAlbum。これは、Bandとしての底力がないとできない世界。仕事してて思うけど、 Simpleでそぎ落とした商品ほど難しいもの。さりげないこだわりとか安心感とかを、すーっと見せることの難しさとか...。 そんなことが思わずよぎった、江ノ電の各駅をモチーフとした、短編小説集的Album。
  ともかく気に入った曲を。まずはM-01「藤沢ルーザー」 。ほんと躍動感溢れるPower Pop Number。ともかくIntroから一気に盛り上がる曲。前も書いたけど、 ほんと純粋に音楽を楽しんでる彼らの姿が浮かんでくる。ま、今回のPVはちょっとイマイチだったけどね。 で、M-02「鵠沼サーフ」。これはCDS「或る街の群青」 に収録されてた曲。Bluzyでレトロな感じのRock'n Roll。これもアジカン的には新境地。続いて、M-03「江ノ島エスカー」。 これはCDS「転がる岩、 君に朝が降る」に収録された曲。私小説のようなStoryがのかったSimpleなRock Tune。で、M-04 「腰越クライベイビー」。Simpleだけど、タメが効いたRhythmがいい。# 腰上まで君は波に浸かって~ #。 なんか情景が浮かぶ曲。そして、M-06「稲村ヶ崎ジェーン」。弾む曲ってまさにこんな曲だろうな。LiveでJumpしたい曲。で、 M-07「極楽寺ハートブレイク」。Roughな作り込みに隠れたSkillの高さを感じるRock Tune。そして、M-09 「由比ヶ浜カイト」。これはCDS「アフターダーク」 に収録されていた曲。いい意味で大袈裟なアジカンらしい定番曲。しっかり作りこんでるけど、仕上がりがRough。で、LastのM-10 「鎌倉グッドバイ」。# 雨の日には傘になろう 君がひとり濡れないように #、# 風の日には旗になろう 君が見失わないように #。 とってもいい歌詞だと思う。そんな歌詞がゆったりしたRhythmに載ってるMidium Tune。個人的にこのAlbumのBest Truck。
  やっぱ、明るいColorのAlbumって、なんだかんだ言っても好きなんだよね。で、今のアジカンって、2004年頃の 「サイレン」 →「リライト」 →「君の街まで」 あたりのCDSを連発していたころを思い出す。本当に創作意識が高まってる状態なんだろな。そんなアジカンを目撃すべく、いよいよ、 "Tour 酔杯 2008 ~THE FINAL"が始まった。自分が行く日は12/12(Sun)の日本武道館。もう、やばいね。

● サーフ ブンガク カマクラ/Asian Kung-Fu Generation (2008/Album)
M-01. 藤沢ルーザー
M-02. 鵠沼サーフ
M-03. 江ノ島エスカー
M-04. 腰越クライベイビー
M-05. 七里ヶ浜スカイウォーク
M-06. 稲村ヶ崎ジェーン
M-07. 極楽寺ハートブレイク
M-08. 長谷サンズ
M-09. 由比ヶ浜カイト
M-10. 鎌倉グッドバイ
* Asian Kung-Fu Generation:Masafumi Gotoh(Vocals,Guitar),Kensuke Kita(Guitar,Vocals),Takahiro Yamada(Bass,Vocals),Kiyoshi Ijichi(Drums)
* All Songs Written by Masafumi Gotoh.
* Produced by Asian Kung-Fu Generation.
* Recorded by Michifumi Onodera at Inni Recording Hostelry,Aobadai Studio/Kenichi Nakamura at Landmark Studio,Aobadai Studio,On Air Azabu,Folio Sound.
* Mixed by Kenichi Nakamura at Folio Sound.Except M-03 by Michifumi Onodera at Aobadai Studio.
* Mastered by Stephen Marcussen at Marcussen Mastering.
* Edited by Stewart Whitmore at Marcussen Mastering.
* Directed by Kaichiro Shirai.
* KSCL-1310 2008 Ki/oon Records Inc.

cf. Asian Kung-Fu Generation My CD/DVD List
- 未来の破片 (2003/CDS)
- 君という花 (2003/CDS)
- サイレン (2004/CDS)
- リライト (2004/CDS)
- 君の街まで (2004/CDS)
- ソルファ (2004/Album)
- Sol-fa (2004/Album)
- 映像作品集1巻 (2004/DVD)
- 映像作品集第2巻 Live at 武道館+ (2005/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation presents Nano-Mugen Compilation (2005/Album)
- ブルートレイン (2005/CDS)
- ワールドアパート (2006/CDS)
- ファンクラブ (2006/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2006 (2006/Album)
- フィードバックファイル (2006/Album)
- 或る街の群青 (2006/CDS)
- 映像作品集3巻 Tour 酔杯 2006-2007 The Start Of A New Season (2007/DVD)
- アフターダーク (2007/CDS)
- 転がる岩、君に朝が降る (2007/CDS)
- ワールド ワールド ワールド (2008/Album)
- ムスタング (2008/DL)
- 未だ見ぬ明日に (2008/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2008 (2008/Album)
- 藤沢ルーザー (2008/CDS)
- サーフ ブンガク カマクラ (2008/Album)

|

« 小田和正/Tokyo Dome/2008.11.27 | Main | 駒沢 #75 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/43271065

Listed below are links to weblogs that reference 「サーフ ブンガク カマクラ/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた:

« 小田和正/Tokyo Dome/2008.11.27 | Main | 駒沢 #75 »