« めん屋 八蔵 #3 | Main | 「サーフ ブンガク カマクラ/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた »

Saturday, November 29, 2008

小田和正/Tokyo Dome/2008.11.27

  今週の木曜日、2008.11.27。人生初の小田和正さんのLiveに。場所はあのTokyo Dome。 Tour Titleは"KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっとまたいつか」♪今日も どこかで FINAL♪"。

 このLiveの開演時間は18:30。中国との緊急ビデコンが終了するのが18:30予定。で、 案の定、会議は伸びて、途中、家人からの「1曲目は"今日も どこかで"だよ」とかいうメールを見つつ、 会社を出たのは18:45頃。で、水道橋駅に着いたのが、19:20頃。ガラガラのDome周辺を、早足でやっとこさ入口に到着。 「おお、"さよなら"が聴こえる」と思いつつ、まずは汗ダラダラなんで、Beerでも飲もうかと思ったら、 なんとアルコールは販売してないとの張り紙が...。ガーンと思いつつ、やっと席に到着。席は3塁側の1階席。 完全に真横から観る感じだ。ともかく、生まれてはじめて聴く"さよなら"にちょっと感動。

  それにしても、年齢層の高い客席にびっくり。自分ももう、とっくにオッサンだけど、周りは明らかに20年くらい上だ。 ま、小田さん自身もすでに還暦を越えているんだから、そりゃそうだなんだけど...。で、小田さんのMC、 あまりに綺麗な声とMCの話っぷりのGapに、これもまたびっくり。熱いチゲ鍋を食べてやけどしたとか、完全におじいさんの与太話だ。 思わず、苦笑。

 で、このStage構成は、Back ScreenにMain Stageがあり、Mainから2塁あたりに、そして、 1塁、3塁、Back Homeあたりにと、全部で4箇所のSub Stageが、ArenaというかGroundに作られている。 それが花道でつながっていて、小田さんがそのStageを移動しながらLiveを進めるという感じ。ただ、このせっかくの花道なんだけど、 リハーサル中に転倒してを足めたそうで、腰に手を当ててゆっくり歩きながら移動してた。それにしても、 小田さんの歌声はめちゃめちゃいいんだけど、やはり音の反響があり、こだまのように聞こえてしまう。途中から気にならなくなったけど、 やはり、Tokyo DomeでLiveを見るなら、真ん中じゃないときついこと、改めて思い出す。

  そんな感じでLive進む中、懐かしい曲をということで、Medleyでオフコース時代の曲が演奏される。 "眠れぬ夜"なんていまでもカラオケで歌っちゃうこともあるし、"風に吹かれて"は好きだったんだよな~。Screenには、 オフコース時代の若かりし頃の映像などが流れて、本気で懐かしい。で、このMedleyの曲、全曲歌詞を覚えていて歌ってる自分にびっくり。 ほんと中学生ぐらいのとき、Album "over"とか"we are"とか、聴きまくってたんだよな。やっぱ、体は覚えてる。

  そして、Pianoで"生まれ来る子供たちのために"。小田さんの作る曲って、Love Songばかりだけど、 この曲はほんと社会的な題材を歌った曲。もう30年くらい前から聴いてる曲だけど、やっぱいい曲。で、続いて、"言葉にできない"。 この歌詞はやばいね。いろんなこと、思い出す。

  ここで1部が終了。全国各地を回ったこのTour先での映像をまとめた"ご当地紀行 総集編"というものが、 Screenに流れてる。ほんと、どこにでもいる元気なおじいさんという感じ。公園で堂島ロールを鳩と食べるまったりな小田さんとか、 伊丹十三記念館の中で小田さんとか、ま、Fanにはたまんない映像なんだろな...。

  そして、2部がStart。で、演奏された"YES-NO"。この曲、やっぱいいな。この曲で、 初めて立ち上がってLiveを鑑賞し、そのまま、"ラブ・ストーリーは突然に"。隣の少々年輩の女性も、立ち上がって、 Rhythmをとって、口ずさんでる。微笑ましいです...。そして、"キラキラ"。自転車に乗りながら、小田さんは歌いながら、 Arena席の会場を回ってる。息も切れないで歌ってて、ほんと元気だ。そんな感じのUpめの曲があったり、 「今の自分の気持ちを素直に書いた。深読みしないで欲しい。」というコメントの後、新曲"さよならは言わない"が演奏されたりして、 2部が終了。

 で、Encoreに。Encoreの2曲目に"YES-YES-YES"が。あの叫ぶようなHigh Tone Voiceを生で聴けて、結構うれしい。で、2回目のEncoreをへて、最後の最後に歌われたのは、本日2回目の"今日も どこかで"。 1回目は大遅刻で聴けなかったので、よかった。Dome中の観客が一緒に歌ってるのは、素直にいいと思います。

  そんな感じで人生初の小田さんのLiveが終了。ま、たまにはこんなLiveというか、Concertもいいもんだ。 それしても、Set Listを見ると、自分的にBest Trackな"愛を止めないで"が聴けなかったのは、大大後悔...。 来週の桑田さんのパシフィコ横浜は、意地でも早めに会社を抜け出そうっと。

●Set List
M-01. 今日も どこかで
M-02. 春風に乱れて
M-03. 愛を止めないで
M-04. 伝えたいことがあるんだ
M-05. 僕らの街で
M-06. 思いのままに
M-07. きかせて
M-08. さよなら
M-09. たしかなこと
M-10. 恋は大騒ぎ
M-11. もう歌はつくれない
M-12. Medley 夏の終り~眠れぬ夜~こころは気紛れ~風に吹かれて~やさしさにさようなら~between the word & the heart-言葉と心-
M-13. 生まれ来る子供たちのために
M-14. 言葉にできない
M-15. NEXTのテーマ~僕らがいた~
M-16. YES-NO
M-17. ラブ・ストーリーは突然に
M-18. キラキラ
M-19. こころ
M-20. 緑の日々
M-21. 東京の空
M-22. さよならは言わない
M-23. ダイジョウブ
<Encore>
M-24. またたく星に願いを
M-25. YES-YES-YES
M-26. 君住む街へ
M-27. 忘れてた 思い出のように
M-28. 今日も どこかで
- Date:2008.11.27(Thu)
- Place:Tokyo Dome
- Tour Title:KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか」♪今日も どこかで FINAL♪

|

« めん屋 八蔵 #3 | Main | 「サーフ ブンガク カマクラ/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた »

Live」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/43265437

Listed below are links to weblogs that reference 小田和正/Tokyo Dome/2008.11.27:

« めん屋 八蔵 #3 | Main | 「サーフ ブンガク カマクラ/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた »