« 「GoodFellas/グッドフェローズ」を観た | Main | 「Raising Bull/レイジング・ブル」を観た »

Sunday, March 01, 2009

「ガール/奥田英朗」を読んだ

  二子玉川の紀伊国屋書店で気になり、ひさびさに読んでみた奥田英朗氏の 「ガール」 (講談社文庫)について。
  30代の働く女性を主人公にした5つの短編集。簡単にあらすじを。
  「ヒロくん」:所詮世の中はまだまだ男性中心の社会という中で、 自分より年上の部下を持つことになった30代で管理職についた女性の語。わかってくれるのはダンナの"ヒロくん"だけという話。 ふむふむ...。
  「マンション」:マンションを購入するか否かで揺れる女性の話。結婚とマンション購入は別問題ということ。ふむふむ...。
  「ガール」:いつまでも"ガール"な38歳の女性の近くにいる32歳の女性の話。結婚しても、子供ができても、 生涯一ガールとして女の子は楽しまなくっちゃという話。ふむふむ...。
  「ワーキング・マザー」:29歳で子供を産んで、32歳で離婚して、Single Motherとしてで営業部に復職した女性と独身女性がとあるProjectでぶつかる話。これもふむふむ...。
  「ひと回り」:新入社員は、ひとまわり年下のイケメン君。その彼に恋してしまったチューター女性の話。 これまたふむふむ...。
  自分は男なんで、言える!言える!なんて言う立場じゃないけど、結構、興味深い話ばかり。 自分の会社はたぶん男女平等が当たり前で、自分の職場も女性ばかりだけど、きっとこんな話をしてるんだろな、なんて思い当たることばかり。 女性であること、歳をとっていくこと、働くこと、家族を大切にすること、 そんなことへの楽しさと自由さと焦りと恐ろしさと寂しさを教えてくれた本。今をみつめて、ちょっとだけ将来を考えることって、 とっても大事なんだろな...。女心の複雑な機微、勉強になりました。また読みたくなった奥田英朗氏でした。

cf.奥田英朗 読破 List
- サウスバウンド
- イン・ザ・ プール
- 空中ブランコ
- 東京物語
- 邪魔
- 真夜中のマーチ
- ウランバーナの森
- 最悪
- ララピポ
- ガール

|

« 「GoodFellas/グッドフェローズ」を観た | Main | 「Raising Bull/レイジング・ブル」を観た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/44212634

Listed below are links to weblogs that reference 「ガール/奥田英朗」を読んだ:

« 「GoodFellas/グッドフェローズ」を観た | Main | 「Raising Bull/レイジング・ブル」を観た »