« 「98.12.28 男達の別れ/Fishmans」を聴いた | Main | 五反田ハッピー »

Friday, April 03, 2009

「ジウI 警視庁特殊犯捜査係/誉田哲也」を読んだ

  先日読んだ誉田哲也氏の犯罪小説 「ストロベリーナイト」 。で、なぜか後輩I君から借りた"ジウ3部作"の中から、まずは「ジウI 警視庁特殊犯捜査係」(中公文庫)について。
  こんな話。都内の住宅地で人質篭城事件が発生し、所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊犯捜査係(SIT)が出動する。 門倉美咲巡査は食事の差し入れ役として犯人の元に向かうが、失態を起こし、左遷される。一方、伊崎基子巡査はその犯人逮捕の活躍で、 警視庁特殊急襲部隊(SAT)という重要な役割を与えられる。 人当たりが良く犯人の説得なども得意な心優しい"美咲"と戦いや修羅場の中で喜びを見出す"素子"という、性格も行動も対照的な2人。 未解決の児童誘拐事件を追う"美咲"と新たな任務に命をかける"基子"は、また同じ現場で交差することになる...。
  この2人のヒロインを描いた警察小説は、主役がどんどん変わるけど、とても読みやすい。で、Speed感もいいし、 その登場人物の丁寧な描写や生々しい残虐なSceneなど、ほんと筆者の構成力と文筆力には感心しました。さ、次回作「ジウII 警視庁特殊急襲部隊」にそのまま、突入中。
 
cf.誉田哲也 読破 List
- ストロベリーナイト
- ジウI 警視庁特殊犯捜査係

|

« 「98.12.28 男達の別れ/Fishmans」を聴いた | Main | 五反田ハッピー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/44549535

Listed below are links to weblogs that reference 「ジウI 警視庁特殊犯捜査係/誉田哲也」を読んだ:

« 「98.12.28 男達の別れ/Fishmans」を聴いた | Main | 五反田ハッピー »