« さよなら、キヨシロウ | Main | 駒沢 #91 »

Saturday, May 09, 2009

Imawano Kiyoshiro Aoyama Rock'n Roll Show 2009.5.9

  今日は、青山葬儀所にて、ちゃんと清志郎の送別会を見届けてきました。今日の葬儀のTitleは「Imawano Kiyoshiro Aoyama Rock'n Roll Show 2009.5.9」。ほんと清志郎らしいロックショー。 ガキからおばさんやおっさん、有名人から一般ピープルまで、みんな、もの凄い数の人々が、ここ青山に集まってた。

  記帳した後に、もらったCard。遺影に「イエーッ!!」って書いてある。あはは、最高です、こんな言葉。でも、 「感謝 For You」って言われても、そのまんま、お返しします。

  というわけで、12時ごろ葬儀所に着いて、先に並んでたMruちゃんと合流して、その後、 Cuminさんも合流して行った今日のロックショー。葬儀会場に流れる清志郎のたくさんの歌にあわせて口ずさんだり、 参列していた有名人(自分が見た限りは、大竹しのぶさん、池田貴史さん<100s>、セイジさん<ギターウルフ>、 グレートマエカワさん<フラワーカンパニーズ>)をながめたり、3人で清志郎やRCにまつわるよもやま話をしたり、 もう何年も会っていない同期入社のHirano君から突然「青山に来てる?」 っていう電話がかかってきたり(Hirano君も清志郎やRCが大好きだった。当時The Timersが起こした夜ヒットでのFM東京事件のビデオを、Hirano君から借りたんだ...)ながら、3時間並び続けた。

  で、祭壇には、Gibsonのギター、ドラムセット、アンプ、愛車のチャリ、ネックレスがグルグルまかれた位牌とか。 僕の献花は、黄色いバラだった。白黒ではない、紅白の幕がかかった慰霊場を見て、清志郎の遺影の前に立ってからから、思いっきり、 泣きました。会場に来れなかった友達たちのためにも、祈るつもりだったけど、ただただ、涙が止まらなくなりました。 そのとき会場に流れていた曲はRCの「よそ者」だった。RCで自分が一番好きなAlbum「Blue」。それからの「よそ者」 を流してくれてた。

  そろそろ、ちゃんとします、しゃんとします。ここ1週間、つきまくってたため息も、そろそろ止めたいと思います。 ともかく、ガキの頃から、いろんなことを教えていただきました。あなたが残してくださった音楽を聴けば、また会えますね。 ありがとうございました。

asahi.com 朝日新聞社: 「ずっと僕たちの中に」忌野清志郎さん雨あがりの葬儀-社会
asahi.com 朝日新聞社:言葉、 声、歌ずっと生きている 清志郎さん葬儀弔辞全文-社会

|

« さよなら、キヨシロウ | Main | 駒沢 #91 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/44959263

Listed below are links to weblogs that reference Imawano Kiyoshiro Aoyama Rock'n Roll Show 2009.5.9:

« さよなら、キヨシロウ | Main | 駒沢 #91 »