« 「Seriously Live In Berlin/Phil Collins」を観た | Main | 「映像作品集5巻~live archives 2008~/Asian Kung-Fu Generation」を観た »

Friday, October 30, 2009

「ソウルケイジ/誉田哲也」を聴いた

Tetsuyahonda_soulcage ちょっとご無沙汰の誉田哲也氏。ひさびさに、三軒茶屋Tsutayaでみつけた「ソウルケイジ」(光文社)を読んでみた。
 こんな話。多摩川土手に放置されたワンボックス・カーの中から、血塗れの左手首が発見された。で、近くの工務店のガレージが血の海になっており、この見つかった手首は工務店の主人のものと判明した。姫川玲子ら捜査一課の刑事達らによる死体なき殺人事件として捜査が開始された。
 この「ソウルケイジ」は、前作「ストロベリーナイト」の続編にあたるもの。主人公の"姫川玲子"、捜査上彼女と対立する"日下"、彼女も気になる部下"菊田"、彼女を慕う"井岡"や監察医の"國奥"、そして頼りになる上司"今泉"とか、相変わらずいいキャラが揃ってる。それにしても、血まみれの手首の殺害Sceneは、目を背けたくなるほどめちゃめちゃエグかった。
 というわけで、このSeries、とても読みやすい文章で、グイグイ読んでしまう。父性という重いThemeを扱いながらも、各登場人物のキャラとStoryと文体がすっきりしているのは、素晴らしい。こんなEntertaiment小説、たまにはいいです。

cf.誉田哲也 読破 List
- アクセス (2004)
- 疾風ガール (2005)
- ジウI 警視庁特殊犯捜査係 (2005)
- ストロベリーナイト (2006)
- ジウII 警視庁特殊急襲部隊 (2006)
- ジウIII 新世界秩序 (2006)
- 月光 (2006)
- ソウルケイジ (2007)

|

« 「Seriously Live In Berlin/Phil Collins」を観た | Main | 「映像作品集5巻~live archives 2008~/Asian Kung-Fu Generation」を観た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/46620007

Listed below are links to weblogs that reference 「ソウルケイジ/誉田哲也」を聴いた:

» 誉田哲也 「ソウルケイジ」 [映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!]
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334746681 【あらすじ】 多摩川土手に放置された車両から、血塗れの左手首が発見された!近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。死体なき殺人事件として捜査が開始された。遺体はどこに?なぜ手首だけが残されていたのか?姫川玲子ら捜査一課の刑事たちが捜査を進める中、驚くべき事実が次々浮かび上がる−−。 この誉田哲也氏による姫川玲子シリーズ やっと続編が文庫になり楽しみに... [Read More]

Tracked on Sunday, November 01, 2009 at 09:44

« 「Seriously Live In Berlin/Phil Collins」を観た | Main | 「映像作品集5巻~live archives 2008~/Asian Kung-Fu Generation」を観た »