« Flax | Main | 「The Fly/ザ・フライ」を観た »

Tuesday, June 22, 2010

「ランゲルハンス島の午後/村上春樹・安西水丸」を読んだ

Harukimurakami_rangeruhansutounogog 軽い本を読みたい気分だったので、本棚を物色し、25年ほど前に読んだことのある村上春樹氏安西水丸氏共著の「ランゲルハンス島の午後」(新潮文庫)を再読した。
 これ、安西水丸氏のColorfulで日常的で優しいイラストに、村上春樹氏の無邪気で鋭く、暖かなエッセイ。で、このエッセイは「レストランの読書」、「ブラームスとフランス料理」、「シェービング・クリームの話」、「夏の闇」、「女子高校生の遅刻について」、「財布の中の写真」、「みんなで地図を描こう」、「ONE STEP DOWN」、「洗面所の中の悪夢」、「時計はいかにして増加するか」、「トレーナー・シャツ雑感」、「CASH AND CARRY」、「UFOについての省察」、「猫の謎」、「哲学としてのオン・ザ・ロック」、「デパートの四季」、「BUSY OFFICE」、「ニュースと時報」、「小確幸」、「葡萄」、「八月のクリスマス」、「ウォークマンのためのレクイエム」、「「核の冬」的映画館」、「地下鉄銀座線における大猿の呪い」、「ランゲルハンス島の午後」の25編が収録されてる。
 自分的に特によかったのは、学生のときの少々の遅刻はいいんじゃないっていう「女子高校生の遅刻について」、描く地図にも上手い下手があるという「みんなで地図を描こう」、人生における小さくはあるが確固とした幸せという「小確幸」、8月のバーゲンで買うクリスマスレコード「八月のクリスマス」、そして使い込んだWalkmanIIへ贈る「ウォークマンのためのレクイエム」。
 ちなみにこれ、女性誌の"CLASSY"に連載されてたエッセイとのこと。あんなでっかいサイズで安西水丸氏のイラストを楽しめたらきっと和むだろうな。

cf.村上春樹 読破 List
- 風の歌を聴け (1979)
- 中国行きのスロウ・ボート (1980)
- カンガルー日和 (1981-1983)
- レキシントンの幽霊 (1986)
- ランゲルハンス島の午後 (1986)
- ノルウェイの森 (1987)
- TVピープル (1990)
- もし僕らのことばがウィスキーであったなら (1997)
- ふわふわ/村上春樹・安西水丸 (1998)
- Mr.and Mrs.Baby and Other Stories-犬の人生/Mark Strand-マーク・ストランド (1998)
- 神の子供たちはみな踊る (1999-2000)
- 海辺のカフカ (2002)
- アフターダーク (2004)
- 東京奇譚集 (2005)
- ふしぎな図書館/村上春樹・佐々木マキ (2005)
- 走ることについて語るときに僕の語ること (2007)
- 1Q84 a novel BOOK 1<4月-6月> (2009)
- 1Q84 a novel BOOK 2<7月-9月> (2009)
- 1Q84 a novel BOOK 3<10月-12月> (2010)

|

« Flax | Main | 「The Fly/ザ・フライ」を観た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/48691159

Listed below are links to weblogs that reference 「ランゲルハンス島の午後/村上春樹・安西水丸」を読んだ:

« Flax | Main | 「The Fly/ザ・フライ」を観た »