« 旬野菜の自然派中華 月世界 | Main | 「Little Shop of Horrors/リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」を観た »

Thursday, June 03, 2010

「幸福な犬 世界一幸せな飼い主になる方法/渡辺眞子」を読んだ

Kofukunainu 三茶のTsutayaで見つけた本「幸福な犬 世界一幸せな飼い主になる方法/渡辺眞子」について。
 これ、宝物だった愛犬を亡くし、犬のいない失意の日々にいた筆者 渡辺眞子さんの元にやってきたトイプードルのクータ。クータと共に、原因不明のかゆみとか、寄生虫とか、獣医や歯科を探すこととか、不妊去勢手術とか、いろんなトラブルや事態に対応して、奔走しまくったことが書かれたEssay。
 そんな筆者が体験したEssayなんだけど、ところどころで、日本のペット事情の暗部を完全にえぐっている。飼えなくなったペットが保健所に持ち込まれる実態。ひどいときは、犬猫あわせて、1年間で約65万頭なので、1日に約1,780頭、1時間当りでは74頭、つまりたった1分の間に1頭以上もの尊い命が奪われていたのが現実。そのほとんどが、どこにでもいる"普通の飼主"によって捨てられたものたち。飼えなくなる理由って人それぞれなんだけど、噛み癖が直らなかったり、吠え続けたり、おしっこがちゃんとできなくて、だんだん愛情がなくなって、このような悲しい結果になっているとのこと。わんこと生活することで一番思うのは、一緒にいる人間に負担がかからず、ずっと愛情を注げられるように、しつけをちゃんとすること。わかっていても、なかなかできていない。でも、一緒に生活できずに、結果、炭酸ガスによる殺処分なんてことは、やっぱり考えたくない。ほんと考えさせられました。
 筆者が伝えたいのは、「幸福な犬とは、幸福な飼い主と暮らすことができた犬のこと」とのこと。うーん、自分が今、LoveやPeaceと暮らす前、小学校の頃はポチという雑種、高校の頃は、ケースケという柴犬を飼っていた。ポチとケースケは、幸福な犬だったのだろか...。わんこ好きなみなさま、この本、オススメです。

|

« 旬野菜の自然派中華 月世界 | Main | 「Little Shop of Horrors/リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」を観た »

Dog」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/48529962

Listed below are links to weblogs that reference 「幸福な犬 世界一幸せな飼い主になる方法/渡辺眞子」を読んだ:

« 旬野菜の自然派中華 月世界 | Main | 「Little Shop of Horrors/リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」を観た »