« 「Seven Pounds/7つの贈り物」を観た | Main | 駒沢 #190 & 多摩川 #23 »

Friday, October 01, 2010

「マジックディスク/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた

Akg_magicdisc この2010年夏、本当に本当によく聴いたAsian Kung-Fu GenerationのNew Album「マジックディスク」(2010/Album)についてくどくどと書く。
 今回のアジカンは本当に変わったと思う。いい意味での彼らの鉄板な8 BeatのRock Tuneに加え、BrassやStringsやPercussion、そしてSynthesizerなどなど、今まであまり使ってこなかった楽器たちを導入して、自分達の殻を破って前に進んでる。Stringsなんて、Album「ソルファ」に入ってる「海岸通り」くらいしか思いつかない。そんな拡大した音楽性に、現代感とか世代感を歌ったMessageが載ってる。くどいけど、本当にしかも最高に進化したと思う。
 で、曲について書いてみる。M-01「新世紀のラブソング」。これ、2009年にReleaseされた先行CDS。♪朝方のニュースでビルに飛行機が突っ込んで 目を伏せるキャスター そんな日もあった 愛と正義を武器に僕らは奪い合って 世界は続く 何もなかったように♪。こんな言葉がPoetry Readingのような淡々とつぶやように歌われて、ジワジワと強力なBeatへと転がっていく。この曲で、アジカンの新機軸が始まった。M-02「マジックディスク」。前へ前へと前倒しされる前進あるのみのMelodyに、Rockに夢と魂を込めてる。まさにMusicianの音楽やCD対する純粋な想いが真摯に伝わってくる。M-03「双子葉」。♪何気ないこの日々がかけがえのないこと それを敢えて今さら 口にしないでよ♪。仲間とか彼女とか、日常であたり前につながっていくことを丁寧に描いてる。それにしてもアジカンの"繋がる"って想いは、ずーっと変わらない。M-04「さよならロストジェネレイション」。♪2010は僕たちを一体何処へ連れていくの♪と冷静に書きながらも、2010年という新しいDecadeへの思いと希望が込められた曲。今後、10年代って言葉でいろいろくくられていくんだな。この曲で、初めて10年という節目を思うことができた。M-05「迷子犬と雨のビート」。♪僕たちの現在を 繰り返すことだらけでも そう いつか君と出会おう そんな日を思って 日々を行こう♪。こんなPositiveなMessageが、PositiveなMelodyに乗ってる。しかもアジカン初のHornが導入。Trumpet、Trombone、Tenor saxophone、Alto saxophoneといったBrassが高らかに鳴ってる。いやー、最高っす。まさに新しいAnthemが生まれた。この曲について、以前、このように書いたけど、まさにその通り。このAlbumで一番好きな曲。M-06「青空と黒い猫」。孤独を描いて、孤独を知る。でも、ちゃんと"繋がりたい"と思ってる。いい曲です。M-07「架空生物のブルース」。♪話題が尽きたら裸になろう 架空生物の物真似みたいなスタイルで抱き合って 壊そう 溶け合うまで♪。こんなLove Songって、アジカンにはなかったと思う。初めてこのAlbumを聴いたとき、一番ひっかかったのはこの曲だった。M-08「ラストダンスは悲しみを乗せて」。このBeat感あふれるRock Tuneはほんと新鮮。Percussionの音って、こんなにImpactあるとは。この曲もいい。M-09「マイクロフォン」。アジカンらしい変則Rhythm。M-10「ライジングサン」。このDrumのRhythmは本当に豊か。サビに向かっての気持ちよさは、生まれたばかりの太陽につながる。M-11「イエス」。この曲のThemeも"繋がる"こと。なんだかんだ言っても、こんな素直なRock Rollを作れるアジカンは、信じられる。M-12「橙」。♪雨が上がって 頬が乾いて その跡に虹が架かるような そんな時を想っているよ♪。前向きなLyricに、前向きなMelody。鉄板だけど、素直にいい。で、And extra trackとして、Lastに収録されたM-13「ソラニン」。いい意味であの頃から変わらない青臭さや切なさや初期衝動がつまった佳曲。ほんとEmotionalで丁寧なRock Tune。
 自分が手に入れたのは初回生産限定盤だったので、DISC2としてDVDが付属(いつもありがたいです...)。この2月にN.Y.Cで行われたRecordingの模様が収録されたDocumentary「ASIAN KUNG-FU GENERATION NY RECORDING 2010/2/2-2/9」とN.Y.Cでの「extra feature "off shot"」が入ってる。この映像を観る限り、いい意味で後藤正文氏の作りたい音楽を信じて、喜多建介氏、山田貴洋氏、そして伊地知潔氏は実現するための努力をしてる。最後は邪魔しないように、ほっておいて、N.Y.C.観光してる。ゴッチの強権体質ではなく、他3人の依存体質でもない。たぶん、素直に信頼関係ができてるってことなんだろう。そんな今のアジカンのBandとしての空気が伝わってきた。
 というわけで、やっぱ、"繋がる"って大事。やっぱ、行こうかな、最新Live。

● マジックディスク/Asian Kung-Fu Generation (2010/Album)
=DISC1 CD=
M-01. 新世紀のラブソング
M-02. マジックディスク
M-03. 双子葉
M-04. さよならロストジェネレイション
M-05. 迷子犬と雨のビート
M-06. 青空と黒い猫
M-07. 架空生物のブルース
M-08. ラストダンスは悲しみを乗せて
M-09. マイクロフォン
M-10. ライジングサン
M-11. イエス
M-12. 橙
M-13. ソラニン
=DISC2 DVD=
M-01. ASIAN KUNG-FU GENERATION NY RECORDING 2010/2/2-2/9
M-02. extra feature "off shot"
* Asian Kung-Fu Generation:Masafumi Gotoh(Vocals,Guitar,Programming),Kensuke Kita(Guitar,Vocals),Takahiro Yamada(Bass,Vocals),Kiyoshi Ijichi(Drums)
* All Songs Written by Masafumi Gotoh.
* Except Track M-03 Music by Masafumi Gotoh and Kensuke Kita.
* Except Track M-13 Words by Inio Asano.
* Produced by Asian Kung-Fu Generation.
* Recorded by Kenichi Nakamura(M-01,02,04-09)at Landmark Studio,Yokohama,Eiji "Q" Makino(M-03,12,13) at Landmark Studio,Yokohama and Geoff Sanoff(M-10,11) at Stratosphere Sound,New York.
* Mixed by Kenichi Nakamura(M-01-09,12) at Folio Sound,Tokyo,Eiji "Q" Makino(M-13) at Atelier Q,Tokyo and Geoff Sanoff(M-10,11) at Stratosphere Sound,New York.
* Mastered by Stephen Marcussen at Marcussen Mastering.
* Edited by Stewart Whitmore at Marcussen Mastering.
* Directed by Kaichiro Shirai.
* DVD Staff:
- Camera:Hiroo Takaoka,Chihiro Otsuka.
- Director:Hiroko Ishizuchi.
- Producer:Hiromi Murano.
* KSCL-1610~11 2010 Ki/oon Records Inc.

cf. Asian Kung-Fu Generation My CD/DVD List
- 未来の破片 (2003/CDS)
- 君という花 (2003/CDS)
- サイレン (2004/CDS)
- リライト (2004/CDS)
- 君の街まで (2004/CDS)
- ソルファ (2004/Album)
- Sol-fa (2004/Album)
- 映像作品集1巻 (2004/DVD)
- 映像作品集2巻 Live at 武道館+ (2005/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation presents Nano-Mugen Compilation (2005/Album)
- ブルートレイン (2005/CDS)
- ワールドアパート (2006/CDS)
- ファンクラブ (2006/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2006 (2006/Album)
- フィードバックファイル (2006/Album)
- 或る街の群青 (2006/CDS)
- 映像作品集3巻 Tour 酔杯 2006-2007 The Start Of A New Season (2007/DVD)
- アフターダーク (2007/CDS)
- 転がる岩、君に朝が降る (2007/CDS)
- ワールド ワールド ワールド (2008/Album)
- ムスタング (2008/DL)
- 未だ見ぬ明日に (2008/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2008 (2008/Album)
- 藤沢ルーザー (2008/CDS)
- サーフ ブンガク カマクラ (2008/Album)
- 映像作品集5巻~live archives 2008~ (2009/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2009 (2009/Album)
- 新世紀のラブソング (2009/CDS)
- ソラニン (2010/CDS)
- 迷子犬と雨のビート (2010/CDS)
- マジックディスク (2010/Album)
- ∀-Turn a/iLL (2010/Album)

|

« 「Seven Pounds/7つの贈り物」を観た | Main | 駒沢 #190 & 多摩川 #23 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

私もまだまだヘビロテで堪能しています。ほんとこのアルバムは新境地を開拓してますよ。すごいいい。ライブも行きますよ~。

Posted by: kyochan | Sunday, October 03, 2010 at 23:41

>kyochan

うぃっす!いいよね、このアジカン。完全に一皮むけました~

Posted by: emam | Monday, October 04, 2010 at 06:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/49615548

Listed below are links to weblogs that reference 「マジックディスク/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた:

« 「Seven Pounds/7つの贈り物」を観た | Main | 駒沢 #190 & 多摩川 #23 »