« 「Hannibal Rising/ハンニバル・ライジング」を観た #2 | Main | 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO」(Space Shower TV)を観た »

Thursday, October 14, 2010

「Time Files...1994-2009/Oasis」を聴いた

Oasis_timefiles19942009 まだなんとなく信じられないOasisの解散。Noel Gallagher脱退から始まった今回の解散劇なんだけど、くどいけど、いまだに信じられない。で、この6月にReleaseされたOasisの全歴史を総括する全Single集「Time Files...1994-2009」(2010/Album)。信じられない気持ちのまま、聴いていた。

 あらためて曲についていろいろ書いてみる。まずは、DISC:1から。M-01「Supersonic」。これがOasisの自信にあふれたDebut CDS。まさにこの曲から始まった。M-02「Roll With It」。この曲がReleaseされた1995.8.14、Blurも1週間前倒しで新曲「Country House」をぶつけてきたという"Oasis vs Blur"となったCDS。そんな空騒ぎはともかく、当時のBlit Popの凄まじさを思い出す。M-03「Live Forever」。今でもこの曲のIntroが流れ、Liamの声が入ったとき、全身に鳥肌が立つ。まさにOasisというBandを決定付けた名曲。思い入れが強すぎて、これ以上書けない...。M-04「Wonderwall」。このAcoustic GuitarのCuttingも最高にかっこいい。初期の名曲の1つ。M-05「Stop Crying Your Heart Out」。5th Album"Heathen Chemistry"からのSingle Cut。当時、21世紀の「Wonderwall」って言われてたBallad。M-06「Cigarettes & Alcohol」。まさにOasis節全開のRock Tune。なんで飽きないんだろう...。M-07「Songbird」。Liam Gallagher作の愛情あふれるPop Tune。ちなみにNoel以外のOasis Memberが作った曲がCDSになったのは、この曲が初めて。M-08「Don't Look Back In Anger」。NoelがVocalを取った初CDS。まさに僕達のAnthemとはこの曲。これも自分の思い入れが強すぎて書けない...。M-09「The Hindu Times」。AndyとGemが加入した2002年頃の作品。このあたりからOasisの再浮上が始まった気がする。M-10「Stand By Me」。3rd Album"Be Here Now"からのCDS。The Beatlesの焼き直しって言われたって、このMelody Lineはほんとうに世代の宝物。HornやStringsがどんどん盛り上げてくれる。M-11「Lord Don't Slow Me Down」。2007年にReleaseされたOasis唯一のDownload CDS。Bluzyで、乾いたHeavyなリフが印象的。同名映画"Lord Don't Slow Me Down"だけど、もう一度ちゃんと観ねば...。M-12「Shakermaker」。1994年にReleaseされた2nd CDS。このタメが効きまくったMelody Lineは、まさに伝統的なUK Rockの正統な後継者だった。M-13「All Around The World」。これまたThe Beatlesを彷彿される大曲。繰り返し流れるChorusとMelody Lineがジワジワと高みまでアゲテくれるDrug Song。僕達に60年代のDrugまみれの高揚感を教えてくれた曲。

 続いて、DISC:2へ。M-01「Some Might Say」。1985年、名盤"(What's The Story)Morning Glory?"からの先行CDS。Oasis初のUK No.1に。この乾いたRock Tuneがいい。M-02「The Importance Of Being Idle」。ブ厚くて、ザクザクしてるけど、どこか飄々としてる不思議なMelody。M-03「D'You Know What I Mean?」。重戦車のような重厚な音がはじめて聴いたとき、グッときた曲。まさにOasis絶頂時のCDSだったかもしれない。M-04「Lyla」。2005年、Album"Don't Believe The Truth"からの先行CDS。Oasisらしいタメの効いたRhythmとサビの高揚感が気持ちいい。M-05「Let There Be Love」。NoelとLiamの兄弟が交互に歌う美しくて暖かいBallad。M-06「Go Let It Out」。2000年の作品。Big Brotherの設立やCreation Recordの閉鎖など、今思えば、激動の時期。Psycheな曲調。M-07「Who Feels Love?」。極上のTrip感です。M-08「Little By Little」。NoelがVocalを取ってるガシガシしたRock Tune。M-09「The Shock Of The Lightning」。2008年、結果的にLast Albumになってしまった"Dig Out Your Soul"の先行CDS。重低音な響きとPsychedelicなSound、GuitarのNoizse、そしてタイトなDrummingなど、異様なDrive感が最高。今思えば、2009年3月の幕張メッセでのLive、行けてよかった!! M-10「She Is Love」。「Little By Little」との両A面CDS。軽快なRhythmが気持ちいい。太陽の下で聴けたら最高。M-11「Whatever」。1994年にReleaseされたCDS。Stringsも使われて、最高にRomanticな名曲。で、2002年、とある商品のTV-CMにこの曲が使われた。今までの苦労がぶっ飛んだ気がした。今でも鳥肌が立って、涙腺が緩む。数あるOasisの想い出の中で、最高の想い出。M-12「I'm Outta Time」。綺麗で美しいMelody LineのBallad。この触れ幅が、Oasisから絶対離れられない理由。M-13「Falling Down」。2009年にReleaseされた期せずそうなってしまったOasisのLast CDS。ゴリゴリしてるけど、どこかSentimentalな曲。M-14「Don't Go Away」。1998年、日本のみにReleaseされたCDS。泣きのGuitarリフ、Liamが歌うサビの美メロ。すべてが完璧。

 そして、DISC:3/DVD。これ、まさに総集編状態のPV集。ちょっと感涙ものの内容だ。いまさらだけど、OasisのPVって、特に初期の頃は、彼らが演奏するSceneが多い。しかも、昔っからLiamのガニマタで歌うふてぶてしい姿がいい。で、個人的によかったPVは、「Live Forever」、「Whatever」、「Stand By Me」、「All Around The World」、「Little By Little」、「Songbird」あたり。また、「The Shock Of The Lightning」もPsycheな感じでかっこいい。で、Extra Trackの中に収録されていた「Acquiesce」は衝撃。なんと日本人が日本のLive Houseで、この曲を歌ってる。うーん、これはないでしょう...。なお、このDVDは、別途Releaseされた「Time Files...1994-2009」と同内容。同内容だけど、こっちのほうも手に入れてしまった。またいつか観てみよう。

 最後4枚目、DISC:4/CD Live-iTunes Festival '09へ。これ、2009.7.21、LondonのThe Roundhouseで開催された"iTunes Festival '09"での音源。これって、今のところ、最後のOfficial Live音源。しかも、キャパは3,000人とありえないくらい小規模で、今となれば彼らの歴史的にも重要な夜になってしまった。で、ひっかかった曲を書いてみる。M-01「Rock'n' Roll Star」。やっぱ、Liveの1曲目はこれだよね。M-03「The Shock Of The Lightning」。U2の"Vertigo"、バインの"FLY"に匹敵する疾走感にあふれたRock Tune。M-04「Cigarettes & Alcohol」。若き日の酔いどれな悪さが懐かしい。M-06「The Masterplan」。CDS"Wonderwall"に収録されてる名曲なんだけど、やはりFanの思い入れも強い。このLiveもそうだけど、まさにOasisのLiveらしいシンガロングが起きている。M-08「Slide Away」。Guitarのリフなど、あまりにかっこいい。こんな曲が1st Album"Difinitely Maybe」入ってるなど、Debut当時から完成されたBandだった。M-09「Morning Glory」。このIntroのGuitarとサビのShoutは、最高だ。この曲をカラオケで歌う姿を見て、湘南在住のKさんと仲良くなった気がする。M-12「Wonderwall」。こんな切なくて、渋いBalladでシンガロングが起きるのは、Oasisだけだ。M-13「Supersonic」。Liveだとさらにゴリゴリしてて、綺麗なサビまで昇天していく。M-14「Live Forever」。まさに人生賛歌ともいえるRock Tune。幕張で自分もシンガロングできたのは、一生の思い出だ。M-15「Don't Look Back In Anger」。野郎たちが大声で歌う賛美歌のような曲。M-16「Champagne Supernova」。2nd Album"(What's The Story)Morning Glory?"のLastに収録された曲。この歪んだ音と綺麗なMelodyがほてった体をCool Downしてくれた。

 というわけで、3枚のCDと1枚のDVDで豪華4枚組の「Time Files...1994-2009」の初回生産限定盤。この限定盤はあっけなく完売になったらしい。ともかく、このAlbumだけでも語りつくせないBandであるOasis。NoelとLiam、それぞれの活動がいよいよ始まりそうだけど、まだまだ目が離せない。やっぱ、また2人で組むなんて結末を今でも待ってます。

● Time Files...1994-2009/Oasis (2010/Album)
=DISC:1/CD=
M-01. Supersonic
M-02. Roll With It
M-03. Live Forever
M-04. Wonderwall
M-05. Stop Crying Your Heart Out
M-06. Cigarettes & Alcohol
M-07. Songbird
M-08. Don't Look Back In Anger
M-09. The Hindu Times
M-10. Stand By Me
M-11. Lord Don't Slow Me Down
M-12. Shakermaker
M-13. All Around The World
=DISC:2/CD=
M-01. Some Might Say
M-02. The Importance Of Being Idle
M-03. D'You Know What I Mean?
M-04. Lyla
M-05. Let There Be Love
M-06. Go Let It Out
M-07. Who Feels Love?
M-08. Little By Little
M-09. The Shock Of The Lightning
M-10. She Is Love
M-11. Whatever
M-12. I'm Outta Time
M-13. Falling Down
M-14. Don't Go Away
=DISC:3/DVD=
M-01. Supersonic
M-02. Supersonic (US Version)
M-03. Shakermaker
M-04. Live Forever
M-05. Live Forever (US Version)
M-06. Cigarettes & Alcohol
M-07. Whatever
M-08. Some Might Say
M-09. Roll With It
M-10. Wonderwall
M-11. Don't Look Back In Anger
M-12. D'You Know What I Mean?
M-13. Stand By Me
M-14. All Around The World
M-15. Go Let It Out
M-16. Who Feels Love?
M-17. Sunday Morning Call
M-18. The Hindu Times
M-19. Stop Crying Your Heart Out
M-20. Little By Little
M-21. Songbird
M-22. Lyla
M-23. The Importance Of Being Idle
M-24. Let There Be Love
M-25. Lord Don't Slow Me Down
M-26. The Shock Of The Lightning
M-27. I'm Outta Time
M-28. Falling Down
M-29. Rock'n' Roll Star
M-30. Morning Glory
M-31. Champagne Supernova
M-32. Acquiesce (Live)
M-33. Don't Go Away
M-34. Where Did It All Go Wrong?
M-35. Gas Panic! (Live At Wembley)
M-36. Little By Little (Live At Finsbury Park)
M-37. The Masterplan
M-38. Acquiesce
=DISC:4/CD Live-iTunes Festival '09=
M-01. Rock'n' Roll Star
M-02. Lyla
M-03. The Shock Of The Lightning
M-04. Cigarettes & Alcohol
M-05. Roll With It
M-06. The Masterplan
M-07. Songbird
M-08. Slide Away
M-09. Morning Glory
M-10. Half The World Away
M-11. I'm Outta Time
M-12. Wonderwall
M-13. Supersonic
M-14. Live Forever
M-15. Don't Look Back In Anger
M-16. Champagne Supernova
* All Tracks Written By Noel Gallagher.
* Except "Singbird" and "I'm Outta Time" Written by Liam Gallagher.
* Produced by Oasis,Mark Coyle,Owen Morris,Noel Gallagher,D.Sardy,Mark 'Spike' Stent,
* Mixed by Mark Coyle,Mark 'Spike' Stent,D.Sardy,
* Recorded by Jan 'Stan' Kybert.
* DISC:4/CD Live-iTunes Festival '09:Live at The Roundhouse,London,21st July 2009.Mixed by Will Shapland.
* SICP 2760-3 2010 Big Brother Recordings Ltd. Sony Music Japan International Inc.

cf. Oasis My CD/DVD List
- Definitely Maybe (1994/Album)
- (What's The Story)Morning Glory? (1995/Album)
- ...There And Then (1996/DVD)
- Definitely Maybe (2004/DVD)
- Live Forever (2004/Cinema/DVD)
- Lyla (2005/CDS)
- Don't Believe The Truth (2005/Album)
- The Importance Of Being Idle (2005/CDS)
- Let There Be Love (2005/CDS)
- Goal!-Music From The Motion Picture/Various Artist (2005/Album)
- Stop The Clocks EP (2006/CDS)
- Stop The Clocks (2006/Album+DVD)
- The Shock Of The Lightning (2008/CDS)
- Dig Out Your Soul (2008/Album)
- I'm Outta Time (2008/CDS)
- Time Files...1994-2009 (2010/Album)

Oasis_timefiles19942009_2

|

« 「Hannibal Rising/ハンニバル・ライジング」を観た #2 | Main | 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO」(Space Shower TV)を観た »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/49742977

Listed below are links to weblogs that reference 「Time Files...1994-2009/Oasis」を聴いた:

« 「Hannibal Rising/ハンニバル・ライジング」を観た #2 | Main | 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO」(Space Shower TV)を観た »