« 拉麺 岩男 #5 | Main | adito #4 »

Friday, November 26, 2010

「世界でいちばん長い写真/誉田哲也」を読んだ

Tetsuyahonda_sekaideichibannagaisha 結構好きな誉田哲也氏。今回は、世田谷中央図書館で借りて読んだ「世界でいちばん長い写真」(光文社)について。
 こんなあらすじ。中学3年生のノロブーこと内藤宏伸は、大の仲良しだった洋輔が転校したことで、すっかりしずんでいた。やりたいことも、話したい相手もみつからず、さえない日々。中学校の写真部に籍を置いてるけど、同級生で部長の三好奈々恵に厳しく作品提出を迫られるものの、撮りたいものもみつからない。そんなある日、宏伸は祖父の古道具屋で、1台の奇妙なカメラを見つける。それは、台座が1回転して、360度すべてを1枚の長い写真に撮れるという不思議なカメラだった...。
 1台のカメラと出会うことで、撮りたいと思える風景や被写体、忘れたくない想い出を見つけようとするサエナイ中学生が主人公。ちょっとのんびりした主人公の少年も、少年の周りにいる古道具屋のお爺さんも、かっこいい従姉のお姉さんも、ハキハキした写真部の部長も、みんなキャラがたってて、感情移入がしやすい。しかも文章自体も読みやすいので、ほんと爽やか。"武士道シックスティーン"を読んだときもおもったけど、こんな小説も書ける誉田哲也氏って、ほんと振り幅が大きな作家さんだ。
 ちなみにこの小説は、山本新一さんという方の作った360度パノラマカメラがモデルになっているとのこと。ほんとにこんな不思議な写真が取れるって、やっぱすごい。爽やかな秋晴れのような小説だった。

cf.誉田哲也 読破 List
- アクセス (2004)
- 春を嫌いになった理由 (2005)
- 疾風ガール (2005)
- ジウI 警視庁特殊犯捜査係 (2005)
- ストロベリーナイト (2006)
- ジウII 警視庁特殊急襲部隊 (2006)
- ジウIII 新世界秩序 (2006)
- 月光 (2006)
- ソウルケイジ (2007)
- 武士道シックスティーン (2007)
- 国境事変 (2007)
- シンメトリー (2008)
- ハング (2009)
- インビジブルレイン (2009)
- 世界でいちばん長い写真 (2010)

|

« 拉麺 岩男 #5 | Main | adito #4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/50133363

Listed below are links to weblogs that reference 「世界でいちばん長い写真/誉田哲也」を読んだ:

« 拉麺 岩男 #5 | Main | adito #4 »