« Outback Steakhouse Bar & Grill #2 | Main | 「マリアビートル/伊坂幸太郎」を読んだ »

Thursday, January 20, 2011

「Avatar/アバター」を観た #2

Avatar2 映画館での公開時、3Dでのその迫力に思いっきり感動した「Avatar/アバター」(2009/Cinema)。この正月、あらためて、観てみた。2D版だけど...。
 あらためて、こんなあらすじ。西暦2154年、人類は衛星パンドラに基地を置き、希少鉱物アンオブタニウムの採掘を目論んでいた。パンドラは密林に覆われた美しい未開の星であり、ジャングルには獰猛な野生動物や、ナヴィという人間型の種族が暮らしており、その希少鉱物をめぐって、人間とナヴィの間で諍いが起きていた。で、人間はナヴィと意思を疎通をするために、人間とナヴィの遺伝子を組み合わせ作りあげた生物アバターが用いられていた。下半身不随の元海兵隊員Jake Sully(Sam Worthington)は、急死した双子の兄の代役として急遽パンドラに派遣され、アバターの操縦者を務めることになった...。
 で、今回は家のTVであらためて観たんだけど、完全に異なる文化を持つ者の共存は可能かという壮大な物語と、その世界観を表現した映像美はやっぱり凄い。臨場感ということで、3Dだろうと、2Dだろうとまったく遜色なかった。まさに、James Cameronの夢と執念がこもった作品だ。なお、2014年にこの続編が予定されているらしいけど、その頃には、うちのLiving Roomにも3Dテレビがあるかもしれない。今から楽しみ。

|

« Outback Steakhouse Bar & Grill #2 | Main | 「マリアビートル/伊坂幸太郎」を読んだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Avatar/アバター」を観た #2:

« Outback Steakhouse Bar & Grill #2 | Main | 「マリアビートル/伊坂幸太郎」を読んだ »