« 「ラーメンウォーカー東京 23区南部版 2011」を読んだ | Main | 駒沢 #216 »

Friday, February 04, 2011

「勝訴/THE 真心ブラザーズ」を聴いた

Magokoro_shoso 明日2/5(土)は中野サンプラザで、ひさびさに真心ブラザーズのLiveに行く予定。で、なんとなく大昔1990年にReleaseされた2nd Album「勝訴」(1990/Album)を聴き直してみた。
 とりあえず、ひっかかった曲について。M-01「Let's 感動」。♪感動しよう 感情に流されよう 皮膚の中身をおもてにぶちまけようか♪。斜に構え、若干の毒で始まった。M-02「荒川土手」。フォークゲリラ真心の初期の名曲。こんな叙情性とニヒリズムが同居するのが、真心の変わらない魅力だった。M-04「ほがらか」。♪いいことばかり続くはずないのに いつもあの娘は ほがらか 涙が出るほとほっとする♪。この曲、昔から好きだった。M-05「幸福の瞬間」。Reggae Beatの上に若きYo-Kingの哲学がのっかってる。M-06「ただただ、だらだら」。♪私は結果やなりゆきが ほぼつかめてからの それに合うような ポリシー作りが得意です♪。はい、同感です。まさに♪責任も自由もほどほどに♪がいいと思います。M-08「悪口」。HeavyなMelodyに、♪そうさ、悪口で ココロも体もスッキリ♪。これもまったく同感。M-11「僕は喜劇王」。♪君を笑わせに行くよ 君を笑わせに行くよ 君の笑顔が見たいのさ ひらひらとんでゆくよ♪。切なくて優しい気持ちになれる曲。M-13「風が吹く時」。たゆたゆとしたRhythmが気持ちいい曲。M-14「頭の中」。♪情報があふれてる世の中で おぼれないように気をつけよう♪。これまた初期からずっと真心が大切にしてる人間の性をが描かれてる。
 優しかったり、ぼやいたり、嘆いたり、バカにしたり...。みんな、ほんとの姿だと思う。だから20年以上経っても、聴き続けてるのかも。

● 勝訴/THE 真心ブラザーズ (1990/Album)
M-01. Let's 感動
M-02. 荒川土手
M-03. 龍巻のピー
M-04. ほがらか
M-05. 幸福の瞬間
M-06. ただただ、だらだら
M-07. ぼんやり
M-08. 悪口
M-09. ~雨雲~
M-10. さんぽ
M-11. 僕は喜劇王
M-12. かべ
M-13. 風が吹く時
M-14. 頭の中
* The Magokoro Brothers:Yoichi Kuramochi(Vocal,Guitar,Blues Harp),Hidetoshi Sakurai(Vocal,Guitar,Keyboard,Pianica)
* Produced by Shinobu Uchida,The Magokoro Brothers and MB's.
* Engineered by Masanori Chinzei,Shinobu Uchida,Tetsu Arai,Tetsuya Shimada and Kazumi Sugiura.
* Recorded and Mixed at Magnet Studio.
* Mastered at CBS/SONY Shinanomachi Studio.
* ESCB1116 EPIC/SONY 1990 CBS/SONY Group Inc.

cf.真心ブラザーズ My CD/DVD List
- ねじれの位置 (1990/Album)
- 勝訴 (1990/Album)
- Dear,Summer Friend (2005/CDS)
- I'm In Love (2005/CDS)
- 情熱と衝動 (2006/CDS)
- Fine (2006/Album)
- ユニコーン・トリビュート (2007/Album)
- Dazzling Sounds (2008/Album)
- 俺達は真心だ! (2008/Album)
- タンデムダンディ 20 (2009/Mini Album)
- Gooddest (2009/Album)

|

« 「ラーメンウォーカー東京 23区南部版 2011」を読んだ | Main | 駒沢 #216 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/50775975

Listed below are links to weblogs that reference 「勝訴/THE 真心ブラザーズ」を聴いた:

« 「ラーメンウォーカー東京 23区南部版 2011」を読んだ | Main | 駒沢 #216 »