« 「John & Yoko's Year of Peace-愛と平和への祈り/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ」(WOWOW)を観た | Main | 「Clash of the Titans/タイタンの戦い」を観た »

Tuesday, March 22, 2011

MUSIC MAGAZINE 2011年3月号

Musicmagazine201103 今回の桑田佳祐氏の復活劇、せっかくなんでいろいろ読んでる。で、今回は「MUSIC MAGAZINE 2011年3月号」(ミュージック・マガジン社)について。
 で、この復活! 桑田佳祐特集なんだけど、まずは立ち位置を国民的歌手として扱いつつ、今回の紅白歌合戦での復活を喜び、培った芸能力をたたえている。そんな文章があった後は、Solo Artistとしての歩みを掘り下げている。Kuwata Band、Soloの全Album、全SingleのReview、嘉門雄三&VICTOR WHEELSやSUPER CHIMPANZEEといった変名Project、全DVD、全提供曲、全参加曲などを網羅している。これを読んで思ったことを何個か書いてみると、まずは小林武史氏との出会いは大きい。その後のMr.ChildrenのProduceを初め、「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」、「みんなのうた」、「真夏の果実」、「希望の轍」などは、小林武史氏との共同作品とも言えるもの。桑田氏のSoloを大きく前進させた功労者だと思う。そして、嘉門雄三&VICTOR WHEELS。これ、CasetteだけでReleaseされたLive Album「嘉門雄三&VICTOR WHEELS LIVE!」という名盤があるんだけど、Billy JoelやEric Claptonなどを嬉々としてCoverしてた。このCasette、絶対持っているんだけど、家のどこにあるかわからない...。ほんとCD化を望むばかり。で、最後は桑田氏の全参加曲。桑竹居助として参加したRC Sucessionの「Covers」と、原由子氏と一緒に参加した山下達郎の「蒼氓」は本当によかった。これもまた聴きたくなった。
 それにしても、ひっさびさに買ったMUSIC MAGAZINE誌。高校生のころの1980年代に何回か買ったことがあるけど、相変わらずのWorld Musicぶりに感動。あの中村とうよう氏がいまだに執筆しているのにも感動。ま、読む本が多すぎて、そんなに読めないんで、定期購読することはないけどね。

|

« 「John & Yoko's Year of Peace-愛と平和への祈り/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ」(WOWOW)を観た | Main | 「Clash of the Titans/タイタンの戦い」を観た »

Rock」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/51185536

Listed below are links to weblogs that reference MUSIC MAGAZINE 2011年3月号:

« 「John & Yoko's Year of Peace-愛と平和への祈り/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ」(WOWOW)を観た | Main | 「Clash of the Titans/タイタンの戦い」を観た »