« 社食 #40 | Main | 「The Thing/遊星からの物体X」を観た »

Wednesday, August 10, 2011

「10-Best 2001-2009/10-Feet」を聴いた

10feet_10best20012009 ここ数年、夢中になったBandの1つ、10-Feet。ブルハが優しいから好きだと言ってたけど、その言葉、そのまんま捧げたいと思うBand。こんなおっさんでも背中を押してくれる。ガキだったら、もっともっとだったと思う。そんな10-Feetの充実の4枚組Best盤「10-Best 2001-2009」(2010/Album)。ここ数年の時間を振り返ろう。
 ともかく、ひっかかった曲について書く。まずはDisc1から。
 M-01「super stomper」。2Beatで攻撃的なNumber。そんな激しいMelody Lineに♪Jump around! Jumping free! It's all depends on you! Jump around! Jumping free! Say! Yeah! Yeah!♪なLryicが。まさにLive向け。M-02「VIBES BY VIBES」。♪溜め込む性格も傷つきやすい性格も 相手の気持ちが解るからやんか 恥ずべき事やあらへん 傷ついた分だけ心が暖かさ 解るようになるから傷ついて めっちゃ泣いたらええやん!♪ 。こんな歌詞を歌いながら、大騒ぎしたい。M-03「STONE COLD BREAK」。BlackでFunkなGuitarのCuttingが新鮮。10-Feetの世界が広がった。M-04「風」。♪最初から真っ白のあの白と 消しゴムの跡だらけの白じゃあ キタナイ白の方がイカすのさ 嫌な奴のほうが純粋さを知っているのさ♪。人の機微を優しいMelodyに乗せてる。M-05「RIVER」。♪君は泣いた 深々と泣いた 「嬉しい」と一言 また泣いた♪。これも名曲だ。鉄板だけど、なんて優しい曲なんだろ。M-06「MONKEY」。初期のPunk Tune。M-07「recollection」。起伏のあるMelodyが面白い。M-08「back to the sunset」。♪Sometimes when I think back can't help laughing out loud. On the road home I used to cry as a kid. While the birds teased each other in the trees. I went back to that sunset.♪。前も書いたけど、甘酸っぱい歌詞と綺麗なMelody。こんなMixtureが彼らの真骨頂。M-09「SHOES」。Skaっぽい前のめりなMelodyがどこか好き。M-10「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」。勢いあるRockなPop Tune。M-12「ライオン」。哀愁なMelodyからサビへの変化が面白い、豊かなMelody Lineが面白い。M-13「nil?」。USちっくな王道Rock'n Roll。M-14「BE FRIENDS AGAIN」。これがかかったら、前に突っ込む。M-15「OVERCOME」。♪この世界の不治の病を 全部ぶっ壊してやりたいよ この世界の殺し合いを 全部ぶっ壊してやりたいよ♪。純粋な気持ちは真摯に伝わる。M-16「HEY!」。明朗快活なPop Punk Tune。M-18「BEAUTIFUL WORLD」。友を大事にする歌。
 続いて、Disc2へ。
 M-01「1sec.」。これぞ、10-Feetな重低音で豊かなRhythm。途中のReggaeへの転調などめっちゃツボ。で、そんなMelodyに乗っているのは、♪The anchovy was recorded on the cheese. And,it deluges it about big coke. And,the steak of the same size as the face. Try for bigger than balls beef. (中略) Pizza fight! Pizza fight! Pizza flying,yeah! Pizza fight!♪というサビ。US Tourでの膨大な食事量を歌った曲だった。あはは、最高。M-02「goes on」。もう何回聴いたかわかんない曲。♪人が海のように大きくなれたら人が波のように優しくなれたら♪、♪Crying's not gonna change a thing♪。この曲の歌詞は何回聴いてもグッとくる。M-03「joker stomper」。この疾走感はたまらない。M-04「4REST」。これもヘビロテ。♪弱音吐いて泣いてないで ウマく逃げることも重要 現実逃避のShoutをCome on baby! yeah!♪ 英語と日本語がチャンポンした歌詞に勇気付けられる。M-05「under the umber shine」。♪チビの頃のあの僕が 今ここで僕を見たら どんな言葉をかけるのかな♪。Nostalgicと郷愁感なPunk Tune。M-06「2%」。転調してからの、♪エゴ エゴはしばいたれ! ジャカルタまでとばしたれ!♪のサビが最高。M-08「U」。10-Feetらしい起伏が激しいMelody、日本語と英語のMix加減がよい。M-09「Mr. bullshit」。トホホな歌詞とVarietyあふれた曲。M-10「What's up?」。疾走感溢れる鉄板Rock Tune。M-11「thanks」。言葉の転がしがいい。M-12「BE NOTHING」。HeavyなリフとPopなサビ、まさにこのパターンに何回もやられてる。M-14「Trapped」。ともかく前向き。M-16「BUZZING」。♪情けない事もあったけど 傷ついたけど 立ってられない程悲しいけど♪。平等に包んでくれる。M-17「Freedom」。♪一瞬で忘れろ 長い目で見りゃカスみたいな問題! どうだい? 問題外! こんなところで止まるつもじゃないだろ? ♪。いい歌詞といいGuitarのリフ。たくさんの好きな曲の中でも、上位にRank In。M-18「CHERRY BLOSSOM」。この曲でRIJF2011のStageは終わった。みんなが歌ってた。
 さらにDisc3へ。
 M-01「SEASIDE CHAIR」。10-Feetらしい転調がいい。M-02「FELLOWS 2」。高揚してくるブラスの音がいい。M-03「FUTURE」。♪心配ない! 心配ない! この時間は無駄じゃない!♪。こんなStraightな歌詞って、いいもんだ。M-04「SEE YOU」。美メロ。M-05「springlady」。ひたすらアガル。M-06「SO」。Live映像で何回か観たことあるけど、いいTentionだ。M-07「log」。口笛とかのんびりとした感じがいい。それにしても、TAKUMAのGuitarのRhythm取りってほんと気持ちいい。M-08「BURN」。これも何回かLiveで聴いた。Heavyで激しい。M-10「a new frontier」。激しさとPopが見事に共生してる。M-11「MOB ~45 BOMBSTYLES~」。あのBOMBSTYLEの曲。M-12「ANXIOUS」。TAKUMAの絶叫がいい。
 で、最後4枚目DVDのDisc4へ。初めてみるMusic Clipばかりで、結構興味津々。
 M-01「What's up?」。ヘビメタコスプレが最高。M-02「super stomper」。PVもいい破壊力。M-03「1sec.」。まさに歌詞通りの食いまくるの図。M-04「U」。ちょっと太ってるTAKUMA。M-05「goes on」。モノクロで回ってるシーンとカラーでStop Motionのシーンがいい。M-06「SHOES」。ひたすら走ってる。yamakashi風。M-07「STONE COLD BREAK」。Super Slow Motionが最高。M-08「quiet」。いい感じのLive映像。M-09「JUST A FALSE!JUST A HOLE!」。Heavyだけど、PVはPop。M-10「OVERCOME」。老人とリング。M-11「recollection feat.つじあやの」。おんなじ京都出身のつじあやのさんが出演している。いい感じのおのぼのさ。M-12「ライオン」。Live Houseの映像。M-13「VIBES BY VIBES」。アメリカ漫画のようなPopさとしょーもない河童が笑える。M-14「BE NOTHING」。これもHeavyなLive映像。M-15「Freedom」。スノボのTOYOTA BIG AIRの映像。めっちゃ合う。M-16「BUZZING」。毛が多い。M-17「HEY!」。侍だ。M-18「2%」。侍だ、その2。M-19「recollection」。M-11と違い、男くささ満載。M-20「nil?」。めっちゃ若い。がんばってる感がある。M-21「RIVER」。まさにRIVERだけに川の中で演ってる。差し込まれるお母さんと赤ちゃんの映像がいい。M-22「EVERY」。これも若い。でも、KOUICHIは変わらない。
 こんな感じでじっくり振り返った10-FEET。さ、次に行こう。

● 10-Best 2001-2009/10-Feet (2010/Album)
=Disc1=
M-01. super stomper
M-02. VIBES BY VIBES
M-03. STONE COLD BREAK
M-04. 風
M-05. RIVER
M-06. MONKEY
M-07. recollection
M-08. back to the sunset
M-09. SHOES
M-10. JUST A FALSE! JUST A HOLE!
M-11. EVERY
M-12. ライオン
M-13. nil?
M-14. BE FRIENDS AGAIN
M-15. OVERCOME
M-16. HEY!
M-17. AND HUG
M-18. BEAUTIFUL WORLD
=Disc2=
M-01. 1sec.
M-02. goes on
M-03. joker stomper
M-04. 4REST
M-05. under the umber shine
M-06. 2%
M-07. quiet
M-08. U
M-09. Mr.bullshit
M-10. What's up?
M-11. thanks
M-12. BE NOTHING
M-13. LOODY
M-14. Trapped
M-15. PLANLESS
M-16. BUZZING
M-17. Freedom
M-18. CHERRY BLOSSOM
=Disc3=
M-01. SEASIDE CHAIR
M-02. FELLOWS 2
M-03. FUTURE
M-04. SEE YOU
M-05. springlady
M-06. SO
M-07. log
M-08. BURN
M-09. LIFE LIFE LIFE
M-10. a new frontier
M-11. MOB ~45 BOMBSTYLES~
M-12. ANXIOUS
M-13. PARTY
=Disc4=
M-01. What's up?
M-02. super stomper
M-03. 1sec.
M-04. U
M-05. goes on
M-06. SHOES
M-07. STONE COLD BREAK
M-08. quiet
M-09. JUST A FALSE!JUST A HOLE!
M-10. OVERCOME
M-11. recollection feat.つじあやの
M-12. ライオン
M-13. VIBES BY VIBES
M-14. BE NOTHING
M-15. Freedom
M-16. BUZZING
M-17. HEY!
M-18. 2%
M-19. recollection
M-20. nil?
M-21. RIVER
M-22. EVERY
* 10-Feet:Takuma(Vocals,Guitars,Keyboards),Naoki(Bass,Vocals),Kouichi(Drums,Background Vocals)
* All Songs Mixed by Atsuo Akabae.
Except Disc1 M-05,11,14,17, Disc2 M-11,13,15,15, Disc3 M-02,03,06,09,12,13 Mixed by Shoichiro Inagaki.
* UPCH-29059 Nayutawave Records 2010 Universal Music K.K.

cf.10-Feet My CD/DVD List
- 4Rest (2005/Album)
- Twister (2006/Album)
- Vandalize (2008/Album)
- 1sec. (2009/CDS)
- Super Stomper (2009/CDS)
- Life Is Sweet (2009/Album)
- 10-Best 2001-2009 (2010/Album)

|

« 社食 #40 | Main | 「The Thing/遊星からの物体X」を観た »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/52442514

Listed below are links to weblogs that reference 「10-Best 2001-2009/10-Feet」を聴いた:

« 社食 #40 | Main | 「The Thing/遊星からの物体X」を観た »