« KOMAICHI & CAFE #3 | Main | 「若者たち/サニーデイ・サービス」を聴いた »

Monday, October 31, 2011

「Green Zone/グリーン・ゾーン」を観た

Green_zone 面白そうだったので、ちょっと観てみた「Green Zone/グリーン・ゾーン」(2010/Cinema/TV)について。
 こんなあらすじ。Roy Miller(Matt Damon)率いるMET隊"移動捜索班"は、大量破壊兵器が隠された倉庫があるという情報のもと出動したが、そこは何もないただの便器の廃工場だった。作戦の失敗はこれで3度目であり、Millerは情報に誤りがあるのではないかと主張したのだが、上官はそれを無視しようとする...。
 フセイン失脚直後のイラク、バグダッドが舞台。イラク戦争の大義だった"大量破壊兵器"が実在せず、プロパガンダだったという今では常識になった史実を炙り出したのがこの映画。どんな"国益"のために、こんな嘘をついたのかということが見え隠れする。なんでBushのときに作られないのかと思うけど、これがきっと大国の国益という奴のせいなのかもしれない。国益の犠牲になった人々が悲しい。

|

« KOMAICHI & CAFE #3 | Main | 「若者たち/サニーデイ・サービス」を聴いた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Green Zone/グリーン・ゾーン」を観た:

« KOMAICHI & CAFE #3 | Main | 「若者たち/サニーデイ・サービス」を聴いた »