« 「カラスの親指 by rule of CROW'S thumb/道尾秀介」を読んだ | Main | 「Johnny Mad Dog/ジョニー・マッド・ドッグ」を観た »

Tuesday, January 24, 2012

「桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 ~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~ 年越し生中継!」(WOWOW)を観た

Kuwata

 去年2011.12.31の年末の横浜アリーナ、超幸せなことに参戦できた桑田佳祐氏年越しLive。このLiveの模様が「桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 ~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~ 年越し生中継!」として、WOWOWで生中継されたので、あらためてじっくり観てみた。
 あの日、横浜アリーナでの席は最後列だったので、Live全体を眺めることはできたものの、細かい動きや演出がまったくわからなかったのが、正直なところ。で、今回観ての感じでは、桑田さん以外のPlayerの動きや表情がほんとに楽しそうだったり、ダンサーのエロい絡みとか、スクリーンに流されてるビデオ映像とか、あらためて趣向を凝らせた演出が満載だった。
 とはいっても、やっぱりLiveは現場で観るもの。2012年になるカウントダウンの瞬間の異様なカタルシス、「白い恋人達」でのアリーナ会場全体でのほのかなライティングの美しさ、「EARLY IN THE MORNING~旅立ちの朝~」でのアリーナ中に飛ばされたレーザーなど、ほんとに盛り上がった。で、なんといっても本編最後に演奏された「Let's try again~kuwata keisuke ver.~」。天井から大量の風船が落ちてきて、みんながそれを受け取って、楽しそうに振っていた。しかも、風船が届かなかった僕の席にも係員さんが風船を届けてくれて、なんかうれしかったなぁ~。
 そんな感じで楽しめた。桑田さんの年越しLive。ほんとに行けてよかった。体に相談しながら、今年もバシバシ、Liveをやってほしいものです...。

● On AIR Set List:桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 ~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~ 年越し生中継!
M-01. それ行けベイビー!!
M-02. 現代人諸君(イマジン オール ザ ピープル)!!
M-03. いいひと~Do you wanna be loved?~
M-04. ベガ
M-05. 悲しみよこんにちは
M-06. グッバイ・ワルツ
M-07. SO WHAT?
M-08. 古の風吹く杜
M-09. OSAKA LADY BLUES~大阪レディ・ブルース~
M-10. そして神戸
M-11. 恋の大泥棒
M-12. 本当は怖い愛とロマンス
M-13. 傷だらけの天使
M-14. ダーリン
M-15. 白い恋人達
M-16. シャ・ラ・ラ
M-17. 狂った女
M-18. EARLY IN THE MORNING~旅立ちの朝~
M-19. 私の世紀末カルテ
M-20. 明日へのマーチ
M-21. 銀河の星屑
M-22. 悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)
M-23. 波乗りジョニー
M-24. Let's try again~kuwata keisuke ver.~
=Encore=
M-25. こんな僕で良かったら
M-26. 君にサヨナラを
M-27. 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
M-28. 希望の轍
* Filmed at Yokohama Arena on 31th December 2011-1st January 2012.

|

« 「カラスの親指 by rule of CROW'S thumb/道尾秀介」を読んだ | Main | 「Johnny Mad Dog/ジョニー・マッド・ドッグ」を観た »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/53814791

Listed below are links to weblogs that reference 「桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 ~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~ 年越し生中継!」(WOWOW)を観た:

« 「カラスの親指 by rule of CROW'S thumb/道尾秀介」を読んだ | Main | 「Johnny Mad Dog/ジョニー・マッド・ドッグ」を観た »