« 「Pearl Jam Twenty」を観た | Main | 「Stranger Than Paradise/ストレンジャー・ザン・パラダイス」を観た »

Wednesday, February 15, 2012

「Best Hit Akg/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた

Akg_besthitakg この2012年の冬、満を持してReleaseされたAsian Kung-Fu GenerationのBest Album「Best Hit Akg」(2012/Album)について。
 ともかく曲について。M-01「遥か彼方」。今聴いても変わらないEmotinalな曲。この曲でアジカンの歴史が始まった。M-02「未来の破片」。E、A、D、Gで成り立つ初期の名曲。ある意味雑だし、荒々しいし、絶叫してるし、まさに初期衝動の曲。M-03「アンダースタンド」。この曲の持つ広がり感ってたまらない。ちゃんと肯定しようというアジカンからの応援歌。強力なPower Pop。M-04「君という花」。四つ打ちのキックと裏ハイアットが印象的。ある意味、CoolなDisco BeatのMelodyが最高。♪白い息が切れるまで 飛ばして駆け抜けたあの道 岡の上から見える街に咲いた君という花 また咲かすよ♪。最高にアガル。ラッセー!ラッセー! M-05「リライト」。Guitarのリフが最高な強烈なRock Tune。Liveでの鉄板。M-06「君の街まで」。クオリティの高いPOP感。"サイレン"→"ループ&ループ"→"リライト"→"君の街まで"と怒涛のSingle Releaseが続き、名盤「ソルファ」とその2004年の武道館への期待が高まってた頃。M-07「ループ&ループ」。この曲もいま聴いても鳥肌が立つ。何回、カラオケで歌ったかわからない。M-08「ブラックアウト」。裏で流れるGuitarと広がるサビがいい。M-09「ブルートレイン」。ド派手なサビみたいな曲展開ではなく、緻密な曲作りを感じさせる曲。まさにアジカンが変わろうとしていた時期の佳曲。M-10「或る街の群青」。当時、映画館で「鉄コン筋クリート」を観て、Lastにのイントロがかかったとき、鳥肌たった。やられたぁって感じ。街のざわめきから緩やかなIntro、力強いBeatと繊細なGuitarが盛り上げるサビ、心地よいテンポの疾走感と漂うような浮遊感、切なさと高揚感の同居する歌詞。アジカンの名曲の1つ。M-11「アフターダーク」。ともかく疾走感あふれる曲。GuitarもDrumもBassも、すべてが力強い。うざったい日々に向けてのタフな戦闘表明。M-12「転がる岩、君に朝が降る」。キラキラしてて、Guitarの音色がいいMidium Number。Shyで優しくて頼もしい歌詞。M-13「ムスタング」。四つ打ちのSimpleなBeatに綺麗なGuitarが乗ったMeduim Tune。♪心映すような五月雨もいつかは泣き止むかな♪とか、叙情的な歌詞もいい。M-14「藤沢ルーザー」。肩の力が抜けた躍動感溢れるPower Pop Number。純粋に音楽を楽しんでる彼らの姿が浮かんでくる。M-15「新世紀のラブソング」。まるでPoetry Readingのような淡々とつぶやくVocalで始まって、ジワジワ、強力なBeatへと転がっていく。♪息を吸って 命を食べて 排泄するだけの猿じゃないと言えるか?♪。アジカンが完全に新機軸に突入したと思った。去年のRIJF2011、初日Grass Stageのトリのアジカンで、Encoreにこの曲が演奏された。鳥肌がたった。M-16「ソラニン」。映画「ソラニン」のTheme Song。いい意味であの頃から変わらない青臭さや激しさや切なさや初期衝動がつまった佳曲。やっぱ、GuitarのStrokeって、ほんと気持ちいい。M-17「マーチングバンド」。開かれた真っ直ぐな歌。♪開け 心よ 何がやましくて 何故 悩ましいんだ 僕ら♪というストレートなサビが、恥ずかしくなるほど気持ちいい。
 そして、DISC 02のDVD "Return To The Basics vol.1"。これ、今から8年ほど前の2003年にReleaseされた1st Full Album「君繋ファイブエム」を全曲再現したStudio Live。2011.11.18、横浜のStudioで収録されたもの。さまざまなアングルから収録されていて、いい臨場感。しかも、カメラマンの写り込みもないのが秀逸。「フラッシュバック」から「未来の破片」への有無を言わさないつなぎとか、「その訳を」のコーラスワークとか、あの勢いは失わず、かつBandとしての進化とかも確実に伝わってくる。あんだけ聴き込んだAlbumだけど、変わらない姿勢と新鮮さを感じた。それにしても、画面に"チベット亡命政府の国旗"がさらっと映って、アジカンの意思みたいなものが伝わってよかった。
 というわけで、次に向かうためのアジカンのBest盤。さ、武道館。

● Best Hit Akg/Asian Kung-Fu Generation (2012/Album)
=DISC 01=
M-01. 遥か彼方
M-02. 未来の破片
M-03. アンダースタンド
M-04. 君という花
M-05. リライト
M-06. 君の街まで
M-07. ループ&ループ
M-08. ブラックアウト
M-09. ブルートレイン
M-10. 或る街の群青
M-11. アフターダーク
M-12. 転がる岩、君に朝が降る
M-13. ムスタング
M-14. 藤沢ルーザー
M-15. 新世紀のラブソング
M-16. ソラニン
M-17. マーチングバンド
=DISC 02= "Return To The Basics vol.1"
M-01. フラッシュバック(Studio Live)
M-02. 未来の破片(Studio Live)
M-03. 電波塔(Studio Live)
M-04. アンダースタンド(Studio Live)
M-05. 夏の日、残像(Studio Live)
M-06. 無限グライダー(Studio Live)
M-07. その訳を(Studio Live)
M-08. N.G.S(Studio Live)
M-09. 自閉探索(Studio Live)
M-10. E(Studio Live)
M-11. 君という花(Studio Live)
M-12. ノーネーム(Studio Live)
* Asian Kung-Fu Generation:Masafumi Gotoh(Vocals,Guitar),Kensuke Kita(Guitar,Vocals),Takahiro Yamada(Bass,Vocals),Kiyoshi Ijichi(Drums)
* Produced by Asian Kung-Fu Generation.
* Mastered by Stephen Marcussen at Marcussen Mastering.
* Directed by Kaichiro Shirai.
* DISC 02 "Return To The Basics vol.1"
- Live In Yokohama,2011.11.18.
- Mixed by Kenichi Nakamura.
- Director of Photography:Katsumi Noguchi
- Producer: Hiroshi Kasai
- Director:Masahiro Tsuruoka
* KSCL1915-6 2012 Ki/oon Records Inc.

cf. Asian Kung-Fu Generation My CD/DVD List
- 崩壊アンプリファー (2003/Album)
- 未来の破片 (2003/CDS)
- 君という花 (2003/CDS)
- 君繋ファイブエム (2003/Album)
- サイレン (2004/CDS)
- リライト (2004/CDS)
- NARUTO-ナルト- ベストヒットコレクション (2004/Album)
- 君の街まで (2004/CDS)
- ソルファ (2004/Album)
- Sol-fa (2004/Album)
- 映像作品集1巻 (2004/DVD)
- 映像作品集2巻 Live at 武道館+ (2005/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation presents Nano-Mugen Compilation (2005/Album)
- ブルートレイン (2005/CDS)
- ワールドアパート (2006/CDS)
- ファンクラブ (2006/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2006 (2006/Album)
- フィードバックファイル (2006/Album)
- 或る街の群青 (2006/CDS)
- 映像作品集3巻 Tour 酔杯 2006-2007 The Start Of A New Season (2007/DVD)
- アフターダーク (2007/CDS)
- 転がる岩、君に朝が降る (2007/CDS)
- ワールド ワールド ワールド (2008/Album)
- ムスタング (2008/DL)
- 未だ見ぬ明日に (2008/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2008 (2008/Album)
- 藤沢ルーザー (2008/CDS)
- サーフ ブンガク カマクラ (2008/Album)
- 映像作品集5巻~live archives 2008~ (2009/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2009 (2009/Album)
- 新世紀のラブソング (2009/CDS)
- ソラニン (2010/CDS)
- 迷子犬と雨のビート (2010/CDS)
- マジックディスク (2010/Album)
- ∀-Turn a/iLL (2010/Album)
- 砂の上 (2011)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2011 (2011/Album)
- マーチングバンド (2011/CDS)
- Best Hit Akg (2012/Album)

|

« 「Pearl Jam Twenty」を観た | Main | 「Stranger Than Paradise/ストレンジャー・ザン・パラダイス」を観た »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/53992267

Listed below are links to weblogs that reference 「Best Hit Akg/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた:

» ASIAN KUNG-FU GENERATION 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
ASIAN KUNG-FU GENERATION の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [Read More]

Tracked on Thursday, February 16, 2012 at 06:41

« 「Pearl Jam Twenty」を観た | Main | 「Stranger Than Paradise/ストレンジャー・ザン・パラダイス」を観た »